ドラピオン - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ドラピオン 節を編集

No.452 タイプ:どく/あく
通常特性:カブトアーマー(攻撃を急所に受けない)
     スナイパー(攻撃が相手の急所に当たった際のダメージが2.25倍になる)
隠れ特性:するどいめ(命中率を下げられない・相手の回避率上昇を無視して攻撃できる)
体重  :61.5kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
毒/悪HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ドラピオン7090110607595500スナイパー/カブトアーマー/するどいめ
スカタンク1039367716184479あくしゅう/ゆうばく/するどいめ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)じめん
いまひとつ(1/2)くさ/どく/ゴースト/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなしエスパー

弱点がじめんのみのどく×あく複合。今回はAベトベトン不在により同タイプはスカタンクのみ。
無補正A振りガブリアスのじしん程度ならばHP振りだけで低乱数に抑えられる物理耐久が特徴。
一致技のはたきおとす、積み技につるぎのまい、サブウェポンもじしん等一通り揃っており、一見優秀な要素で構成されている。

が、耐性的には特殊型のゴーストエスパーフェアリーなどを相手取りやすい一方で特殊耐久は並以下。
物理相手だとサブウェポンとして人気の高いじしんが弱点、また耐性も働きづらいという齟齬が生じている。
そもそも再生回復技がねむるのみで受けには限界があり、アタッカーとしても等倍範囲は広いが弱点を突ける相手の少ない複合。
種族値・一致技ともに火力不足は否めず、素早さは激戦区の100族に届かず、中速帯上位という半端な数値。
ASアタッカー相手だと先制され2発圏内、重火力や耐久型相手も火力不足でジリ貧に陥りやすく、総じて器用貧乏な印象が否めない。

BDSPでは剣盾で剥奪された技に加え、きゅうけつ、すなじごく、てっぺきといった代わりに与えられた筈の優秀な技が悉く剥奪。
当時と違いおいうちは廃止、役割対象のフェアリーも当時存在しなかった為に数が激減と噛み合わない。
総じて差別化以前にドラピオン自身の採用意義に問題が生じているというのが実情。

一応どくびし、どくどく、はたきおとすといった長期戦も想定した技は習得、ふきとばし、ちょうはつで積みの起点にもされない。
どくびし+ふきとばしの両立は他にドーブルを除けばモルフォンしかできず、物理耐久では大きく上回る。
ぼうおんに防がれるほえるを含めてもニドキングニドクインが増える程度。
起点化を予防しつつどくびしを撒きたいという構成であれば、出番はあるかもしれない。



特性考察 節を編集

カブトアーマー
急所による不意の大ダメージを防げるが、受動的なうえそもそも急所に当たること自体が稀。
耐久を上げる積み技はつぼをつく程度なので、要塞化も難しい。
かたやぶりには貫通されるが、上述の通り急所の確率自体が低いのでそこまで考慮する必要はない。
スナイパー
急所ランクが+3になると必ず急所に当たるため、急所ランクを+2にした状態で急所技を使用すれば常時2.25倍のダメージとなる。
ドラピオンはきあいだめを覚えないため、サンのみで代用するか、他のポケモンからきあいだめをバトンタッチで引き継ぐ必要がある。
スナイパーで確定急所戦術を扱えるポケモンは他にもいるが、同特性持ちのどれとも被らない優秀な耐性を持つため、差別化の必要性はない。
ただし、発動したところで素早さや技威力は乏しいため、突破力には限界があり、博打気味な部分は否めない。
するどいめ
隠れ特性。回避率無視の効果により、ちいさくなる耐久型に強くなるが、
もともと毒タイプのタイプ特性によりどくどくを必中で撃てるため優先度は低い。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
どくづき80(120)100毒30%タイプ一致技。性能安定。
クロスポイズン70(105)100急所ランク+1
毒10%
タイプ一致技。スナイパーとあわせて。
はたきおとす65(97)/
97(145)
100道具排除タイプ一致技。追加効果が優秀。
かみくだく80(120)100防御↓20%タイプ一致技。性能安定。
つじぎり70(105)100急所ランク+1タイプ一致技。スナイパーとあわせて。
どろぼう60(90)100道具奪取タイプ一致技。相手の持ち物次第では有用。
じしん100100-対毒・岩・鋼。高威力・広範囲。
いわなだれ7590怯み30%リザードンなどに。スカーフなら怯みを狙える。
がんせきふうじ6095素早↓100%追加効果が優秀。交代読みや、サポートに。
かわらわり75100壁破壊対岩・悪・鋼。壁構築に強くなる。
まとわりつく20100拘束ダメどくどくやしめつけバンドとあわせて。第6世代技マシン。
ほのおのキバ6595火傷10%
怯み10%
ハッサムルカリオなどに。
こおりのキバ6595凍り10%
怯み10%
ボーマンダガブリアスに。
とどめバリ50100倒すとA↑↑↑決まれば突破力大幅アップ。タイミングはシビア。
変化技タイプ命中備考
つるぎのまい-攻撃を強化。抜き性能の向上に。
ちょうはつ100補助技対策。耐久型に。
どくびし-サポート用。ふきとばしとあわせて。
どくどく必中耐久型対策。自身のタイプにより必中。
ふきとばし-積み技対策や、どくびしとあわせて。まもる・みがわり貫通かつ必中。
こうそくいどう-素早さ強化。無補正無振りでも準速スカーフ100族抜き。
つぼをつく-ランダムでいずれかの能力を強化。ダブルでは相方にも使用可能。
まもる-どくどくやくろいヘドロのターン稼ぎに。
みがわり-補助技対策や、交代読みで。
ねむる-状態異常も含め全回復。カゴのみやねごととあわせて。
ねごと-催眠技対策や、ねむるとあわせて。

型考察 節を編集

基本型 節を編集

特性:カブトアーマー/するどいめ
性格:ようき/いじっぱり/わんぱく/しんちょう
努力値:HAベースに耐久・素早さ調整
持ち物:とつげきチョッキ/くろいヘドロ/ラムのみ など
確定技:はたきおとす
攻撃技:どくづき/じしん/いわなだれ/がんせきふうじ
補助技:どくどく/ちょうはつ/つるぎのまい/どくびし

努力値配分自体はHAベースとしたが、役割遂行対象に合わせてある程度調整が必要。
エスパー、ゴースト、フェアリータイプ全体的には物理型より特殊型のポケモンが多いため
それら全般に対抗するならばD振りのほうがより役割を遂行しやすいと思われるが、
マリルリミミッキュ?など物理主体のポケモンを仮想敵とするならばB振りの方がよいだろう。
また高めの素早さも無振りにしてしまうよりはキノガッサなどのメジャーなポケモンや仮想敵に合わせて調整したい。
カブトアーマーなら不意の急所で崩されないので行動回数を稼ぎやすく、耐久・素早さ調整が活きる。
どくびしやがんせきふうじで後続の起点を作る際の安定感も増す。

HD振りでまとわりつく+まもる+くろいヘドロでの耐久は仕事完遂率が高く先発として使いやすい。
ただしどくどくが無いと再生回復技持ちに勝てないのがネック。あっても毒タイプや鋼タイプは厳しい。

タイプ特性による必中どくどくと、するどいめによって回避率を無視して攻撃を当てられるため、ラッキー?に対して強い。
最速ラッキーよりも無振りドラピオンの方が速いので上からちょうはつ・はたきおとすで妨害できる。
まとわりつく+どくどくで逃さずに削り取ることも可能。


対ドラピオン 節を編集

注意すべき点
毒無効、弱点が地面のみの優秀な耐性と、カブトアーマーによる安定した耐久性能を持つ。
こちらの耐久型にも滅法強く、一致はたきおとすや必中どくどく、高めの素早さからのちょうはつで妨害される。
一致技の等倍範囲が広く、スナイパー+Zつぼをつくで確定急所を狙うアタッカー型も。
対策方法
地面技を使うのが最も簡単な対策だが、その際は後続をちゃんと意識すること。
高威力の技を覚えないため火力は低く、ある程度耐久のある特殊アタッカーなら等倍技でも押し切れる。
はたきおとすの搭載率が非常に高いので、受け出すならメガストーンかZクリスタルを持ったポケモン推奨。