ピカチュウ - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ピカチュウ 節を編集

No.025 タイプ:でんき
通常特性:せいでんき(接触技を受けたとき、3割の確率で相手をまひ状態にする)
隠れ特性:ひらいしん(でんきタイプの技を受けた時、その技を無効化し特攻を1段階上げる。
           ダブルバトルで、自分以外のポケモンが使った単体対象のでんきタイプの技の攻撃対象を自分にする。)
体重  :6.0kg(けたぐり・くさむすびの威力20)
専用道具:でんきだま(攻撃・特攻が2倍になる)
能力比HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値備考
ピカチュウ355540505090320せいでんき/ひらいしん
162152529でんきだま・無補正AC振り仮定
ライチュウ6090559080110485せいでんき/ひらいしん

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)じめん
いまひとつ(1/2)でんき/ひこう/はがね
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

特性ひらいしんの場合、でんき無効


初代からおなじみの単でんきポケモン。
専用道具でんきだまにより、進化後であるライチュウの約1.5倍ほども火力が出る。
ただし耐久力は進化前ポケモンの水準、素早さも激戦区に届かない数値であり、持ち物が固定される制約の中で行動機会をいかに確保できるかが課題となる。
ダブルでは特性ひらいしんやアンコール・ねこだましなどの豊富な搦め手を用いたサポートが可能。
ライチュウとは火力とスピードでトレードオフの関係にあり、どちらを採用するかはパーティとの相談になる。

BDSPにおいてもボルテッカーはでんきだまを用いた孵化の手順が必要となり、遺伝技とは扱いが違うので後天的には覚えられないことに注意。

チャージビーム・きあいパンチ・いばるを再習得。
ワイルドボルト・じゃれつく・メガトンキック・ちきゅうなげ・ライジングボルト・エレキネット・ドレインキッス・どくどく・てだすけは現在習得手段なし。
物理型のサブウエポンに有用なじゃれつくを失っているのは辛いところ。



特性考察 節を編集

せいでんき
通常特性。接触技を使われた際に30%の確率で麻痺を入れられる。
相手を弱体化させられる可能性があるとはいえ、低耐久かつ持ち物固定のピカチュウでは試行回数を稼げず、発動は期待しにくい。
ひらいしん
隠れ特性。電気技に無償降臨できる。アンコールと相性が良い。特殊型ならC上昇も活かせる。
ダブルでは水・飛行タイプと組んでサポートしたり、ほうでん持ちと組んで能動的に発動したりと用途が広い。
かたやぶり持ちの電気技は引き寄せも無効化もできないが、両立するポケモンはさほど多くない。

技考察 節を編集

ライチュウと異なり、きあいだまを覚えない点に注意。

物理技タイプ威力命中追加効果備考
ボルテッカー120(180)100麻痺10%
反動1/3
タイプ一致技。反動が痛い。
ほっぺすりすり20(30)100麻痺100%タイプ一致技。攻撃しつつ麻痺撒き。サポート用。
アイアンテール10075防御↓30%草/フェアリーやユキノオーに。命中不安。
かわらわり75100壁破壊電気/鋼や草/鋼に。壁構築に強くなる。
ねこだまし40100優先度+3
怯み100%
タスキ潰しや、ダブルでのコンボ崩しに。
フェイント30100優先度+2タスキ潰しや、ダブルでのまもる解除に。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
10まんボルト90(135)100麻痺10%タイプ一致技。中威力・命中安定。
かみなり110(165)70麻痺30%タイプ一致技。高威力・命中不安。
ボルトチェンジ70(105)100自分交代タイプ一致技。攻撃しつつ撤退。交代読みで。
くさむすび20~120100-対地面。威力は相手の体重依存なので不安定。
なみのり90100-対地面。ダブルでは周囲全体攻撃。
変化技タイプ命中備考
アンコール100妨害技。ひらいしんやみがわりとあわせて。
みがわり-交代読みや、アンコールとあわせて。
でんじは90妨害技。電気や地面、ひらいしんなどには無効。
リフレクター-サポート用。味方の防御を強化。
ひかりのかべ-サポート用。味方の特防を強化。
あまえる100物理型対策。あまのじゃくやまけんきに注意。
わるだくみ-特攻を強化。積む隙は少ない。

型考察 節を編集

でんきだまアタッカー型 節を編集

特性:ひらいしん
性格:ようき/おくびょう/せっかち/むじゃき
努力値:S252 AorC252
持ち物:でんきだま
確定技:ボルテッカーor10まんボルトorかみなり
物理技:かわらわり/アイアンテール/ねこだましorフェイント
特殊技:ボルトチェンジ/くさむすび/なみのり
補助技:アンコール/みがわり/でんじは/こうそくいどう/わるだくみ

でんきだまを持たせた基本的な型。
特性は無効耐性を獲得できるひらいしんを優先したい。

準専用技ボルテッカーの火力は侮れない。
無補正A振りでH振りバンギラスヒードランを確2にできる。
ただ、いかにして攻撃機会を得るかが問題。タスキやスカーフに頼れないため、ひらいしんやアンコールの活用、味方によるサポートは必須となる。

両刀の場合、性格はせっかちやむじゃきも候補。
むじゃきなら先制技に強く、A特化マリルリのアクアジェットあたりは耐えて反撃できる。

【ダブル】サポート兼アタッカー型 節を編集

特性:ひらいしん
性格:ひかえめorいじっぱりorようき
努力値:CS252orAS252
持ち物:でんきだま
確定技:ねこだまし/かみなりorボルテッカーor10まんボルト
選択技:くさむすび/ボルトチェンジ/かわらわり/ほっぺすりすり/フェイント/まもる

ひらいしんとねこだましで相方の展開をサポート。火力の差がライチュウとの差別化点。
単に火力が高いだけでなく、相手の攻撃を誘えるので相方が動きやすくなるといった利点もある。

おいかぜ持ちの飛行タイプ、特にペリッパーと相性が良い。
ひらいしんで電気技、ねこだましで相手の動きを封じつつ雨とおいかぜを始動でき、自身はかみなり、ペリッパーはぼうふうを上から必中で撃てる。

雨パでの運用の場合かみなり・ひらいしんのシナジーから特殊型での運用が基本となるが、雨パでない場合威嚇込みボルテッカーは10まんボルトより少し下程度の火力は出るため物理型が選択肢に入る。


対ピカチュウ 節を編集

注意すべき点
でんきだま+ボルテッカーの火力は物理電気随一。Cも強化されるため、地面タイプもくさむすびやなみのりで痛手を負う。
ねこだましやアンコール、ひらいしんを駆使した立ち回りも厄介。
対策方法
でんきだまにより火力は高いが、進化前ゆえに耐久はライチュウより低い。並のアタッカーなら一致等倍技で確1。
S90より速いポケモンや高威力の先制技持ちなら、行動機会を与えずに倒せる。