ドクケイル - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ドクケイル 節を編集

No.269 タイプ:むし/どく
通常特性:りんぷん(技の追加効果を受けない)
隠れ特性:ふくがん(技の命中率が1.3倍になる。先頭にいると道具を持ったポケモンが出やすくなる)
体重  :31.6kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
虫/毒HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ドクケイル605070509065385りんぷん/ふくがん
モルフォン706560907590450りんぷん/いろめがね/ミラクルスキン

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/ひこう/エスパー/いわ
いまひとつ(1/2)どく/むし/フェアリー
いまひとつ(1/4)くさ/かくとう
こうかなし---

第三世代出身のむし×どく複合。序盤むしの宿命として合計種族値は控えめ。
ちょうのまいを覚えるが、単純なアタッカーとしての運用は無謀。
毒・猛毒無効やりんぷんによる追加効果からの崩しのシャットアウト、高速再生技の習得と個性は悪くない。
種族値の上では不安が残るものの、耐久型に強い耐久型としての素養がある。

BDSPではむしのていこう、まとわりつくが剥奪。負担をかける手段はほぼどくどく頼りに。
てっぺきも失っており、運用の上では初動の脆さが目に付くようになっている。
ライバルのモルフォンはどくどくを覚えなくなったため、今作では毒をリソースとした耐久型での運用が基本となるか。



特性考察 節を編集

りんぷん
通常特性。不慮の状態異常や能力低下、怯みのゴリ押しを恐れずに戦えるのは心強い。
追加効果の試行回数を稼がれやすい耐久型の運用リスクを軽減することができ、ねこだまし・ほっぺすりすり等の妨害技にも強くなれる。
同特性を持ち、ちょうのまいも使えるむしタイプはモルフォンアブリボン?ビビヨン?がいる。
モルフォンとは耐久指数の差とてっぺき、後者2体はタイプの違いがあるので耐久型運用なら差別化の必要はない。
かたやぶりの特性を持つポケモンの追加効果は防げないため、追加効果技を多数所持するドリュウズ?メガギャラドスなどに注意。
ふくがん
隠れ特性。主要な技はいずれも命中安定なので活きる場面は少ない。
回避技対策にしても、必中どくどくやふきとばしの方が有用。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
ヘドロばくだん90(135)100毒30%タイプ一致技。性能安定。
ベノムショック65(97)/
130(195)
100-タイプ一致技。毒状態の相手に威力倍増。
どくどくとあわせて。
むしのさざめき90(135)100特防↓10%タイプ一致技。性能安定。みがわり貫通。
とんぼがえり70(105)100自分交代タイプ一致技。攻撃しつつ撤退。積み技との相性は悪い。
むしのていこう50(75)100特攻↓100%タイプ一致技。追加効果が優秀。サポート用。※5~6世代技マシン限定。
まとわりつく20(30)100拘束ダメしめつけバンドやどくどくとあわせて。第6~7世代技マシン。
サイコキネシス90100特防↓10%対毒・格闘。一致技との相性補完に優れる。
シャドーボール80100特防↓20%等倍範囲が優秀。追加効果も悪くない
ギガドレイン75100HP吸収対岩・地面。ちょうのまいとあわせて。
エレキネット5595素早↓100%対飛行。追加効果が優秀。サポート用。USUM教え技。
変化技タイプ命中備考
ちょうのまい-特攻・特防・素早さ補強。特殊型の性能向上に。
はねやすめ-回復技。天候に左右されず、耐性にも影響しない。
どくどく必中耐久型対策。自身のタイプにより必中。
まもる-ターン稼ぎに。どくどく・くろいヘドロとあわせて。
みがわり-補助技対策や、どくどく・くろいヘドロとあわせて。
てっぺき-防御を強化。物理アタッカーへの交代読みで。USUM教え技(マユルド)。
ひかりのかべ-サポート用。味方の特殊耐久を強化。

型考察 節を編集

耐久型 節を編集

特性:りんぷん
性格:おだやか/ずぶとい/おくびょう(124振り以上の場合)
努力値:H252 BDS調整
持ち物:くろいヘドロ/オボンのみ/しめつけバンド/半減のみ
確定技:ちょうのまい/はねやすめ
優先技:てっぺき
攻撃技:まとわりつく/むしのさざめき/ヘドロばくだん/むしのていこう/シャドーボール/めざめるパワー(炎/地)
補助技:どくどく/ひかりのかべ/みがわり

特殊相手にちょうのまいを積み、はねやすめで居座る耐久型。
物理相手にはてっぺき。モルフォンとの差別化にもなる。
↑てっぺきさえ積めば霊獣ランドロス?の特化じしんがH振りドクケイルに確2。
モルフォンとの差別化には勿論、実用面でも重要な技なので優先技に格上げしました。

上から積めればなかなかの耐久になる。
メガフシギバナなどがいる無振り80族まで抜かすのもあり。
その場合はおくびょうにしてSに124振る必要がある。
↑これ計算か表記を間違えてる? 無振り80族の実数値は100、ドクケイルのおくびょうS124振り時の実数値は111、
無振り90族の実数値は110だから無振り90族抜きなら正しい。
あとS性格無補正(=ずぶといorおだやか)の204振りでも実数値は111になる。
ただしBorD補正+52振りよりもB無補正+132振りの方が実数値が1高くなるので、Sに多く振るならおくびょう推奨なのは確か。

ダメージソースについて
火力は積んでも低く、無難な攻撃技を搭載しても遂行速度には期待できない。
ちょうのまいは耐久強化の手段と割り切り、どくどく・まとわりつく等のスリップダメージ技をメインに据えたほうが良い。
まとわりつく
無効なしで毎ターン8分の1の定数ダメージ。得意な相手をキャッチできれば積みの試行回数も稼げる。
一応ちょうのまいの恩恵も得られるがC無振りだと6積みでもガブリアス乱5という程度。
どくどく
毒タイプなので必中。毎ターンダメージ増のおかげで比較的遂行速度は早いが呼ぶ鋼・毒に無効。
むしのさざめき
無効なし身代わり貫通。タイプ一致なので積めば火力にも期待できる。
反面、半減されやすいので呼ぶ鋼や炎、毒に対する遂行速度は著しく下がる。
ヘドロばくだん
同じくタイプ一致で威力・追加効果も優秀だが、鋼に無効化されるのでワンウェポンだと止まりやすい。
むしのていこう
さざめき同様無効なし身代わり貫通。特殊を起点にしやすくなるが威力は不一致80以下なので遂行速度は下がる。
シャドーボール
等倍範囲が優秀で呼ぶ相手の大半に等倍以上で通る。追加効果の試行回数も稼げるが所詮不一致なので威力は控えめ。
めざめるパワー、その他攻撃技
基本的にピンポイントなのでワンウェポンでの採用は非推奨。
てっぺきを切ってちょうのまい/はねやすめ/一致技という構成にサブで組み込むのが良いか。

対ドクケイル 節を編集

注意すべき点
特殊耐久が高め。一撃で落とせないと、ちょうのまいorてっぺき+はねやすめで粘られる。
特性りんぷんで追加効果が無効。一度積まれると物理・特殊ともまずまず固くなるのでがんせきふうじなどが悪手となる。
タイプにより毒・猛毒無効。必中どくどくやまとわりつくの拘束もあるので、耐久型どうしの対面になると起点にされる恐れがある。
対策方法
素の能力は低く火力・耐久・素早さいずれも低水準。積まれる前に処理するのが一番。
鋼には有効打が無いため流しやすい。流し際にステルスロックを撒ければなお良い。
先手を取って物理Zワザや、ステルスロック+ほえる、ちょうはつして逆に起点化するなど対策方法は多岐にわたる。
メガボーマンダカプ・テテフ?レベルの超火力は一度積んだ程度では受けきれないので、選出段階から強く牽制できる。