ウインディ - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ウインディ 節を編集

No.059 タイプ:ほのお
通常特性:いかく(場に出た時か戦闘中この特性を得た時、場に出ている相手全員の攻撃を1段階下げる)
     もらいび(炎技を受けるとそれを無効にし、交換するまで炎技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:せいぎのこころ(悪技を受けると攻撃が1段階上がる)
体重  :155.0kg(けたぐり・くさむすびの威力100)
物理単炎HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ウインディ90110801008095555いかく/もらいび/せいぎのこころ
エンテイ115115859075100580プレッシャー/せいしんりょく

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)みず/じめん/いわ
いまひとつ(1/2)ほのお/くさ/こおり/むし/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

特性もらいびの場合、ほのお無効


初代からおなじみのほのおタイプ。
合計種族値は555と伝説のポケモンに迫るほど高く、あらゆる能力が平均以上なため、物理/特殊/両刀アタッカー・物理/特殊/両受けと様々な型で運用できる。
一方、恵まれた種族値を平坦に割り振られたため、突出した能力が無く、どの役割においてもライバルとの競合は避けられない。
アタッカーとしてはA110・C100・S95という数値はごく一般的で、ほのお単タイプゆえに豊富なサブウェポンを以てしても突破できない相手は多い。
物理主体だと耐久を犠牲にする技が主力となるため場持ちが悪い、特殊主体だと耐久は維持できるが範囲が狭まってしまう。
受けとしてはいかくやバークアウト・おにび・あさのひざしなど優秀な特性・技を備えるが、メジャーなじめんいわ技に弱いことから役割対象は限られる。
いずれかの能力に特化させるよりは、仮想敵や環境にあわせた調整を施す方が総合力の高さを活かせるだろう。

自身への変更点としては、新技もえつきるの習得が挙げられる。
高威力かつ命中安定だが使用後にほのおタイプを失う、連発は一切効かないなど癖の強い技で、オーバーヒートとは一長一短。
アタッカー型では採用しにくいが、耐久型では弱点を無くすことができ、使い方次第では有用な技となりうる。

第8世代でじゃれつくを習得。苦手なドラゴンに通る技だが、炎に半減される。
HOME未解禁の現在、ワイルドボルト・かみなりのキバの電気技が覚えられない点に注意。



特性考察 節を編集

いかく
積み技や半減技読みで出したり、交代読みで出して相手の攻撃を下げる。おにびと合わせると更に効果的。
アタッカーでも耐久型でも安定するので一番無難な選択肢。
もらいび
元々半減なので耐性としての旨味は少なく、主に火力強化として扱われる。
ハッサムと組み、相手の炎技読みで繰り出す事で発動を狙う。
持ち物によってはかなりの火力となり、強引に押し切る事が可能となる。
せいぎのこころ
隠れ特性。「はたきおとす」や「ふいうち」を受けることで、こだわりハチマキと同等の火力を得る。
リターンは大きいが被ダメージ・居座りが前提となるため、得意とする反動技や撃ち逃げとの相性はイマイチ。
シングルではポリゴン2など「はたきおとす」を誘うポケモンと組ませた上で、自身はZクリスタルを持つなどして彼らと交代すればローリスク。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
フレアドライブ120(180)100反動1/3
火傷10%
物理の主力技。高めの耐久が犠牲になるのが痛い。
インファイト120100防御特防↓バンギラスを初めとする岩タイプ、ヒードランカビゴン等、撃つ相手は多い。
H252バンギラスは無補正140振り・たつじんのおび以上なら無振りで確1。
ワイルドボルト90100反動1/4水タイプに有効だが、一撃で倒せる相手ばかりではない。
リザードンに有効だが、これも反動には注意。
かみなりのキバと同様、剣盾技レコード。
かみくだく80100防御↓20%エスパー・ゴーストピンポイントとローリターンだが、数少ないローリスク技でもある。
ラティオスラティアスにも有効。
じゃれつく  9090攻撃↓10%対竜。バンギラスや水/悪にもローリスクで通る。
しんそく80100優先度+2物理特殊問わず必須技。この技だけで大きなアドバンテージが取れる。
ニトロチャージ50(75)100素早さ↑100%最速ならテッカニン、無振りでも103族まで抜ける。剣盾技マシン。
じならし60100素早さ↓100%対炎として使える他撃ち逃げしても役に立つ事も。抜ける範囲は上と同じ。
じしんやがんせきふうじは覚えない。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
オーバーヒート130(195)90特攻↓↓いかくして炎技を撃ち逃げするのが主体ならコレ。役割破壊としては微妙。
もえつきる130(195)100炎タイプ消失使用後タイプなしになるため炎タイプとしての居座りができなくなるが、こちらは特攻が下がらない。
ただし交代しない限り一発しか撃てない。
だいもんじ110(165)85火傷10%主力技。上記2つの特殊技との違いは居座り可能な点。
かえんほうしゃ90(135)100火傷10%命中、PP等の点から耐久ウインディ向き。
ソーラービーム120100溜め攻撃晴れ下で溜め無しで撃てる。補正無しで36振ればHP振りラグラージトリトドン共に確1。
2倍ではパルシェンならば無補正無振りでからをやぶる前のH極振りでも確1。
りゅうのはどう85100-無振りラティアスを確2にするには性格補正か強化アイテムが必要。
バークアウト5595特攻↓100%耐久型の選択肢。再生回復もあるので特殊軽減は嬉しい効果。
ほのおのうず35(52)85交代縛り耐久型の場合の選択肢。しめつけバンド+やけどと併せると1ターンに約22%削れる。
変化技タイプ命中備考
おにび85耐久型に必要。物理ポケモンの弱体化に。定数ダメージは1/16。
あさのひざし-耐久型用。回復量が天候依存なので注意。特に型がバレてバンギラスを出されるとかなり厳しくなる。
ほえる-積み型や耐久型を流すのに使えるが、ややピンポイント気味か。特性ぼうおんに無効。

型考察 節を編集

物理アタッカー型 節を編集

特性:いかく/もらいび
性格:いじっぱりorようき
努力値:HA252orAS252ベースで調整
持ち物:いのちのたま/たつじんのおび/ラムのみ/こだわりハチマキ
確定技:フレアドライブ/しんそく
優先技:インファイト
選択攻撃技:ワイルドボルト/かみくだく/じならし/ニトロチャージ/もえつきる/オーバーヒート

物理炎の差別化としてやはりしんそくの存在が大きい。
特性はいかくもよいが、反動技やインファイトで耐久が下がるので、もらいびで炎に繰り出しやすくするのも手。

ようき90族抜きに調整するくらいなら必要努力値からいって最速にした方がメリットが大きい。
ワイルドボルトを入れての最速ギャラドス抜きなら必要努力値はいじっぱりでS252、ようきの場合はS148振り。

型サンプル
性格 :いじっぱり
努力値:HA252
持ち物:こだわりハチマキ
技構成:フレアドライブ/インファイト/かみくだく/しんそく

こだわりハチマキではなくともHに振るメリットは多い。

特殊アタッカー型 節を編集

特性:いかく/もらいび
性格:ひかえめorおくびょう
努力値:特攻252 素早さ調整 残り耐久
持ち物:いのちのたま/たつじんのおび/オボンのみ/ラムのみ
確定技:だいもんじorオーバーヒートorかえんほうしゃ/しんそく
選択攻撃技:ソーラービーム/りゅうのはどう
選択補助技:おにび/どくどく

物理型にない利点は、反動なしのメインウェポンがあることと、
りゅうのはどうでドラゴンにもある程度対抗できることくらいか。
耐久を活かす特殊型はシングルよりはダブル向きといえる。

下降補正無振りの物理火力について
  • インファイト
    H252バンギラス:80.1~94.6%(たつじんのおび:95.1~112% いのちのたま:確1)
  • ワイルドボルト
    いかく込みで無補正無振りギャラドス:63.5~75.2%(たつじんのおび:75.8~89.4% いのちのたま:81.7~96.4%)
    H252エンペルト:38.7~46%(たつじんのおび:46~54.4% いのちのたま:50.2~59.6%)

耐久型 節を編集

HBベース 節を編集

特性:いかく
性格:ずぶとい
努力値:HB252
持ち物:たべのこし/オボンのみ
確定技:あさのひざし/おにび
選択技:かえんほうしゃorほのおのうず/バークアウト/もえつきる/しんそく/みがわり

先発おにび撒き兼物理受け。BDSPではゴツゴツメットが存在しない。
特性により物理への受け出しもできるが、先発おにび撒きの方が安定する。

HDベース 節を編集

特性:いかく
性格:おだやか
努力値:HD252 をベースに調整
持ち物:たべのこし/オボンのみ
確定技:あさのひざし
選択技:かえんほうしゃorほのおのうず/バークアウト/しんそく/おにび/どくどく/ほえる/みがわり/まもる

タイプ上有利な炎、草、フェアリー等の特殊ポケモンやおにび撒きのゴーストを受ける。
地面や岩タイプのサブウェポンを受けにくいため物理受けよりも安定する。
物理耐久もいかくで多少は補える。耐久力を活かすため攻撃技は特殊を中心とする。

型サンプル
特性 :いかく
性格 :おだやか
努力値:HD252
持ち物:たべのこし
技構成:かえんほうしゃ/バークアウト/どくどく/あさのひざし

バークアウト+あさのひざしで受け切り、どくどくやかえんほうしゃで状態異常をばら撒く。

【ダブル】物理アタッカー型 節を編集

特性:いかく
性格:いじっぱりorようき
努力値:AS252 or HS調整
持ち物:こだわりハチマキ/オボンのみ/いのちのたま
確定技:フレアドライブ/しんそく
選択技:まもる/ワイルドボルト/インファイト/かみくだく/てだすけ

フェアリーの一貫を止められる特性いかく持ち。性格はいじっぱりが多く、火力に一点集中している。
この型におけるいかくは交代によって何度も発動させるのではなく、相方のポケモンの生存率も上げて対面突破を狙うもの。
バークアウトやおにびといった火力を下げる補助技は、フレアドライブとの相性が悪いので基本入らない。

【ダブル】特殊アタッカー型 節を編集

特性:いかく
性格:ひかえめorおくびょう
努力値:CS252 or HS調整
持ち物:こだわりメガネ/オボンのみ/いのちのたま
確定技:ねっぷうorかえんほうしゃorだいもんじorオーバーヒートorもえつきる(複数採用あり)
選択技:しんそく/まもる/バークアウト/りゅうのはどう/おにび/てだすけ

AC種族値に大きな差が無いため、いかく回避目的で特殊型も採用しやすい。

【ダブル】おにびバークアウト型 節を編集

特性:いかく
性格:おくびょう
努力値:HP252 素早さ252
持ち物:オボンのみ/たべのこし
確定技:かえんほうしゃ/バークアウト/おにび
優先技:あさのひざし/まもる
選択技:ねっぷう/だいもんじ/インファイト/しんそく/てだすけ

高火力で対面突破する上の型とは異なり、いかく・おにび・バークアウトで味方にかかる縛りを解除しつつ敵を削っていくのが主。
こちらは小回りの利く点で優れている。

炎技について
基本はかえんほうしゃ。アタッカーではない以上、ねっぷうで敵2体を殴ることは求めるべきではない。

対ウインディ 節を編集

注意すべき点
特性いかくを軸に様々な戦術を展開してくる。
アタッカーとしては物理/特殊が自在で、持ち物もこだわり系・いのちのたまどれも好相性。
ほのお技としんそく・インファイトでの攻撃範囲に加え、豊富なサブウエポンは採用率が高くはないとはいえ不意の一撃を食らうと痛い。
耐久としてもおにびとの組み合わせでさらに物理耐久を増したり、バークアウトで特殊面にも隙を見せず、
さらにはもえつきるでの相性操作まで可能と、単なるほのおタイプに止まらない強みを持つ。
これらの補助効果がほとんど相手への付与であるため、ウインディを倒してなお状況が改善しない場合もある。
対策方法
単タイプであるが故に炎技以外の火力は平凡なため、みずほのおドラゴンタイプでなら安定して受けられる。みずで受ける場合はワイルドボルトに注意。
おにび持ちの個体が多いので、おにびを撃たれても影響が少ない特殊型やラム持ち、ほのおタイプで受ければ安全。
特性がいかくである場合、有利な相手でなければいかく再利用のために逃げていく傾向が強いので、交代先を意識して立ち回ることも大事。
ダブルバトル
いかくやバークアウトを持った個体が多いので、特性がかちきまけんきあまのじゃくのポケモンをPTに入れておけば、選出をある程度抑制できる。
物理受けは耐久力をおにびとあさのひざしに頼っているため、ちょうはつでほとんど機能停止する。