アリアドス - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

アリアドス 節を編集

No.168 タイプ:むし/どく
通常特性:むしのしらせ(HPが残り1/3以下になると、虫タイプの技の威力が1.5倍になる)
     ふみん(ねむり状態にならない)
隠れ特性:スナイパー(攻撃が相手の急所に当たった際のダメージが2.25倍になる)
体重  :33.5kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
ねばねばネット虫HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
アリアドス709070607040400むしのしらせ/ふみん/スナイパー
ツボツボ2010230102305505がんじょう/くいしんぼう/あまのじゃく
アメモース7060621008280454いかく/きんちょうかん
コロトック778551555165384むしのしらせ/テクニシャン

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/ひこう/エスパー/いわ
いまひとつ(1/2)どく/むし/フェアリー
いまひとつ(1/4)くさ/かくとう
こうかなし---

第2世代で登場したむし×どく複合タイプ。
序盤むしポケモンらしい低種族値だが、有用な専用技「どくのいと」を覚える。

ねばねばネットを使うポケモンはほとんどがむしタイプだが、どれもかぶらない複合タイプなので差別化の必要性は薄い。
とはいえ、やはり硬いツボツボの方が使いやすい。
フェアリー耐性や各種1/4耐性、どくのいとを活かして立ち回りたい。

BDSPでは毒タイプであるにもかかわらずどくどくを覚えないが、どくのいとを使う場合は気にならない。



特性考察 節を編集

むしのしらせ
微妙な火力を補える。みがわりとあわせて。
ふみん
タイプ相性もありキノガッサをはじめとするキノコのほうし使いに強く出られる。
スナイパー
隠れ特性。急所率+1技をいくつか覚えるが、元の攻撃力が低いため急所に当たって大ダメージとはなりにくい。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
メガホーン120(180)85-タイプ一致技。命中不安定。むしのしらせ発動時には威力270。
きゅうけつ80(120)100HP吸収タイプ一致技。むしのしらせ発動時には威力180。
とびかかる80(120)100攻撃↓100%タイプ一致技。サポートも兼ねた攻撃技。むしのしらせ発動時には威力180。
どくづき80(120)100毒30%タイプ一致技。フェアリーへ。A特化@たつじんのおびでH振りキノガッサ確1。
クロスポイズン70(105)100毒10%
急所率+1
タイプ一致技。スナイパーで急所を狙うなら。
じごくづき80100音技封じUSUM教え技。対ゴースト。
つじぎり70100急所率+1対ゴースト。スナイパーと合わせて。
ふいうち70100優先度+1先制技。威力は高いが読みが必要。
かげうち40100優先度+1先制技。威力は低いがふいうちと違い気軽に使える。
ナイトヘッド-100-定数ダメージ。一貫性も高く使い易い。
イカサマ95100-過去作教え技。攻撃無振りでも火力を出せる。
じだんだ75→150100前ターン
技失敗で威力2倍
USUM教え技。鋼対策として。毒技に対して受け出された後などに。
変化技タイプ命中備考
ねばねばネット-場に出た相手の素早さを下げる。鈍足のためほぼサポート用。
どくどく必中過去作技マシン。ダメージ源や耐久ポケモン対策として。
どくびし-サポート用。
かなしばり100相手の有効打を封じて隙を作る。
バトンタッチ-積み技を引き継げる。
こうそくいどう-最速で積むと130族を抜ける。
かげぶんしん-みがわり等と合わせての運ゲーに。
みがわり-むしのしらせやふいうち、かなしばりと相性が良い。
つるぎのまい-攻撃↑↑。バトンと合わせても可。
どくのいと100専用技。毒+S↓。S下降は毒が通らなくても発動。
きあいだめ-バトンタッチと合わせて。自身もスナイパーと相性が良い。

型考察 節を編集

基本アタッカー型 節を編集

特性:むしのしらせ/ふみん/スナイパー
性格:いじっぱり
努力値:HA252
持ち物:こだわりハチマキ/たつじんのおび/きあいのタスキ
確定技:メガホーン/ふいうちorかげうち
攻撃技:どくづき/じごくづき/じだんだ/ナイトヘッド
変化技:どくどくorどくのいとorどくびし/ねばねばネット/つるぎのまい/みがわり

攻撃力の確保と素早さの低さからメガホーンと先制技が必須となる。
特性ふみんにより草タイプの粉技やエスパータイプの催眠術に無償降臨することが可能で、
そこから攻撃or交代読みでの補助技を仕掛ける。
Hに全振りするのではなく無振りマリルリ抜きにSを調整してもよいだろう。

高速移動かなしばりバトン型 節を編集

特性:ふみん
性格:ようき
努力値:S252をベースにHA調整
持ち物:きあいのタスキ/くろいヘドロ/メンタルハーブ
確定技:こうそくいどう/かなしばり/バトンタッチ
優先技:メガホーンorとびかかる
選択技:ページ上部の技候補参照

一発耐えてこうそくいどう、敵のメインウェポンを先制かなしばりで縛ってからバトンタッチをする。
相手の技スペースを3つにした状態でエース降臨を狙う型。

机上論に見えがちだが第5世代できっちり考察された型であり、実用性はある。

4枠すべてを補助技にしてしまうとちょうはつで完全に止まる。


相性考察 節を編集

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対アリアドス 節を編集

注意すべき点
こうそくいどうかなしばりバトンは警戒が必要。
それ以外にもどくのいとやねばねばネットなどの厄介な補助技を揃えている。
攻めに関してもメガホーンやふいうち、ナイトヘッドなどがある。
対策方法
耐久力、素早さは低いので不一致弱点でも容易に落とせる上、変化技に対してもちょうはつを上からかけやすい。
メガホーンも元の攻撃種族値が低いためそこまで脅威ではなく、特に鋼には有効打がほぼない。