モルフォン - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

モルフォン 節を編集

No.049 タイプ:むし/どく
通常特性:りんぷん(技の追加効果を受けない)
     いろめがね(相手に半減される技のダメージが2倍になる)
隠れ特性:ミラクルスキン(相手の変化技の命中する確率が50%より大きい場合、命中率が50%になる)
体重  :12.5kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
蝶の舞バトンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
モルフォン706560907590450りんぷん/いろめがね/ミラクルスキン
アメモース7060621008280454いかく/きんちょうかん
色眼鏡スワップHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
モルフォン706560907590450りんぷん/いろめがね/ミラクルスキン
バタフリー604550908070395ふくがん/いろめがね
ガーメイル709450945066424むしのしらせ/いろめがね

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/ひこう/エスパー/いわ
いまひとつ(1/2)どく/むし/フェアリー
いまひとつ(1/4)くさ/かくとう
こうかなし---

第一世代のむし×どく複合のポケモンで、同複合の中では特殊アタッカー気質が強いステータスを持つ。
攻撃技は一致・サブ共に威力や一貫性の低いものばかりだが、特性いろめがねや積み技ちょうのまいでそれらの難点を補える。
補助技は他にも豊富で、ねむりごなやかなしばりで妨害・起点作りができるほか、
ちょうのまい+バトンタッチ・いろめがね+スキルスワップを両立できる数少ないポケモンであり、サポート役も務められる。

ステータス自体は高水準とはいえず、純粋なちょうのまいエースとしてはやや突破力に欠けるため、上記の特性や補助技に個性を見出だしたい。
特にちょうのまい+バトンタッチを活かす際はアメモースがライバルとなるので、タイプの違いのみならずこれらの点で差別化を図りたいところ。

第8世代ではドククラゲアーボック同様に、毒タイプであるにも拘らずどくどくが習得不可能になった。
他にもおいかぜが過去作限定になり、めざめるパワーが廃止され、サポート能力と突破力が低下した。
一方で新規にむしのていこう、ふきとばしを習得。



特性考察 節を編集

りんぷん
攻撃技の追加効果を防ぎ、ねこだましやほっぺすりすりなどの妨害技に強くなる。
能力低下も防げるため、ちょうのまいやバトンタッチを使う際の安定感が高い。
かたやぶり持ちには貫通されるので注意。
いろめがね
攻撃技の一貫性が上がり、一致技の半減されやすさ・サブウェポンの乏しさをカバーできる。
特にむしのさざめきは無効タイプ無し・みがわり貫通と優秀な性能を持ち、この技で等倍範囲を広く取れるのは心強い。
虫タイプ・毒タイプ共に1/4以下のポケモン[1]に対しても、ヌケニン以外ならサイコキネシスが通る。
ミラクルスキン
隠れ特性。相手から受ける補助技の命中率が50%に下がり、耐久型やサポート型の相手を起点にしやすくなる。
アンコールやちょうはつなど、みがわりでも防げない妨害技を回避できる可能性があるのは魅力的だが、確実性に欠ける。
また、かたやぶり持ちの補助技はもちろん、ふきとばしやほえる、あくびといった必中技にも効果が無い。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
むしのさざめき90(135)100特防↓10%タイプ一致技。性能安定。みがわり貫通。
ヘドロばくだん90(135)100毒30%タイプ一致技。性能安定。ねむりごな・しびれごなとやや相性悪め。
サイコキネシス90100特防↓10%対格闘・毒。一致技との相性補完に優れる。
エナジーボール90100特防↓10%対岩・地面。一致技と半減範囲が被る。
ギガドレイン75100HP吸収回復効果付き。ちょうのまいとあわせて。
変化技タイプ命中備考
ちょうのまい-特攻・特防・素早さ補強。抜き性能の向上に。
バトンタッチ-タマゴ技。ちょうのまい、みがわりとあわせて。
ねむりごな75催眠技。草やぼうじんには無効。
しびれごな75妨害技。草や電気、ぼうじんには無効。
かなしばり100妨害技。みがわりとあわせて。
みがわり-補助技対策や、バトンタッチとあわせて。
はねやすめ-回復技。ちょうのまいとあわせて。ひこうタイプではないので耐性は変化しない。
ふきとばし-起点化回避手段。
スキルスワップ-サポート用。ダブルでいろめがねを渡して相方を強化。
いかりのこな-タマゴ技。サポート用。ダブルで相方を守る。

型考察 節を編集

ちょうのまいアタッカー型 節を編集

特性:いろめがね
性格:ひかえめorおくびょう
努力値:CS252ベース
持ち物:きあいのタスキ
確定技:ちょうのまい
優先技:むしのさざめき/ヘドロばくだん
攻撃技:サイコキネシス
補助技:ねむりごな/みがわり/かなしばり/バトンタッチ

味方のサポートやねむりごなで起点を作り、ちょうのまいを積んで攻撃する。
基本的に第五世代から変わらないが、ねむりごなの通りが悪くなっている点には注意。

Sは最速で積めば準速ガブリアス@スカーフや最速テッカニンなどを抜ける。

いろめがねにより一致技の一貫性は高いものの、等倍で確1を取るにはCランク+1では足りない。
弱点を突けない相手に対しては複数回積むか、バトンで後続に託すといった工夫が必要。

【ダブル】いろめがねスキルスワップ型 節を編集

特性:いろめがね
性格:おくびょう
努力値:S252 HorC252
持ち物:きあいのタスキ/メンタルハーブ
確定技:スキルスワップ
選択技:ヘドロばくだん/むしのさざめき/ねむりごな/かなしばり/いかりのこな/まもる

ダブルで強力な攻撃技を持つアタッカーにいろめがねを渡し、突破力を上げる。
スキルスワップで相方の特性が再発動するため、天候・フィールド始動特性やいかく持ちとの相性が良い。
現時点ではおいかぜも使えるバタフリーに分があるか。

自身は変化技を先手で使いたいのでSは最速。
相方はスキルスワップを受けたターンに攻撃できるようSを調整する。

禁伝も含めるとカイオーガが定番の並び。いろめがね+スキルスワップのコンボの前では、耐性受けや天候上書きといった対策も通用しない。
ルンパッパもむしのさざめきで削ってカイオーガのしおふきの圏内に入れることができる。


対モルフォン 節を編集

注意すべき点
そこそこ高いCSをちょうのまいで更に補強できる。いろめがねもあるので積まれると受け出しが難しい。
ちょうのまい+バトンタッチやいろめがね+スキルスワップでエースをサポートしたり、
ねむりごな、かなしばりでこちらを妨害したりと、強力な補助技を絡めた戦法に長ける。
対策方法
素の能力は低いため、補助技を多用される前に速攻して落とす。
ルカリオならいろめがね込みでも一致技を半減以下にでき、先制技でタスキやちょうのまいも対策可能。
ねこだまし、ちょうはつでの妨害も有効。ただし前者はりんぷん、後者はミラクルスキンの場合不利になるので注意。


[1] ゲンガー・エアームド・ヌケニン・クチート・ルカリオ・ヒードラン