ノクタス - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ノクタス 節を編集

No.332 タイプ:くさ/あく
通常特性:すながくれ(天気が「すなあらし」の時、回避率が1.25倍になる・すなあらしのダメージを受けない)
隠れ特性:ちょすい(みずタイプの技を受けた時、その技を無効化し、HPが最大値の1/4回復する)
体重  :77.4Kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
草/悪HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ノクタス70115601156055475すながくれ/ちょすい
ダーテング9010060906080480ようりょくそ/はやおき/わるいてぐせ

ばつぐん(4倍)むし
ばつぐん(2倍)ほのお/こおり/かくとう/どく/ひこう/フェアリー
いまひとつ(1/2)みず/でんき/くさ/じめん/ゴースト/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなしエスパー

特性ちょすいの場合、みず無効


第三世代出身のくさ×あく複合。攻撃面の種族値が高め。
とはいえ一致技の威力が低い上に抜群範囲が狭く、数値ほどの火力は出ない。
加えて鈍足両刀アタッカーという配分ゆえに無駄が多く、耐性も互いに一切補完せず多耐性・多弱点。
耐久面は紙であり、半減で受けてもなお痛いという場合は多く、打ち合いになると不利な相手が多い。
総じて数値の割に単純なアタッカーとしての運用が難しいポケモン。

一方、搦め手に目を向けるとニードルガード、ふいうち、カウンター、みちづれといった読みあいを制することで有効に働くものが多い。
耐久は低いとはいえ一度は半減読みの繰り出しもできなくはなく、総じてあくタイプらしいトリッキーな性質を持つ。
持ち物についても、低耐久をカバーするタスキの他、多耐性を活かし繰り出し狙いの火力増強アイテムなど、選択肢の幅は意外と広い。
同複合のダーテングとは火力・素早さ・特性・習得技、全てにおいて性質が異なり差別化意識は必要ないだろう。

BDSPでは久々にタネマシンガンを習得。条件つきだがあく最大火力を発揮できるダメおしも獲得した。
めざめるパワーとくさぶえは廃止。ばかぢからを失い、かくとう技は癖の強い技に頼ることに。



特性考察 節を編集

すながくれ
きあいのタスキを砂嵐で潰されないことが最大の利点。
一方で攻撃を喰らう事が前提である、カウンターやみちづれとの相性は悪いので注意。
耐久が低いため回避上昇はおまけ程度のものだが、行動回数を増やせる可能性はある。
特性発動時にひかりのこなを持たせておけば命中率100%の技も72%にまで下がる。
ちょすい
隠れ特性。みず技を無効化し体力の4分の1を回復できるが、元々タイプ相性で半減。
水タイプの多くが持っているサブウェポンの氷技に弱く、鈍足低耐久ゆえ上手く水技読みで無償降臨できても対処されやすい。
C無振りスイクンのれいとうビームですらH振りノクタスは確2になるため、この特性を持ってしても対処できない水ポケモンは多数存在することがネック。
一方、ねっとうの火傷やたきのぼりの怯みをダメージごと無効化したり、アクアジェットに怯えずにふいうちを使えることは大きなメリットとなる。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
ふいうち70(105)100優先度+1タイプ一致技。読みが要るが高威力の先制技。
唯一の先制技でもあり、鈍足を補うためにもほぼ必須。
しっぺがえし50(75)/
100(150)
100-タイプ一致技。後攻なら威力倍増。鈍足との相性はよい。
ダメおし60(90)/
120(180)
100-条件を達成できれば最高火力。どちらかと言うとダブル向き。
タネばくだん80(120)100-タイプ一致技。性能安定。
どくづき80100毒30%対草・フェアリー。毒で火力補強も狙える。
ばかぢから120100攻撃・防御↓対悪・鋼。能力低下が痛い。両刀・撃ち逃げ向き。
けたぐり20~120100-対悪・鋼。威力変動には注意。
きあいパンチ150100優先度-3ふいうちのイメージを逆利用。おにびに注意。教え技。
ミサイルばり25*2~595-対草・悪。威力不安定。
カウンター-100優先度-5物理技を倍返し。タスキとあわせて。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
ソーラービーム120(180)100溜め攻撃タイプ一致技。晴れで使えば文句はないが、
砂嵐時は溜めが必要な上に威力60になってしまう。
エナジーボール90(135)100特防↓10%タイプ一致技。性能安定。リーフストームは覚えない。
ギガドレイン75(112)100HP吸収タイプ一致技。回復効果付きだが、耐久型は厳しい。
くさむすび20(30)~120(180)100-タイプ一致技。威力不安定。
スイクンカバルドンにはエナジーボールより高威力。
あくのはどう80(120)100怯み20%タイプ一致技。怯みは狙いにくい。
きあいだま12070特防↓10%対悪・鋼。高威力・命中不安。
ゲップ12090-対草・フェアリー。きのみ消費の条件付き。
変化技タイプ命中備考
つるぎのまい-攻撃を一気に強化。物理型の決定力向上に。
わるだくみ-特攻を一気に強化。特殊型の決定力向上に。
せいちょう-攻撃と特攻を強化。晴れならどちらも二段階向上。
みちづれ-苦手なアタッカーを道連れに。連発で必ず失敗する。
すりかえ100こだわりアイテムとあわせて。
かなしばり100相手の技を封じる。
やどりぎのタネ90削り技兼回復技。草以外の相手には刺さる。
わたほうし100相手の素早さ半減。みちづれとあわせて。草やぼうじんには無効。
フラフラダンス100妨害技。ダブルでは周囲全体対象。
ニードルガード-接触技対策。まもるの上位互換。
こうごうせい-回復技。天候変化に注意。

型考察 節を編集

すながくれ型 節を編集

特性:すながくれ
性格:やんちゃ/うっかりや/ゆうかん/れいせい
努力値:ACS調整
持ち物:きあいのタスキ/ひかりのこな
確定技:ふいうち
物理技:タネばくだん/しっぺがえし/きあいパンチ/ばかぢからorけたぐり/どくづき/カウンター
特殊技:くさむすびorエナジーボールorギガドレイン/あくのはどう/きあいだま
変化技:つるぎのまいorわるだくみ/ニードルガード/やどりぎのタネ/みちづれ/すなあらし

特性をすながくれにすることで、砂嵐できあいのタスキを潰されなくなる。
この特性最大のメリットであり、余程の事がない限りきあいのタスキで決まりだろう。

一応、半減・無効7つで耐久向けの技も揃っているが、元々耐久向きの種族値ではないので特性を積極利用する必要性は薄い。
相手の砂パに対してタスキを温存して確実な役割遂行を狙ったり、偶発的な特性発動で回避を狙えれば恩恵としては十分と言える。

耐久が低く弱点を突かれやすいので両刀の場合はAC252でもよい。ふいうちがあるので低いSもある程度はカバーできる。
素早さ調整する場合はS4振りバンギラス抜きのS60振り、S4振りハッサム抜きのS92振りなどを目安に。

ニードルガードは相手のきあいのタスキ潰しに使える。
またノクタスより速い接触先制技持ちも多いためごまかしに使うことも。

ちょすい型 節を編集

特性:ちょすい
性格:いじっぱり/ひかえめ/おくびょう/ようき/さみしがりなど
努力値:AorC252 S調整
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/こだわりハチマキ/こだわりスカーフ/とつげきチョッキ
確定技:タネばくだんorタネマシンガンorエナジーボールorギガドレイン
物理技:ふいうち/ばかぢから/カウンター
特殊技:あくのはどう/きあいだま
変化技:みちづれ/ニードルガード/やどりぎのタネ/みがわり

特性のちょすいで水無効、一致草技で水タイプの弱点を突けることを活かす型。
ただし、元々の耐久種族値が低すぎるため、D振りやチョッキを持たせてもサブのれいとうビームなどで容易に確1~確2圏内に入ってしまう。
下手に火力を削って耐久に振るよりも、他の型同様きあいのタスキなどで行動回数を補ったほうが無難である。

物理ベースならふいうちが使いやすくなり、特殊ベースならギガドレインで粘れる様になる。
どちらも一長一短なので役割を決めて火力調整を。

素早さ調整は前述のS4振りバンギラス抜き調整でもS4振りエンペルトラグラージを抜けるため、最低でもこのくらいは振っておきたい。
S92振りでもS4振りシャワーズなどの65族を抜ける。

みちづれきあいパンチ型 節を編集

特性:すながくれ/ちょすい
性格:いじっぱり/ゆうかん
努力値:HA252
持ち物:きあいのタスキ
確定技:ふいうち/きあいパンチ/みちづれ
選択技:カウンター/つるぎのまい/やどりぎのタネ/ニードルガード

鈍足なのでみちづれ自体は決まりにくいが、攻撃を躊躇させられる点を活かした型。
きあいのタスキで耐えて後攻でみちづれを使い、攻撃技を避けつつきあいパンチ→先制ふいうち。
悪タイプのためゴーストを呼びづらく、通常のノクタスが苦手とする先制技に強いのがポイント。


対ノクタス 節を編集

注意すべき点
攻撃・特攻ともに高水準。特にふいうちはタイプ一致も相まって強力。
カウンターやみちづれで強引に落とされることも。
すながくれなら砂パに強く、ちょすいなら水に強い。
対策方法
ニードルガードとカウンターを覚えるので、接触攻撃を使う際には注意したい。
きあいのタスキを潰すステルスロックや霰、ふいうち対策のおにび、先制技、みがわりなどが有効。
ちょうはつを覚えない為、補助技があれば様子を見やすい。