オーダイル - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

オーダイル 節を編集

No.160 タイプ:みず
通常特性:げきりゅう(HPが残り1/3以下になると、みずタイプの技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:ちからずく(追加効果がある技の追加効果が無くなり威力が1.3倍になる)
体重:88.8kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
物理水HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値備考
オーダイル85105100798378530げきりゅう/ちからずく
(152)(118)(616)252振り+ちからずく換算
ギャラドス95125796010081540いかく/じしんかじょう
マリルリ100(152)80608050(522)(252振り+ちからもち換算)
あついしぼう/ちからもち/そうしょく

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)でんき/くさ
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/こおり/はがね
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

第2世代の水御三家。攻撃と防御が高めで弱点の少なさもあって安定した耐久力が持ち味。
Sも高くはないが最速+りゅうのまいで130族を抜ける程度にはあり、耐久の高さもあって一発耐えつつ積みやすい。
水技の補完になるサブウェポンも最低限覚え火力補強のできる特性もあるため、アタッカーとしての素質は十分と言える。

ただしギャラドスマリルリといった環境上位の水複合と比べると、それらのほうが耐性豊富でサイクル戦適性が有る。
前者は「いかく」による耐久補強、後者は「ちからもち」による火力補強といった独自の個性もある。
オーダイルを起用する場合、両者が同時に覚えられない技をメインにした技構成を考えるとよいだろう。

特殊技も特性適用対象技が多く、C種族値の差によりそれらとの差別化も容易なため、特殊アタッカー型も十分あり。

アクアブレイクが前世代限定となっており、物理型の最大火力がわずかに落ちてしまった。
とはいえ、サブウェポンのほとんどは没収されていない。全体的な火力のデフレもあり、今までのやり方で十分戦っていける。
マリルリのれいとうパンチも過去作限定なので、差別化はより容易になった。



特性考察 節を編集

げきりゅう
通常特性。HP1/3以下で水技の威力1.5倍。
上昇幅は魅力だがSが半端なため、先手みがわりなどで能動的な発動を狙うのは難しい。
とはいえ耐久が安定しているため、うまく発動圏内で耐えることは多い。
ちからずく
隠れ特性。適用対象の習得技が多く、げきりゅうと違って能動的に火力補強しやすい。
A・C種族値ともに数値不足なため、この特性込みでの火力が運用の前提となる。

技考察 節を編集

「ギャラドス」「マリルリ」の項の「△」は過去作限定。

物理技タイプ威力命中追加効果備考ギャラドスマリルリ
通常激流力ずく
たきのぼり80(120)180156100怯み20%タイプ一致かつちからずく対象技。
アクアジェット40(60)90-100優先度+1タマゴ技。げきりゅうと相性がよい先制技。×
れいとうパンチ75-97100凍り10%タマゴ技。ちからずく対象技。
草・ドラゴンに抜群を取れるため水と相性がよい。
×
ばかぢから120--100攻撃・防御↓高威力・広範囲だが積み技とは相性が悪い。×
けたぐり~120--100-BDSPでレベル技に。威力は安定しないが居座りたい場合に。××
じしん100--100-水と範囲が被りがちだが、呼びやすい電気に有効。×
かみくだく80-104100防御↓20%ちからずく対象技。
水や草複合のエスパー・ゴーストに有効だが、火力はいまひとつ。
×
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
通常激流力ずく
ハイドロポンプ110(165)247-80-タイプ一致最大火力。命中不安。
ねっとう80(120)180156100火傷20%ちからずく前提。命中安定でハイドロポンプに迫る火力に。
れいとうビーム90-117100凍り10%ちからずく補正込みで役割破壊としては十分な火力になる。
きあいだま120-15670特防↓10%ちからずく補正込みで高威力サブとして優秀。命中不安。
りゅうのはどう85--100-水とドラゴンで等倍範囲は広めだが、特性の効果が乗らないため火力不足気味。
げんしのちから60-78100全能力↑10%ちからずく補正込みでも火力は控えめ。
変化技タイプ命中備考ギャラドスマリルリ
りゅうのまい-タマゴ技。攻撃と素早さを強化できる優秀な技。
補正有S188振りで最速130族抜き。
×
つるぎのまい-素早く火力を上げられる。アクアジェットがメインならこちらでも。××
こうそくいどう-素早さを二段階強化できる。無補正S20振りで最速130族抜き。
物理型ならりゅうのまいがあるので、特殊型向きか。
××
うそなき-タマゴ技。相手の特防を2段階下げられる。決定力強化に有用。×
みがわり-状態異常技回避で積みの機会を作ったり、げきりゅうの発動に。
ふるいたてる-唯一の特攻上昇技。
攻撃上昇もアクアジェットの火力サポートになる。
×

型考察 節を編集

りゅうのまい型 節を編集

性格:ようきorいじっぱり
特性:ちからずく
努力値:AS252 or AS252ベースで耐久調整
持ち物:いのちのたま/ラムのみ
確定技:たきのぼり/りゅうのまい
優先技:れいとうパンチ/ばかぢからorけたぐり
選択技:じしん/かみくだく/アクアジェット/みがわり

種族値と特性を活かしたオーソドックスなりゅうのまいアタッカー。
A252ちからずくたきのぼりはA252ギャラドスのたきのぼりを上回る。
追加効果が無くなるが、いのちのたまの反動も無視して攻撃できるため、非常に安定した一致技になる。

持ち物は火力を補ういのちのたまか、積み型にとって厄介な状態異常対策になるラムのみを推奨。
素の耐久が高いので、仮想敵によっては半減実を持たせなくても耐久調整だけで充分な場合も多い。
りゅうのまいを1回積むと最速でスカーフ準速90族を、準速で最速マニューラを抜ける。

物理型 節を編集

性格:いじっぱりorゆうかん
特性:ちからずくorげきりゅう
努力値:HAベースで調整
持ち物:いのちのたま/ラムのみ/オボンのみ/半減実
確定技:たきのぼり/アクアジェット
攻撃技:じしん/れいとうパンチorれいとうビーム/ばかぢから/かみくだく
補助技:つるぎのまい/みがわり

素早さを上げずに殴り勝つ型。弱点の少なさと高めの耐久、攻撃範囲の広さが売り。

H振りだけでいのちのたま持ちゴウカザルのくさむすびを耐える。ソクノのみを持たせればジバコイルをじしんで狩ることもできる。
いじっぱりA252で1回つるぎのまいを積むとすぶといB252シャワーズをじしんで確2にできる。

HPに252振りすると実数値が192になり16nかつ6nかつ4nになるため、オボンのみを持たせる場合以外244振りまでがよい。

型サンプル
技構成:アクアジェット/じしん/れいとうパンチ/つるぎのまい
じしんで電気や水ポケモンが苦手なエンペルトを牽制できるのは結構大きい。

特殊型 節を編集

性格:ひかえめorれいせい
特性:ちからずく
努力値:HCベースで調整
持ち物:いのちのたま/こだわりメガネ
確定技:ねっとう/れいとうビーム/きあいだま
選択攻撃技:アクアジェット/りゅうのはどう/げんしのちから
選択補助技:ふるいたてる/うそなき/こうそくいどう

やけどに強いため物理型より安定感がある。

特攻を強化する積み技がふるいたてるしかないのが難点。どうせ攻撃も上がるならアクアジェットも入れたいが技スペースが無い。
全抜きには向かないが、うそなきなら一気に下げられるのでそちらを採用するのも手か。

本作では高速アタッカーが少ないので、こうそくいどうを採用するなら素早さは無振りでも十分。


対オーダイル 節を編集

注意すべき点
高めの攻撃力をつるぎのまい、りゅうのまいで更に強化でき、それらと相性のよいアクアジェットも覚える。
耐久も並程度にあり、半端な攻撃では耐えられ、積むチャンスを与えてしまう。
特性がげきりゅうの場合、体力が減った所を上から倒そうとしても威力の上がった一致アクアジェットでかなりの痛手を負わされてしまう。
隠れ特性ちからずくの場合、サブウェポンのれいとうパンチやいわなだれが強化される。特殊技も適用技が多いため、物理型と決めてかかるのは危険。
対策方法
積みアタッカーが多く、状態異常に強くするためラムのみを持たせていることがあるため、うかつにおにび等を撃つのは危険。
オーダイルの一致技を無効にできるトリトドン等で受けよう。
くろいきり、てんねんで積み技を無効化してもいい。