ポリゴンZ - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ポリゴンZ 節を編集

No.474 タイプ:ノーマル
通常特性:てきおうりょく(タイプ一致による威力の補正が2倍になる)
     ダウンロード(相手の防御が高ければ特攻が、特防が高ければ攻撃が1段階上がる。同じなら特攻が上がる)
隠れ特性:アナライズ(後攻で繰り出す技の威力が1.3倍になる。相手の交代時にも適用される)
体重  :34.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
進化前後HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ポリゴンZ8580701357590535てきおうりょく/ダウンロード/アナライズ
ポリゴン28580901059560515トレース/ダウンロード/アナライズ
145153628しんかのきせき換算
特殊NHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ポリゴンZ8580701357590535てきおうりょく/ダウンロード/アナライズ
バクオング1049163917368490ぼうおん/きもったま
ペラップ766545924291411するどいめ/ちどりあし/はとむね

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)かくとう
いまひとつ(1/2)---
いまひとつ(1/4)---
こうかなしゴースト

第4世代で登場したノーマルポケモン。ポリゴン2の進化系であり、耐久を犠牲にアタッカーに変貌した。
このタイプでは数少ない特殊アタッカーであり、火力に寄与する3つの特性を備える非常に攻撃的なポケモンである。
メインウェポンが威力低めのトライアタック、もしくは使いづらい大技でサブウェポンの不足から突破力に欠けるのが難点。

第7世代で専用Z技を入手し、強力な積みアタッカーとして猛威を振るっていたが、Z技が廃止。
再び技のラインナップの貧弱さとすばやさの中途半端さの物足りない性能が表面化している。
特殊アタッカーゆえ、めざパ、どくどく、一部の教え技習得不可による影響も大きい。



特性考察 節を編集

てきおうりょく
メインウェポンの火力を強化。安定感が高い。倍率は4/3倍(=1.33倍)。
ダウンロード
メインウェポン以外の火力もあげることができ、補正もてきおうりょくより大きい(3/2=1.5倍)。
ただし相手依存で安定感は多少欠ける。
メインウェポンよりもサブウェポンを広く活用したい場合に。
アナライズ
隠れ特性。素早さがそこそこあるため、発動機会は少ない。
威力上昇率も他2つに劣るため、採用率は低い。
一応交代読みでの発動機会は多く、てきおうりょくと違いサブ技も強化可能ではある。

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力適応力命中追加効果備考
トライアタック80(120)160100麻痺/火傷/凍り20%タイプ一致技。性能安定。
さわぐ90(135)180100行動固定
眠り解除
タイプ一致技。音技なのでみがわり貫通。疑似催眠対策にもなる。
行動固定こそあるが、こだわりアイテムならそれほど痛くない。
剣盾技レコード。
はかいこうせん150(225)30090行動不可タイプ一致技。ラス1や死に際に。
りんしょう60(90)120/24090複数体発動で2倍タイプ一致技。ダブルバトルで。
りんしょうノーマルタイプアタッカー最大火力。剣盾技マシン。
れいとうビーム90-100凍り10%ボーマンダガブリアス等に。電気技との相性補完に優れる。
ふぶき110-70凍り10%れいとうビームと選択。霰下なら必中。
10まんボルト90-100麻痺10%ノーマル技とあわせて全18タイプに等倍以上。
かみなり110-70麻痺30%10まんボルトと選択。雨下なら必中。
ほうでん80-100麻痺30%攻撃しつつ麻痺撒き。サポート型向け。
シャドーボール80-100特防↓20%対ゴースト。ノーマルには無効だが、等倍範囲は最も広い。
あくのはどう80-100怯み20%シャドーボールと選択。スカーフとあわせれば怯みを狙える。
イカサマ95-100-攻撃の高い相手に有効。剣盾技レコード。
サイコキネシス90-100特防↓10%ゲンガーテラキオン?に。
サイコショック80-100-サイコキネシスと選択。特殊受け対策。剣盾技レコード。
変化技タイプ命中備考
トリック100メガネやスカーフとあわせて。剣盾技レコード。
わるだくみ-特攻を強化。ダウンロードより確実かつ高性能。
こうそくいどう-素早さ強化。無補正無振りでもスカーフ80族抜き。
でんじは90相手の素早さを弱化。中速なので使い勝手は微妙。
じこさいせい-回復技。
みがわり-補助技対策や、交代読みで。
テクスチャー-自身のタイプが変化。ポリゴン系統専用技。
マジックコート-対補助技。読みが難しい。

型考察 節を編集

特殊アタッカー型 節を編集

特性:てきおうりょく/ダウンロード
性格:ひかえめorおくびょう
努力値:CS252
持ち物:こだわりスカーフ/きあいのタスキ/こだわりメガネ/いのちのたま/とつげきチョッキ
確定技:トライアタックorさわぐ/あくのはどうorシャドーボール
優先技:れいとうビーム
攻撃技:はかいこうせん/10まんボルト/めざめるパワー(炎or地)/サイコキネシスorサイコショック
変化技:わるだくみ/みがわり/トリック/じこさいせい

種族値に沿った特殊アタッカー型。
一致技の他、ゴースト対策のシャドーボールorあくのはどうはほぼ確定。
範囲の広いれいとうビームも優先的に採用したい。

肝心のノーマル技は、スカーフ型なら先制で状態異常にもできるトライアタックが優先される。
はかいこうせんはいざというときに役立つが、行動不可のデメリットは様々な負け筋を生むのでよく考えよう。
↑ひかえめさわぐだとカプ・コケコ?ゲッコウガ?は確1。ひかえめスカーフならこちらが役立つことも多いと思うのだが。


対ポリゴンZ 節を編集

注意すべき点
てきおうりょく、ダウンロード、アナライズと、火力を補強する特性が揃っている。
特にてきおうりょくによる特殊火力は単ノーマル最高クラスを誇り、半端な特殊受けでは後出しで受けられない。
Zテクスチャーは全能力上昇だけでなく、サブウェポンの一致技化、耐性変化も相俟って非常に厄介。
対策方法
基本的には耐久・素早さは並程度の特殊アタッカーなので、高速高火力のアタッカーや特殊受けのポケモンが有利。
具体的には上から弱点を突けるメガバシャーモや、ノーマル技に強いバンギラスナットレイ?等。
Zテクスチャー型
上記に加え、積み技対策のほえるやくろいきりも有効。てんねん持ちも有利だが、Zはかいこうせんには注意。
(D特化でもナマコブシ?以外のポケモンは確1~乱1、10まんボルトがあるとナマコブシも受け切れない)
通常アタッカー型
メイン技を無効化できるゴーストタイプの特殊受けが安定。ただしあくのはどう、シャドーボール持ちも少なくない。
炎技や格闘技を覚えないので岩・鋼タイプのポケモンでも止められる。とつげきチョッキを持たせればめざめるパワーも怖くない。
ただし、メガストーンやZクリスタルで対処できるとはいえトリックの存在は留意しておくこと(こだわりスカーフをトリックで相手に押し付けてくる可能性もあるため)。