マスキッパ - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

マスキッパ 節を編集

No.455 タイプ:くさ
特性:ふゆう(地面タイプの技を受けない)
体重:27.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
鈍足両刀単草HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
マスキッパ7410072907246454ふゆう
モジャンボ1001001251105050535ようりょくそ/リーフガード/さいせいりょく

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/こおり/どく/ひこう/むし
いまひとつ(1/2)みず/でんき/くさ/じめん
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

特性「ふゆう」により、じめん無効


攻撃が高めの単くさタイプ。特性は異なるものの、種族値だけ見ればほぼモジャンボの劣化。

一応ふゆうで独自の耐性を得られるとはいえ、じめんは元々半減。
モジャンボの耐久であればじしんは然程痛くなく、恩恵は実質的にだいちのちからピンポイント読みの交代が可能という程度。
フィールド特性の所有者が不在、ダイマックスの廃止でフィールド効果を受けられないデメリットはほぼ無視できるようになった。

BDSPにおいてはモジャンボが失ったこうごうせいを、マスキッパは遺伝技で引き続き習得可能。
耐性が貧弱な単くさではあるが、たくわえると組み合わせて居座る耐久型としての運用ができる。
第七世代まで数少ない差別化要素であったアシッドボムも引き続き習得し、差別化については過去作よりも大分マシになったといえる。

失った技はむしくい、はたきおとす、いえき、どくどく、まとわりつく辺りが目に付くか。
前述した耐久型向けの技が剥奪傾向にあるものの、個性に繋がる技はいえき程度。
元々種族値は不足気味程度で運用不能なレベルではないので、マスキッパ単体で見れば悪くない環境ではあるだろう。



特性考察 節を編集

ふゆう
隠れ特性はなくこれのみ。
耐性で元々地面は半減なうえに、各種フィールドの恩恵が受けられない。
一応、物理耐久は高くないので半減と無効の差はそれなりにあるが、その点を加味してもミスマッチと言える。
耐久型の場合じわれが効かないという点はメリットだが、そのじわれ自体も一撃技の中では採用率は低めである。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
パワーウィップ120(180)85-タイプ一致技。高威力・命中不安。
タネばくだん80(120)100-タイプ一致技。中威力・命中安定。
タネマシンガン25(37)*2~5100-タイプ一致技。威力不安定だが、タスキやみがわりに強い。
5発ならパワーウィップを超えるが期待値は3発。
かみくだく80100防御↓20%一貫性は高い。A特化で無振りゲンガーを中乱1(62%)。
じごくづき80100音技封印かみくだくと同威力。ほろびのうたやほえるを重く見るなら。USUM教え技。
はたきおとす65/97100道具排除追加効果が優秀。USUM教え技。
むしくい60100きのみ奪取対草。アッキやタラプ、オボン持ちに撃てればおいしい。USUM教え技。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
エナジーボール90(135)100特防↓10%タイプ一致技。性能安定。
ギガドレイン75(112)100HP吸収タイプ一致技。回復効果付き。
くさむすび20~120
(30~180)
100-タイプ一致技。威力不安定。100.1kg以上ならエナジーボール超え。
ヘドロばくだん90100毒30%対草。毒で火力補強も狙える。
アシッドボム40100特防↓↓100%対草。火力補強目当てで。
まとわりつく20100拘束ダメしめつけバンドとあわせて。第7世代技マシン。
変化技タイプ命中備考
ねむりごな75起点作りに。草やぼうじんには無効。
しびれごな75妨害技。電気や草に無効だが、地面には有効。
やどりぎのタネ90削り技兼回復技。草以外の相手には刺さる。
つるぎのまい-攻撃を強化。全抜きを狙うなら素早さ補強も欲しい。
たくわえる-防御・特防を補強。3回まで。
こうごうせい-回復技。天候変化に注意。
いかりのこな-ダブル用。優先度+2ですべての技を自分が受ける。粉技なので草タイプには無効。
きりばらい-ステルスロックや壁の解除に。USUM教え技。

型考察 節を編集

物理型 節を編集

性格:いじっぱりorゆうかん
努力値:A252 耐久調整
持ち物:こだわりハチマキ/Zクリスタル/とつげきチョッキなど
確定技:パワーウィップorタネばくだんorタネマシンガン
優先技:かみくだく/むしくい
攻撃技:はたきおとす/おんがえし/めざめるパワー(炎)
補助技:つるぎのまい/ねむりごな/しびれごな/やどりぎのタネ/みがわり/いえき

モジャンボの劣化だが、あえて使うならかみくだく、むしくいをいれたい。
草技はパワーウィップ推奨。タネばくだんではリーフィアラランテス?に劣る。
耐久はほぼ劣化のため差別化には使えない。

耐久型 節を編集

性格:ずぶとい/おだやか
努力値:HBorD252
持ち物:たべのこし
確定技:まとわりつく
攻撃技:ギガドレインorエナジーボール/めざめるパワー(炎)
補助技:こうごうせい/ねむりごな/しびれごな/やどりぎのタネ/たくわえる/みがわり/いえき

有利な相手を拘束し、やどりぎのタネやたくわえる、ギガドレインで粘る。
モジャンボでも同様の型が作れる上に数値上はほぼ上位互換。何らかの差別化を考えたい。
高耐久の草タイプとしてはメガフシギバナ等も壁となる。
こちらは差別化としてまとわりつくが有用だが、耐久数値には圧倒的な隔たりがある。

物理耐久指数
ポケモン無振全振
マスキッパ1370824616
メガフシギバナ2216535904
モジャンボ2537540158
特殊耐久指数
ポケモン無振全振
マスキッパ1370824616
メガフシギバナ2170035343
モジャンボ1225023184

物理特化ではたくわえる1回で素のモジャンボに届かず、2回積んでようやく約1.4倍となる。
特殊特化はモジャンボとほぼ同等だが、メガフシギバナは同じく約1.4倍の指数。
この指数の割合はおおよそ「確定2発のダメージが確定3発になる」ことに相当し、
言い換えればモジャンボに行動回数で勝るために2回、メガフシギバナと並ぶために1回の行動が必要であることになる。
たくわえるは役割遂行のための最低限の耐久を確保するものと考え、ここ以外での差別化を考えるべきだろう。


対マスキッパ 節を編集

注意すべき点
攻撃・特攻共に高めで型が読みにくい。草技の他にかみくだく・はたきおとす等の悪技も覚える。
ねむりごな、やどりぎのタネでの妨害や、つるぎのまい、たくわえる等の積み技も厄介。
ふゆうにより地面技(特にじわれ)やどくびし、ねばねばネットが効かない。
対策方法
鈍足なため上を取りやすい。
草単タイプゆえ弱点も多く、耐久も高くなく不一致弱点でも対処可能。
まとわりつくを中心とする耐久型にもちょうはつで対応できる。

遺伝 節を編集

タマゴグループ植物?
孵化歩数6400歩
性別♂:♀=1:1

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
アシッドボム地下大洞窟マダツボミ/ウツドン
いかりのこなレベルパラセクト系統/ワタッコ系統
こうごうせいレベルフシギバナ系統/ナッシー系統/メガニウム系統/ワタッコ系統/キマワリ系統/
ダーテング系統/ロゼリア/トロピウス/ドダイトス系統/ロズレイド
しびれごなレベルラフレシア系統/パラセクト系統/ウツボット系統/キレイハナ/
ワタッコ系統/キノガッサ系統/ロゼリア/ロズレイド/モジャンボ系統
たたきつけるレベルウツボット系統/モジャンボ系統
ねむりごなレベルフシギバナ系統/ラフレシア系統/ウツボット系統/キレイハナ/
ワタッコ系統/モジャンボ系統
なやみのタネレベルフシギバナ系統/ナッシー系統/ワタッコ系統/キマワリ系統/キノガッサ系統/ロゼリア/ロズレイド/チェリム系統
はっぱカッターレベルフシギバナ系統/ウツボット系統/メガニウム系統/キマワリ系統/コノハナ/ダーテング/トロピウス/
ドダイトス系統/ユキノオー系統
マジカルリーフレベルメガニウム系統/ロゼリア/トロピウス/ロズレイド/チェリム系統
やどりぎのタネレベルフシギバナ系統/ナッシー系統/ワタッコ系統/キマワリ系統/キノガッサ系統/ロゼリア/ノクタス系統/
ドダイトス系統/チェリム系統