キマワリ - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

キマワリ 節を編集

No.192 タイプ:くさ
通常特性:ようりょくそ (晴れの時に素早さが2倍になる)
     サンパワー (晴れの時に特攻が1.5倍になるが、ターン終了時にHPが1/8減少する)
隠れ特性:はやおき (眠りの継続ターンが半分になる)
体重  :8.5kg (けたぐり・くさむすびの威力20)
単草特殊アタッカーHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
キマワリ7575551058530425ようりょくそ/サンパワー/はやおき
183503サンパワー発動時の実質種族値(努力値極振り+補正有り)
キレイハナ7580859010050480ようりょくそ/いやしのこころ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/こおり/どく/ひこう/むし
いまひとつ(1/2)みず/でんき/くさ/じめん
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

種族値的にはこれといって目立った点はないが、サンパワーにより晴れ下限定の超火力を発揮できる単くさタイプ。
鈍足はトリックルームでは長所に化け、構築難易度は高いもののサポートに成功すれば太陽神と呼称されるほどの戦闘能力を叩き出す。

逆に言うと、選出画面に見えた時点で相手はそれを警戒する。
ひでり持ちにトリックルームの習得者は存在しないため、シングルだと二枠をキマワリの支援に回すことに。
行動回数が増え、晴れ+トリックルームを両立させやすいダブルの方が運用難易度は低いといえる。
ただし、同時にまもるの搭載率が高い環境なので時間稼ぎされやすい点には注意。相方にフェイントを搭載するのも選択肢。

地味にサポート技も豊富なので、エースと見せかけてサポートに回るという運用も出来なくは無い。
また最速ようりょくそで112族と同速になり、こちらは晴れだけでサポートが終わるので完成が早い。
前述のコンボ以外にも、想定するメタに合わせて柔軟に運用を変化させる意識が重要なポケモン。

BDSPではめざめるパワーが廃止、だいちのちからが剥奪と凄まじい逆風にさらされる羽目に。
攻撃手段は通りの悪い一致技に頼るしかなくなり、サブウェポンはノーマルどくしか残っていない。
条件を整えた際の火力は半減ですら痛烈という長所は変わりないが、サポートをつけてまで運用するかは熟考が必要。
逆に言うと、サポーターやようりょくそでの運用に意味が生じやすくなったともいえる。
ただしトリックルーム下でのおさきにどうぞも失っている点には注意。



特性考察 節を編集

ようりょくそ
最速で112族と同速(S無振りの場合は無振り80族と同速)。
抜ける範囲では他のようりょくそ持ちに劣るものの、
トリックルームを使用せずとも上を取れる範囲が広がる点は優秀。
他のようりょくそ持ちともだいちのちからの有無で差別化は可能。
サンパワー
草タイプでは数少ない特性。晴れの時にターン終了毎にHPが削れる代わりに特攻1.5倍。
サンパワー+C特化で種族値183相当になり、類まれな超火力を得る。
ただし運用にはようりょくそ型以上にサポートが必要であり、構築難易度が非常に高い。
とはいえ、あえてキマワリを採用する以上は最大限キマワリを活かせるこの特性を選択していきたいところ。
はやおき
隠れ特性。眠り状態から素早く起きることができるが、眠り粉・キノコのほうしは元々無効。
当然ながらはやおき+ねむるによる耐久型を狙えるような耐性・耐久数値でもない。
キマワリの運用コンセプトと何一つ噛み合っていないため候補外。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
ソーラービーム120(180)100-晴れ型でのメインウェポン。
リーフストーム130(195)90特攻↓↓高火力だが連発には向かない。
エナジーボール90(135)100特防↓10%晴れ以外でも安定した一致技。
ギガドレイン75(112)100HP吸収1/2威力は低いが回復効果が優秀。耐久振りで。
だいちのちから90100特防↓10%教え技。炎・鋼・毒に有効で相性がよい。USUM教え技。
ヘドロばくだん90100毒30%対草タイプ。フェアリーにも有効。
しぜんのちから---サブウェポンが少ないので候補。フィールドによって多様なサブウェポンになる。
通常時はトライアタックが発動。GF下でエナジーボールに変化。
がむしゃら-100-きあいのタスキと合わせて。
変化技タイプ命中備考
アンコール100相手の補助技を縛れるとおいしい。
やどりぎのタネ90耐久ポケモン対策、サポートに。
ひかりのかべ-特殊ならそこそこ受けられるか。
にほんばれ-積み技感覚で使えなくもない。
せいちょう-晴れ下では強力な積み技だが、積んでいる暇はあまりない。
あさのひざし-晴れ下では強力な回復技だが、耐久型としての運用は難しい。
グラスフィールド-草技の補強と回復に。

型考察 節を編集

サンパワー型 節を編集

特性:サンパワー
性格:れいせいorひかえめ
努力値:HC252
持ち物:こだわりメガネ/いのちのたま/各種Zクリスタル
確定技:ソーラービーム
選択攻撃技:リーフストーム/ヘドロばくだん/だいちのちから/めざめるパワー(炎/氷/岩)/がむしゃら/はかいこうせん

晴れとトリックルームの両立が条件。通称太陽神。
見せ合いで手持ちにキマワリがいる時点で大抵勘付かれる。
決まったときは強いが相手にまもるやみきりなどでターンを稼がれるとそれだけでキツい。
きあいのタスキやがんじょうで耐えられても辛いので始動役にステルスロックも撒いてもらえればベスト。

持ち物はZクリスタルもあり。C特化+サンパワー発動中で
Zソーラービームで無振りランドロス?を確1。なおZワザ化していないソーラービームだと確2。
Zだいちのちからで無振りメガメタグロスを確1。
Zだいちのちから+だいちのちからでH振りギルガルド?は確殺。もしくはいのちのたま+だいちのちからで確2。
Zヘドロばくだんで無振りカプ・テテフ?を確1。

トリックルーム始動役候補

基本的に「トリックルーム+にほんばれ+退場技」を構成可能なポケモンが条件

ドータクン
言わずと知れた始動役。
多くの耐性と安定した耐久を持つ。ふゆうたいねつの2択。
ステルスロック撒きも兼ねる事ができ、だいばくはつで自主退場可能。
ヨノワールサマヨール
少ない弱点と高耐久。ヨノワールだと殴りにもいける。
おきみやげ、のろい(みちづれ)で自主退場可能。
ネイティオ
耐久は心許ないが、マジックミラーによりちょうはつで妨害されない。
とんぼがえりで撤退可能。
エルレイド
アタッカー気質なため警戒されにくい。インファイトによる高火力も。
アンコール。おきみやげ(みちづれ)で自主退場可能。キマワリ共々ファイアローには弱い。
ネンドール
ドータクンと似ているが弱点多数、半端な素早さで安定しない。
格闘耐性、地面無効・炎等倍。ステルスロック撒きを兼ね、だいばくはつで自主退場可能。
ソルロック
ネンドールと同じく弱点の多さが気がかり。他の始動役より特防が低い。半端な素早さで安定しない。
格闘は等倍だが、地面無効・炎半減。ファイアロー?を後出しで流せる。おにびによる妨害も。
ステルスロック撒きを兼ね、だいばくはつで自主退場可能。
メレシー?
高耐久かつドラゴン耐性+特性がんじょう。
攻撃性能は最低クラスだが、ファイアローに強い。
ステルスロック撒きを兼ね、だいばくはつで自主退場可能。
キリンリキ
サイコフィールドで更なるサポートが可能。バトンタッチで自主退場。能力アップを引き継ぐには技スぺが足りない。

ようりょくそ型 節を編集

特性:ようりょくそ
性格:おくびょう
努力値:特攻252 素早さ252
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま
確定技:リーフストームorソーラービーム/アンコール/だいちのちから
選択攻撃技:がむしゃら/ヘドロばくだん/めざめるパワー(炎/氷/岩)
選択補助技:にほんばれ/せいちょう

ようりょくそ発動で最速112組と同速になる。
晴れていればすぐ動けるので使いやすいが、足が遅く単タイプなため他のようりょくそアタッカーと比べるとやや不便。
アンコールは便利だが一致毒技も持つウツボットの存在が気になり、単純な決定力ではモジャンボナッシー等に劣りがち。
アンコールとだいちのちからの両立がキーとなり、これらを抜くのであればようりょくそアタッカーは素直に他のポケモンに任せた方がよい。


対キマワリ 節を編集

注意すべき点
晴れ下でトリックルームを使用されると非常に危険。
一致溜めなしソーラービームのほか、サブにだいちのちからやヘドロばくだんがあり、
草の特殊アタッカーの中では攻撃範囲が広く止まりにくい。
晴れで威力の上がるめざ炎を所持している場合も多い。
ようりょくそを活かしサンパワー偽装で起点役として行動することも。
対策方法
まず、PTにキマワリがいたら晴れ+トリックルームを警戒。
始動役は先発が多いので、ちょうはつで対応。晴れ+トリックルームを成立させなければさほど怖くない。
ソーラービームとサンパワーに火力を大きく依存しているので、天候を変えてしまえば大幅に弱体化する。
トリックルーム下でも攻撃を耐えてしまえば単草タイプなので弱点を突くことは容易。ナットレイ?などでトリックルームにタダ乗りする方法もある。