ウソッキー - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ウソッキー 節を編集

No.185 タイプ:いわ
通常特性:がんじょう(一撃必殺技を受けない・HP満タン時に攻撃技でひんしになるダメージを受けても必ずHPが1残る)
     いしあたま(攻撃技の反動ダメージを受けない)
隠れ特性:びびり(ゴースト・虫・悪タイプの技を受けると素早さが1段階上がる)
体重  :38.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
がんじょう岩HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ウソッキー70100115306530410がんじょう/いしあたま/びびり
ゴローニャ80120130556545495いしあたま/がんじょう/すながくれ
一致諸刃HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ウソッキー70100115306530410がんじょう/いしあたま/びびり
ボスゴドラ70110180606050530がんじょう/いしあたま/ヘヴィメタル
ジーランス10090130456555485すいすい/いしあたま/がんじょう
ラムパルド9716560655058495かたやぶり/ちからずく

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)みず/くさ/かくとう/じめん/はがね
いまひとつ(1/2)ノーマル/ほのお/どく/ひこう
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

第二世代出身の単いわタイプのポケモン。
合計種族値は410と低いが、特攻・素早さが30と極端に低いのでステータスの無駄はない。
技も高火力・広範囲のものが揃っており、独特の範囲となかなかの攻撃性能を発揮できる。
さらに、がんじょうと先制技のふいうちで高いタイマン性能を持ち、鈍足多弱点という欠点も気になりづらい。
総じて与えられた個性同士がシナジーを生み、低種族値の割に代替の効きづらい性能を持つポケモン。

三色パンチやロックブラスト、ボディプレスはBDSPでは習得不可。

今作ではウソハチ限定の技が存在しないので、孵化にがんせきおこうは不要。



特性考察 節を編集

がんじょう
低い特殊耐久をきあいのタスキ無しで補える。一撃必殺が効かないのも大きい。
反動技との相性は悪いものの、最も堅実で汎用性が高い選択肢。
行動保証のお陰でピンチ系きのみなど、持ち物を活かした戦術も取りやすい。
当然、かたやぶりや連続技には貫通されるため注意。
いしあたま
もろはのずつきとウッドハンマーを無反動で使える。
かなり鈍足で行動機会を得るのが難しく、何らかのサポートは必須。
びびり
隠れ特性。発動条件が限られる上、素がかなりの鈍足であるため恩恵も感じにくい。
そもそもがんじょうを活かしてロックカットを積む方が確実であり、基本的に候補外。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
もろはのずつき150(225)80反動1/2いしあたまのメインウェポン。
ストーンエッジ100(150)80急所ランク+1命中はやや不安だが高威力なメインウェポン。
いわなだれ75(112)90怯み30%威力は低いが命中を重視するなら。
ロックブラスト25(37)*2~590-威力不安定だがタスキやみがわりに強い。
5発でストーンエッジの威力を超えるが期待値は3発。剣盾技マシン。
じしん100100-鋼対策。安定したサブウェポン。
アームハンマー10090素早さ↓鋼・バンギラス対策。元々遅いので素早さダウンは気にならない。
きあいパンチ150100優先度-3決まれば高威力。相手にふいうちとの選択を迫る。
けたぐり20~120100-デメリットは無いが威力不定。
ボディプレス80100-剣盾技レコード。鋼対策。自身の防御力でダメージを計算する。命中安定。
ウッドハンマー120100反動1/3地面・水対策。がんじょうとの相性は悪いがいしあたまなら反動なしで使える。
れいとうパンチ75100凍り10%剣盾技マシン。ガブリアスグライオンに。
ほのおのパンチ75100火傷10%剣盾技マシン。ハッサムドータクンに。
かみなりパンチ75100凍り10%剣盾技マシン。ギャラドスエアームドに。
ふいうち70100優先度+1唯一の先制技。ロックカット型以外ではほぼ必須。
だいばくはつ250100自分瀕死ロックカット型やトリパでの散り際に。
カウンター-100優先度-5がんじょうと合わせて格闘や地面タイプに反撃できる。
じたばた20~200100-がんじょうで耐えて大ダメージ。
変化技タイプ命中備考
ロックカット-最速で積めば112族と同速になる。
ちょうはつ100耐久型への対策として。
のろい-タマゴ技。物理面を強化できるが、弱点が多く居座りは難しい。
みがわり-様子見に。
ステルスロック-サイクルで負荷を与える設置技。
タスキつぶしのふいうちもあるので交代読み・起点作りに使いやすい。

型考察 節を編集

がんじょう型 節を編集

特性:がんじょう
性格:ゆうかん/いじっぱり
努力値:AS252orHA252
持ち物:たつじんのおび/せんせいのツメ/こだわりハチマキ/ラムのみ/オボンのみ/イバンのみ
確定技:ストーンエッジorロックブラスト/ふいうち
攻撃技:じしん/アームハンマー/だいばくはつ/ウッドハンマー/れいとうパンチ/じたばた/ほのおのパンチ/カウンター
変化技:ステルスロック/みがわり/ちょうはつ
    
がんじょうの行動保証を盾に、優秀な攻撃範囲と先制技のふいうちを活かしてタイマンを制する型。

コンセプト上、一致岩技とふいうちは確定であるため、それらとの補完に優れたじしんや格闘技、れいとうパンチが有用。
ステルスロック・じばくを持たせた起点作りとの併用型も考えられるので、パーティに合わせてサブウェポンを検討したい。

じたばたはがんじょう・ふいうちと相性がよく、等倍範囲が広いので特殊相手や岩半減の格闘タイプにも高威力の反撃を狙いやすい。
ただし、格闘にはマッハパンチ、バレットパンチとの撃ち合いになることも多く、確実に落とせるわけではない。

型サンプル1・使用感
技構成:ストーンエッジ/ふいうち/ほのおのパンチ/れいとうパンチ

対鋼技として被っている感があるほのおのパンチとじしんの内、じしんを切り、代わりにれいとうパンチを採用した型。
地面より炎が通る鋼は多いため、じしんなしでも不満は感じなかった。
岩タイプのじしんは読まれやすく、じしん読みで草タイプやふゆうを後出しされることが多い。
一方で炎の一貫性が役立ったことは多い。

れいとうパンチは無振りガブリアスに43.8%の中乱1、たつじんのおびなら確1。
対面だとさめはだでウソッキー側が落ちるため、交代読みでのみ有効といえる。
  • きあいパンチについて
    オボンのみを持たせれば、みがわり→きあいパンチが安全に決まる。
    クチートのようにふいうちと二択を迫ることもできるが、上記使用例のようにストーンエッジを主軸とした戦法の方が基本的には安定する。
    みがきあで二枠使うことは、技が豊富なウソッキーの持ち味を活かせないという欠点もある。
    流し性能が高いわけでもないので、いまいち使いにくい。

いしあたま型 節を編集

特性:いしあたま
性格:ゆうかん/いじっぱり
努力値:HA252 or AS252
持ち物:きあいのタスキ/たつじんのおび/いのちのたま/せんせいのツメ/こだわりハチマキ/ふうせん/イトケのみ
確定技:もろはのずつき/ウッドハンマー
選択技:ふいうち/アームハンマー/じしん/だいばくはつ/れいとうパンチ/ほのおのパンチ/みがわり

もろはのずつきとウッドハンマーの反動を気にせず戦える型。
がんじょうと相性の悪いいのちのたまも使い易い。
ただ、運用難易度はがんじょう型より高め。

すばやさを落としてトリパで使用するのも手。砂嵐で特殊耐久を向上させるとなおよい。

ウッドハンマーを使いたい相手は水や地面が大半だが、先に落とされることの方が多いのが泣き所。
AS252の場合きあいのタスキ、イトケのみ、ふうせんなどで耐えor避けられるようにすると安定しやすい。

型サンプル
性格 :いじっぱり
努力値:AS252
持ち物:きあいのタスキ
技構成:もろはのずつき/ウッドハンマー/ふいうち/カウンター
素早さに全振りすることで実数値は82となり、ラグラージなど60族の4振りよりも1速くなる。
ラグラージを先制ウッドハンマーで確1。他にドサイドンカバルドンも抜ける。
耐久に振っていないのできあいのタスキを持たせ、格闘や鋼にはタスキカウンターを放つ。かたやぶり対策にもなる。
またスターミーをタスキ耐えからウッドハンマーで確1(ふいうちは確2で更にみがわりされると厳しい)。

ロックカット型 節を編集

特性:がんじょう
性格:ようき
努力値:攻撃252 素早さ252 HP6
持ち物:たつじんのおび/いのちのたま/ラムのみ
確定技:ロックカット/ストーンエッジorいわなだれorロックブラスト
推奨技:ウッドハンマー/れいとうパンチ
選択技:もろはのずつき/ふいうち/じしん/だいばくはつ/けたぐりorアームハンマー/ほのおのパンチ/じたばた

最速112族と同速。そこまで速くならないので、積むタイミングと相手は見誤らないように。
またロックカットしなくても無振り69族まで抜けるので、意外な速さで相手を驚かせることもできる。
どちらかというと意表をつく型。がんじょうのおかげでタスキが不要なのはうれしい。

この型は特にゴローニャの劣化になりやすい。
こちらのSは30、向こうは45、さらに一致技が2つある。Aも負けている。
差別化できそうな技はウッドハンマー・れいとうパンチだけ。
正直ウッドハンマーはこの型に合わないがどちらかを入れるのを推奨。

H12(H147B135)もしくはB4(H145B136)と振ることで
補正なしA252ラムパルド(両者ともかたやぶりでがんじょうを無視する)のじしんを確2にできる。
もっとも、ラムパルドの場合は抜群じしんより等倍もろはのずつきの方が高威力。


対ウソッキー 節を編集

注意すべき点
合計種族値は低いが、それを感じさせない安定感。特性も優秀。
特性ががんじょうの場合は一発は耐えられ、カウンターやじたばたで反撃、ふいうちで追撃される。チイラのみやロックカットで全抜きの恐れもある。
攻撃範囲も広く、れいとうパンチやウッドハンマーといった独自の技を習得する。
特性がいしあたまの場合、もろはのずつきとウッドハンマーが反動なし。
対策方法
格闘タイプなら岩技とふいうちは半減、覚える他の技は等倍で受けられる。対してこちらの攻撃は抜群なのでほとんど確2。
マッハパンチやしんくうはなど、先制技があるとより安定して狩れる。
みがきあ型も存在するので、張られる前におにびを掛けておきたい。
かたやぶりでがんじょうを貫通して倒すのも良い。