ラフレシア - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ラフレシア 節を編集

No.045 タイプ:くさ/どく
通常特性:ようりょくそ(晴れのときに素早さが2倍になる)
隠れ特性:ほうし(接触技を受けた際に30%の確率で相手を毒、麻痺、眠り状態のどれかにする)※ナゾノクサのとき「にげあし」 クサイハナのとき「あくしゅう」
体重  :18.6kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
草/毒HP攻撃防御特攻特防素早合計特性
ラフレシア7580851109050490ようりょくそ/ほうし
フシギバナ80828310010080525しんりょく/ようりょくそ
ウツボット80105651007070490ようりょくそ/くいしんぼう
ロズレイド60706512510590505しぜんかいふく/どくのトゲ/テクニシャン

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/こおり/ひこう/エスパー
いまひとつ(1/2)みず/でんき/かくとう/フェアリー
いまひとつ(1/4)くさ
こうかなし---

初代から存在するくさ×どく複合タイプ。
第1世代にありがちな平坦な種族値・技ラインナップ不足によりアタッカーとしても耐久型としてもいまひとつ奮わず、
とりわけフシギバナとの差別化に悩まされ続けてきたが、ムーンフォース・ちからをすいとるの習得といった個性もある。
前者はアタッカーとして晴れパの苦手な竜の突破に、後者は物理受けとして相手の弱体化と回復ソースとしてキーを握る技。
運用の際は積極的に採用したいところである。

第8世代で長らく配信限定だった「やどりぎのタネ」がタマゴ技化。



特性考察 節を編集

ようりょくそ
通常特性。晴れ下で素早さ倍増。
素のSは低いものの、準速でも実数値204となり、最速130族や準速フェローチェ?を抜ける。
最速なら準速97族@スカーフまで抜けるが、数値上はC特化フシギバナウツボットの劣化となる点に注意(ラフレシア:C162・S112/フシギバナ:C167・S132/ウツボット:C167・S122)。
ほうし
隠れ特性。接触技主体の相手に対して状態異常で負荷をかけられる。
晴れ下でなくとも発動し、物理受け型との相性も良いが、いかんせん安定しない。自身のどくどくやねむりごなを阻害する恐れもある。
また、発動確率はせいでんきなどとは異なり、必ずしも30%ではない。
例えば電気には麻痺無効、鋼や毒には毒無効で20%。草に至っては特性そのものが無効で0%。
また、毒・眠り無効のふみん持ちアリアドスに接触技を受けても麻痺10%など。

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中追加効果備考
エナジーボール90(135)100特防↓10%タイプ一致技。性能安定。
ギガドレイン75(112)100HP吸収タイプ一致技。回復効果付き。
ソーラービーム120(180)100溜め攻撃タイプ一致技。晴れとあわせて。
ヘドロウェーブ95(142)100毒10%タイプ一致技。ダブルでは全体攻撃。ねむりごなと干渉しにくい。剣盾技レコード。
ヘドロばくだん90(135)100毒30%タイプ一致技。ダブルでは単体攻撃。毒の発生率が高め。
ムーンフォース95100特攻↓30%対ドラゴン。一致技と半減範囲が被る。
マジカルシャイン80100-ダブルでは相手全体攻撃。
ドレインパンチ75100HP吸収対鋼。回復効果付き。威力は4倍前提。
かふんだんご90100味方回復ダブル用。味方回復技兼攻撃技。剣盾技レコード。
まとわりつく20100拘束ダメどくどくとあわせて。第7世代技マシン。
しぜんのちから---各種フィールドとあわせて。変化技扱いなので挑発に注意、ふいうちを透かせる。
変化技タイプ命中備考
どくどく必中ダメージ源。自身のタイプにより必中。毒や鋼には無効。
ねむりごな75妨害技。草やぼうじんには無効。
やどりぎのタネ90吸収技。交代先にも刺さる。
ちからをすいとる100妨害技兼回復技。A実数値182以上でHP全回復。そうしょくには無効。
つきのひかり-回復技。晴れ下で効果増大。天候変化に注意。
せいちょう-攻撃・特攻を補強。晴れ下で効果倍増。
グラスフィールド-回復と攻撃のソースに。地震対策としても有効。
おさきにどうぞ-ダブル用。行動順操作。

型考察 節を編集

晴れアタッカー型 節を編集

特性:ようりょくそ
性格:ひかえめ/おくびょう
努力値:C252 S調整 残りH
持ち物:Zクリスタル/いのちのたま/きあいのタスキ/とつげきチョッキ/オボンのみ
確定技:ソーラービームorエナジーボール/ヘドロばくだん
優先技:ムーンフォース
選択技:めざめるパワー(炎/地)/せいちょう/ねむりごな/こうごうせいorちからをすいとる

高めのCと安定した耐久・耐性を持つ晴れエース。
ただ、他のようりょくそアタッカーに比べ鈍足で、Sに多く振ってもフシギバナウツボットの劣化になりがち。
差別化自体はフェアリー技で可能なものの、それを活かすにはドラゴンを抜く必要があるため、調整が難しい。
なお、最速でも準速サザンドラ?@スカーフを抜けず、C特化サザンドラ?の晴れ下かえんほうしゃで無振りラフレシアが確1である。

めざめるパワーは毒やヒードランに刺さる地面が有力。
炎は晴れで補強できるが、ウツボットのウェザーボールの方が高威力。鋼も晴れパなら牽制しやすい。

せいちょうを活かせるのも晴れアタッカー型の利点。
一方で一致技・フェアリー技・めざめるパワーのいずれかを切ることになるため、苦手な相手を処理できるポケモンも用意しておきたい。

通常アタッカー型 節を編集

特性:ほうし
性格:ひかえめ
努力値:HC252ベース
持ち物:いのちのたま/こだわりメガネ/とつげきチョッキ/Zクリスタル
確定技:ギガドレインorエナジーボール/ヘドロばくだん
攻撃技:ムーンフォース/めざめるパワー(炎/地)
変化技:ねむりごな/どくどく/こうごうせいorちからをすいとる

天候に依存しない汎用アタッカー型。
耐久型の水や草には安定して後出しできる。
チョッキとムーンフォースがあればサザンドラ?ジャラランガ?も対面から突破可能。

特殊受けはどくどくで対処できるが、毒や鋼に対しては、ちからをすいとるやねむりごなで動きを止めて後続に任せるのが賢明。
いずれの技でも負担をかけられないメガフシギバナは特に厳しいので注意。

型サンプル
特性 :ほうし
性格 :ひかえめ
努力値:HC252
持ち物:とつげきチョッキ
技構成:ギガドレイン/ヘドロばくだん/ムーンフォース/めざめるパワー(炎)
+  使用感

物理受け型 節を編集

特性:ようりょくそ/ほうし
性格:ずぶとい
努力値:HB252ベース
持ち物:ゴツゴツメット/くろいヘドロ
確定技:ちからをすいとる
攻撃技:ギガドレイン/ヘドロばくだん/ムーンフォース/めざめるパワー(炎/地)/まとわりつく
補助技:ねむりごな/どくどく/みがわり

ちからをすいとるを活かす物理受け型。
数値上はメガフシギバナモロバレル?のような耐久力は無く、後出しから受けられる相手は限られるが、
対面からなら一発耐えられれば相手を弱体化させて自身を全回復させることもできる。

みがわりを張られると弱体化も回復もできない点に注意。相手のAを下げ切った場合も同様。
クリアボディやまけんき持ちに対しては、Aを下げられず回復のみとなる。

主な役割対象はギャラドスマリルリなどの水、キノガッサカプ・ブルル?などの草。
等倍だと弱体化が追い付かないつるぎのまい持ちは厳しいものの、メガミミロップといった積み技を持たないアタッカーなら遂行は容易。
非接触の岩・地面技を撃たれることが少ないので、ほうしやゴツゴツメットの発動機会も多い。

バンギラスとの相性が良い。
互いの弱点をカバーできるうえ、苦手な物理を受け流しつつ特殊を誘い出して積みの起点を作れる。
メガフシギバナと異なりメガ枠を消費しないため、メガシンカエースとしての運用も可能。

【ダブル】ようりょくそ型 節を編集

特性:ようりょくそ
性格:おくびょう/ひかえめ
努力値:HCS調整
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/Zクリスタル
優先技:ソーラービームorエナジーボール/ヘドロばくだん
攻撃技:ムーンフォースorマジカルシャイン/めざめるパワー(炎/地)
補助技:まもる/こうごうせい/ねむりごな/おさきにどうぞ/ちからをすいとる

フェアリーやジャラランガ?に強い晴れパ要員。
天候を奪われなければ、雨パのキングドラルンパッパ、霰パのユキノオーAキュウコン?にも上から弱点を突ける。
高速おさきにどうぞ・ちからをすいとるも強力。

アタッカー型ではフシギバナウツボット、サポート型ではワタッコドレディア?がライバルとなる。
タイプや習得技の違いを最大限活かしたい。


対ラフレシア 節を編集

注意すべき点
ちからをすいとる持ちの中でも耐久・耐性に優れ、ほうしや粉技とあわせて多くの物理アタッカーを受け流す。
フェアリー技を覚えるため、格闘やドラゴンに強い。
火力もあり、晴れ下ではようりょくそやせいちょうで更に強化される。
対策方法
鈍足なので先手を取ってちょうはつやみがわりで動きを封じる。
一致技とフェアリー技は毒や鋼で半減以下にできる。
倒し損ねるとちからをすいとるやギガドレインで回復されてしまうので、ゲッコウガ?カプ・テテフ?などの特殊アタッカーで一気に落とすのが良い。

遺伝 節を編集

タマゴグループ植物?
孵化歩数5120歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩)
性別♂:♀=1:1
進化条件ナゾノクサ(Lv.21)→クサイハナ(リーフのいし)→ラフレシア
分岐進化クサイハナ(たいようのいし)→キレイハナ
経験値Lv.50 = 117,360
Lv.100 = 1,059,860

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
あまえるリレーピカチュウ/ライチュウ/ピッピ/ピクシー/プリン/プクリン/トゲチック/
マリル/マリルリ/グランブル系統/エネコロロ系統/プラスル/パチリス/トゲキッス(妖精)→キノココ(妖精/植物)
おさきにどうぞ地下大洞窟ナゾノクサ/クサイハナ
くすぐるレベルモジャンボ系統
こうごうせいレベルフシギバナ系統/ナッシー系統/メガニウム系統/ワタッコ系統/キマワリ系統/ダーテング系統/ロゼリア/トロピウス/
ドダイトス系統/ロズレイド
しぜんのちからレベルメガニウム系統/ルンパッパ系統/ダーテング系統
じたばたレベルルンパッパ系統
ちからをすいとる地下大洞窟ナゾノクサ/クサイハナ/ハネッコ/ポポッコ
ねをはるレベルキマワリ系統/ロゼリア/ノクタス系統/ロズレイド/マスキッパ/ユキノオー系統/モジャンボ系統
はっぱカッターレベルフシギバナ系統/ウツボット系統/メガニウム系統/キマワリ系統/コノハナ/ダーテング/トロピウス/
ドダイトス系統/ユキノオー系統
フラフラダンスレベルハスブレロ/ルンパッパ
やどりぎのタネレベルフシギバナ系統/ナッシー系統/ワタッコ系統/キマワリ系統/キノガッサ系統/ロゼリア/
ノクタス系統/ドダイトス系統/ロズレイド/チェリム系統