ディアルガ - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ディアルガ 節を編集

No.483 タイプ:はがね/ドラゴン
通常特性:プレッシャー(受けた技のPPを1多く減らす)
隠れ特性:テレパシー(味方の攻撃を受けない)
体重  :683.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
専用道具:こんごうだま(鋼・ドラゴンタイプの技の威力が1.2倍になる)
ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ディアルガ10012012015010090680プレッシャー/テレパシー

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)かくとう/じめん
いまひとつ(1/2)ノーマル/みず/でんき/ひこう/エスパー/むし/いわ/はがね
いまひとつ(1/4)くさ
こうかなしどく

唯一の「はがね×ドラゴン」の複合タイプを持つ禁止級伝説ポケモン。
かなり優秀なタイプ相性で、本来ドラゴンの弱点のこおりドラゴンフェアリーが全て等倍かつ、こちらには有効打がある。
はがねの弱点のほのおも等倍。4倍弱点もなく、弱点はわずか2つ。攻守共に大変優秀。

専用技のときのほうこうはやや使い勝手が悪いものの、種族値とタイプの関係上火力は十分高く、
でんじはやトリックルームなどが使えることもありそこそこ器用に立ち回れる。

BDSPでは禁止級も参戦可能な環境となっているため対策手段を持たないポケモンには有利。



特性考察 節を編集

プレッシャー
もう片方の特性「テレパシー」がダブルバトル専用なので、シングルではこちらを選択。
テレパシー
隠れ特性。ダブルバトル専用。地面が弱点なので味方からのじしんを受けないのは心強い。
なお、かたやぶりで無効化されるので注意。

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中追加効果備考
りゅうせいぐん130(195)90特攻↓↓撃ち逃げ向きの主力技。
鋼複合のおかげで、ドラゴン同士の撃ち合いに強気に出られる。
ときのほうこう150(225)90次ターン反動りゅうせいぐん耐えの調整を崩して強引に突破を狙う場合に。
りゅうのはどう85(127)100--安定したドラゴン技。りゅうせいぐんとの両立も。
ラスターカノン80(120)100特防↓10%タイプ一致。ドラゴン技無効のフェアリーに。
10まんボルト90100麻痺10%ルギアや水に役割を持たせるなら。カイオーガならかみなり。
かみなり11070麻痺30%カイオーガピンポイント。
だいもんじ11085火傷10%鋼対策。晴れパとのシナジーも良好。
伝説戦における通りは悪いがディアルガの範囲的には補完になるので有用。
かえんほうしゃ90100火傷10%鋼対策の安定重視。
オーバーヒート13090特攻↓↓鋼対策の威力重視。
だいちのちから90100特防↓10%ヒードラングラードンなどに。
ディアルガミラーなど伝説戦は通りがよいが無効化も多い。
はどうだん80--必中ミラーや一部の鋼、アルセウス対策。きあいだまは覚えない。
バンギラスには4倍なのでラスターカノンより有効。
物理技タイプ威力命中追加効果備考
アイアンヘッド80(120)100怯み30%でんじはやトリックルームと相性がよい。剣盾技レコード。
じしん100100--伝説戦で通りがよく、りゅうせいぐん後でも撃てる。
ストーンエッジ10080急所率+1ホウオウピンポイント。パワージェムより通る。
A下降補正無振りで、無振りホウオウが75%の乱1。
メタルバースト--100攻撃反射鈍足ではないのでくろいてっきゅうなどを持たせ遅くさせないと使いにくい。
変化技タイプ命中備考
トリックルーム-伝説の中では貴重な始動役。トリパ以外でも使いやすい。
でんじは90速度を補えるがグラードンなどの地面を呼びやすいので注意。
ステルスロック-流し性能が高いので比較的撒きやすい。ちょうはつには注意。
ほえる-りゅうせいぐん連発後の起点化回避に。ステルスロックとの相性もよい。USUM教え技。
でんじふゆう-弱点が1つ無くなる。伝説戦では格闘技の搭載率は低め。USUM教え技。
つめとぎ-アイアンテールやストーンエッジと相性がよい。第6世代技マシン。

型考察 節を編集

特殊型 節を編集

性格:ひかえめ/れいせい
努力値:HC252 or HCS調整
持ち物:いのちのたま/ラムのみ/こんごうだま/半減実/しろいハーブ/こだわりメガネ/とつげきチョッキ/各種Zクリスタル
確定技:りゅうせいぐんorときのほうこう(ドラゴンZ)/ラスターカノン
選択技:オーバーヒートorだいもんじ/りゅうのはどう/10まんボルトorかみなり/はどうだん/だいちのちから/ストーンエッジ/メタルバースト/ほえる/トリックルーム/ステルスロック

種族値に倣った型。攻撃範囲は非常に広い。
専用技の「ときのほうこう」はZワザ化することで一度だけだが反動の行動不能を無視できる決定力が高い技になる。
鋼タイプを持つため安易なフェアリーの後出しをされないのも大きく、撃ちやすい。
トリックルームを展開してからZときのほうこうで撃破したり、耐久力を活かして多少不利気味の相手に強引に撃って撃破してからトリックルームを展開したりしてもよいだろう。

物理型 節を編集

性格:いじっぱりorゆうかん
努力値:HA252
持ち物:いのちのたま/こんごうだま/ラムのみ/とつげきチョッキ/各種Zクリスタル
確定技:アイアンテールorアイアンヘッド
攻撃技:じしん/ストーンエッジ/オーバーヒート/りゅうせいぐん
変化技:でんじは/ステルスロック/つめとぎ

特殊型だとC特化こだわりメガネのラスターカノンでもジオコントロールを積まれるとゼルネアス?を突破できないので、対ゼルネアスを意識した物理型。
ドラゴン技は使いにくいげきりんではなく、無補正でも高火力のりゅうせいぐんを採用し、特攻が下がっても物理技で攻める事ができる両刀戦略。

ステロ撒き型 節を編集

性格:ひかえめ/ずぶとい/おだやか
努力値:H252 CS調整
持ち物:ゴツゴツメット/オボンのみ/半減実/ふうせん
確定技:りゅうせいぐん/ステルスロック/ほえる
選択技:オーバーヒートorだいもんじ/ラスターカノン

ガブリアスのじしんを耐える物理耐久とメガリザードンYのきあいだまを耐える特殊耐久を持ち、ほぼ無理やりステルスロックを撒くことが可能。
火力もりゅうせいぐんでメガガルーラをステルスロック×2込みで倒せる火力を持っており、ほえるで選んで倒していくことが可能。
りゅうせいぐんを撃った後もほえるで起点にされない点も優秀。

選択技はパーティ次第だがドラゴン技と合わせて技範囲が広く4倍弱点も多い炎技を推奨。

ゼルネアスと対面したときに相手が初手ジオコントロールすれば、ほえるでパワフルハーブの恩恵を無に還すこともできる。


対ディアルガ 節を編集

注意すべき点
全ポケモン唯一の鋼ドラゴンであり、フェアリー等倍の上に一致技でフェアリーの弱点をつける。
こだわり型であるなら話は別だがドラゴン技を無効化できてもフェアリーの後出しは基本的に安定しない。
耐性、耐久共に優秀でたとえタイプ一致で弱点を突いたとしても特に物理方面は硬く一撃で倒すのは至難の業。
ほえるも習得するため積み技で起点化もしにくい。
対策方法
こだわりアイテム・積み技と合わせた高火力の技で弱点を付くか、みがまも戦術や一撃必殺技で早急的に決着をつけたい。
特殊型が多いのでタスキミラーコートでの奇襲も有利。
ただし、あちら側も様々な対策をしている可能性があるので注意。