アーボック - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

アーボック 節を編集

No.024 タイプ:どく
通常特性:いかく(場に出た時か戦闘中この特性を得た時、場に出ている相手全員の攻撃を1段階下げる)
     だっぴ(ターン終了時に1/3の確率で状態異常を治す)
隠れ特性:きんちょうかん(相手は木の実を食べられなくなる)
体重  :65.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
高物理耐久毒HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
アーボック609569657980448いかく/だっぴ/きんちょうかん
(113)(492)いかく無振り換算
(129)(508)いかく全振り換算
マタドガス6590120857060490ふゆう
ドラピオン7090110607595500スナイパー/カブトアーマー/するどいめ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)じめん/エスパー
いまひとつ(1/2)くさ/かくとう/どく/むし/フェアリー
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

特性いかくと、とぐろをまく・へびにらみなどの希少な技が特徴的な単どくタイプ。
撃たれやすいじしんを耐えて反撃したり、呼びやすいじめんにへびにらみを入れたりと、どくタイプとしては稀有な動きができる。
調整次第で攻撃から補助まで器用にこなし、アタッカー・耐久型・起点作り役など多彩な表情を持つ。
ただし種族値の低さゆえに何でもできる万能さは無いので、役割ははっきりさせておくこと。

アクアテール・タネばくだん・じだんだ・じごくづき・ドラゴンテール・まとわりつく・どくどくは現在習得手段がなく、おいうちは消滅している。



特性考察 節を編集

いかく
物理アタッカー全般に刺さる優秀な特性。素の物理耐久の低さを補い、行動回数を稼げる。
へびにらみとあわせた起点作りが強力。地面にも通るが、一致じしんを耐えるにはかなりの努力値を要する。
スカーフを持たせる場合は、特性の発動順で見抜かれる恐れがあるので注意したい。
だっぴ
アタッカー型の麻痺・火傷対策としては安定しない。
耐久型もどくどくは無効なので、状態異常が致命傷となることは少ないものの、たくわえる・とぐろをまくを積んだ後のねむるを使いやすくなるのは利点。
きんちょうかん
隠れ特性。ラム持ちにへびにらみを入れたり、オボンや混乱実を発動させずに攻撃できたりするが、自身が場にいる間しか効果が無い。
登場時のアナウンスはSに関係無く先に発動するため、相手もきんちょうかんでない限りS判定はできない。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中効果解説
ダストシュート120(180)80毒30%タイプ一致技。高威力・命中不安。
どくづき80(120)100毒30%タイプ一致技。中威力・命中安定。
じしん100100-対毒・岩・鋼。一致技との相性補完に優れる。
かみくだく80100防御↓20%対ゴースト。2倍では等倍ダストシュート以下。
いわなだれ7590怯み30%リザードンに。へびにらみとあわせれば怯みを狙える。
がんせきふうじ6095素早↓100%追加効果が優秀。サポート用。
ほのおのキバ6595火傷10%
怯み10%
草/鋼や虫/鋼、鋼/飛行に。
こおりのキバ6595凍り10%
怯み10%
呼ぶ地面や、ボーマンダガブリアスに。
かみなりのキバ6595麻痺10%
怯み10%
水/飛行に。
ふいうち70100優先度+1読みが要るが高威力の先制技。
変化技タイプ命中解説
へびにらみ100サポート用。でんじはの上位互換。
かなしばり100起点作りに。すりかえやみがわりとあわせて。
すりかえ100スカーフとあわせて。
みがわり-補助技対策や、交代読みで。
たくわえる-防御・特防を補強。
とぐろをまく-攻撃・防御・命中率補強。ダストシュートとあわせて。
ねむる-状態異常も含め全回復。だっぴやカゴのみとあわせて。

積みアタッカー 節を編集

特性:いかく
性格:いじっぱり
努力値:H252A252
持ち物:たつじんのおび
確定技:とぐろをまく/ダストシュート
優先技:ほのおのキバ/ふいうち
攻撃技:いわなだれ/じしん/こおりのキバ

いかくで物理アタッカーを起点にしてとぐろをまきつつ攻撃。

アタッカー型 節を編集

特性:いかく
性格:ようき/いじっぱり
努力値:A252 H252orS調整 残りH
持ち物:こだわりハチマキ/こだわりスカーフ/きあいのタスキ
確定技:ダストシュート(優先)orどくづき
優先技:じしん
攻撃技:ふいうち/いわなだれorがんせきふうじ/ほのおのキバ/こおりのキバ
補助技:へびにらみ/すりかえ/とぐろをまく

一致毒技をはじめ、補完に優れるじしん、4倍狙いの岩技や3色キバなどレパートリーは豊富。
いかくでBを、ふいうちやへびにらみでSを補えるため、多くの相手と撃ち合える。
毒技は威力重視でダストシュートを推奨。

起点作り型 節を編集

特性:いかく
性格:いじっぱり/わんぱく/しんちょう
努力値:HBD調整 残りAS
持ち物:くろいヘドロ/オボンのみ/半分回復実/シュカのみ/きあいのタスキ/こだわりスカーフ/こうこうのしっぼ
確定技:へびにらみ
攻撃技:ダストシュートorどくづき/ふいうち/がんせきふうじ/じしん/どろぼう/いわなだれ
変化技:とぐろをまく/いえき/くろいきり/すりかえ/かなしばり

いかくやへびにらみで後続の起点を作るサポート型。特にダブルでは殆どがこの型で使われている。
シュカのみがあれば地面との対面に強くなり、ガブリアスも大幅に弱体化させられる。
麻痺無効の電気はじしんで牽制可能。
他にも積み技にはくろいきり、耐久型にはすりかえで妨害できるが、自主退場技は無いので注意。


相性考察 節を編集

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対アーボック 節を編集

注意すべき点
毒タイプだがいかくを持ち、じしんで弱点を突いても落としにくい。
高威力の一致技ダストシュート、相性補完のサブウェポン、地面にも通る麻痺技へびにらみなど、警戒すべき技が多い。
対策方法
一致毒技は範囲が狭く、サブウェポンの火力は低め。
地面や鋼の重火力アタッカーならへびにらみも痛手になりにくいので、後出しから撃ち勝てる。
いかくの影響を受けない特殊エスパーでの速攻も有効。タスキからの反撃や、ふいうちには注意。