デンリュウ - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

デンリュウ 節を編集

No.181 タイプ:でんき
通常特性:せいでんき(接触技を受けると30%の確率で相手をまひ状態にさせる)
隠れ特性:プラス(特性が「プラス」か「マイナス」の味方が戦闘に出ると特攻が1.5倍になる)
体重  :61.5kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
デンリュウ9075851159055510せいでんき/プラス
プラスの補正が入ると特攻種族値182相当

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)じめん
いまひとつ(1/2)でんき/ひこう/はがね
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

でんきタイプにしては珍しい鈍足アタッカー型の種族値をしたポケモン。
耐性こそ違うものの耐久はサンダーと同等。コットンガードも覚えるが、回復ソースはねむるのみ。

第八世代ではメガシンカが廃止、ドラゴン技が不一致になり、素の火力も低下することに。
他のでんき同様、めざめるパワーの廃止でこおり技を失い、少々アタッカーとしての性能が落ちている。

一方、出演ポケモンの大幅減少に伴い、でんきタイプの重火力アタッカーという点が個性として復活。
配分の似たジバコイルとは特殊耐久指数、かくとうほのお等倍の耐性で差別化は容易。
また、久しぶりにリフレクターを再習得。耐性的に物理アタッカー相手はそこまで得意ではないが一応強化点。
失った技は前述のめざめるパワーの他、ダブル向けサポート技のエレキネット、どくどく程度。



特性考察 節を編集

せいでんき
接触技を受けると30%の確率で麻痺させる。シングルであれば消極的な理由が無ければこちら一択。
交代際に発動すればおいしいが、対面からだと非接触のじしんを誘うので発動機会は少なめ。
プラス
隠れ特性。同特性、或いはマイナスの味方と並ぶと特攻が1.5倍に。
シングルでは実質無意味だが、せいでんきが余計なタイミングで発動するのを嫌うなら選択肢。
BDSPでの所有者は、他にプラスルマイナンライボルトの3体。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
かみなり110(165)70まひ30%高火力だが命中不安。雨で必中。
10まんボルト90(135)100まひ10%安定した電気技。
ほうでん80(120)100まひ30%攻撃とマヒ撒きを同時にやりたい場合に。ダブルでは全体攻撃。
ボルトチェンジ70(105)100交代基本後攻なので交代読みか味方の無償降臨用。
りゅうのはどう85100-対竜。電気技とあわせて全18タイプに等倍以上。
きあいだま12070特防↓10%命中不安だが威力と範囲は優秀。対ジバコイルバンギラス等に。
パワージェム80100-対炎氷虫。ヒートロトムユキノオーに。呼ぶ地面に半減。
変化技タイプ命中備考
でんじは90流し際の妨害に。素早さを補うことができる。
コットンガード-物理に対して滅法強くなる。
ひかりのかべ-サポート用。後攻ボルトチェンジで味方を安全に出せる。
リフレクター-サポート用。同上。今作から技マシンで習得可能に。
こうそくいどう-タマゴ技。流し際に積めれば相手ドラゴンとの縛り関係を逆転できる。
エレキフィールド-タマゴ技。電気技の強化や催眠対策に。

型考察 節を編集

基本型 節を編集

特性:せいでんき
性格:ひかえめ/れいせい
努力値:特攻252 素早さ調整 残りHP
持ち物:こだわりメガネ/とつげきチョッキ/シュカのみ/オボンのみ/Zクリスタル
確定技:10まんボルトorかみなり/きあいだま
攻撃技:ボルトチェンジ/めざめるパワー(氷/草)/パワージェム/シグナルビーム
変化技:でんじは/こうそくいどう/ひかりのかべ/リフレクター

れいせいは後攻ボルトチェンジ狙いやトリックルーム型で。
メガシンカ型との違いは弱点が増えないこと、とつげきチョッキやオボン・半減の実が持てること。
火力はC特化いのちのたまデンリュウ=C特化メガデンリュウなので、火力アップアイテムの場合はこだわりメガネorZクリスタル推奨。

鈍足なためきあいだまやかみなりの命中を高めるフォーカスレンズとの相性がよさそうに見えるが、
一発でも当たる確率は先手かみなり2回(91%)>後手フォーカスレンズかみなり1回(84%)
火力アップアイテムが持てなくなることもあり、Sを下げてまで採用する意義は薄い。


対デンリュウ 節を編集

注意すべき点
電気タイプの中では耐久があるほうで、弱点も地面しかない。
こうそくいどうとトリックルーム、どちらの戦法でも使え、それぞれに脅威がある。
対策方法
一番は弱点の地面。ただし耐久がかなりあるため一撃で倒すことは難しい。