パルキア - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

パルキア 節を編集

No.484 タイプ:みず/ドラゴン
通常特性:プレッシャー(受けた技のPPを1多く減らす)
隠れ特性:テレパシー(味方の攻撃を受けない)
体重  :336.0kg(けたぐり・くさむすびの威力120)
専用道具:しらたま(水・ドラゴンタイプの技の威力が1.2倍になる)
禁止伝説特殊竜HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
パルキア90120100150120100680プレッシャー/テレパシー
ディアルガ10012012015010090680プレッシャー/テレパシー

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ドラゴン/フェアリー
いまひとつ(1/2)はがね
いまひとつ(1/4)ほのお/みず
こうかなし---

※フリーズドライで4倍のダメージを受ける


みず×ドラゴン」の複合タイプを持つ禁止伝説?ポケモン。
専用技あくうせつだんは使い勝手がよく優秀で、他の特殊技もハイドロポンプをはじめ強力なものが揃っている。
水に耐性があり、カイオーガキラーでありながら、そのカイオーガと相性のいい相棒でもある。
フリーズドライが4倍弱点となる。幸い習得できるポケモンは限られており、禁止伝説で覚えるポケモンはいないが要注意。

+  フリーズドライについて

BDSPではフェアリータイプが減少し、天敵であるザシアンとゼルネアスが不在のため、格段に動きやすい。
ザシアン、ザマゼンタ、ムゲンダイナ、黒バドレックスといった近年の高速禁伝が軒並み不在のため、かつての強みであったS100も生かしやすくなった。



特性考察 節を編集

プレッシャー
片方の特性「テレパシー」がダブルバトル専用なので、シングルではこちらを選択。
テレパシー
隠れ特性。ダブルバトル専用。
伝説ポケモンが使えるルールはダブルバトルなことが多い。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
あくうせつだん100(150)95急所率+1専用技。追加効果も優秀で使いやすい。
りゅうせいぐん130(195)90特攻↓↓一致技。高威力だが使用後特攻二段階ダウン。撃ち逃げに適している。
ハイドロポンプ110(165)80-一致技。高威力だが若干命中に難あり。
なみのり90(135)100-一致技。命中安定。ダブルでは全体攻撃。
だいもんじ11085火傷10%ヌケニンフリーザー等に有効。そのほか鋼虫草氷などに。
10まんボルト90100麻痺10%エンペルトラプラス等に有効。そのほか水/飛行などに。
かみなり11070麻痺30%雨パなら入れていおいて損はない。カイオーガに役割を持たせたいなら必須。
はどうだん80-必中ディアルガエンペルトなど鋼タイプに有効。
だいちのちから90100特防↓10%ディアルガエンペルトなど鋼タイプに有効だが、
特性や飛行タイプで無効化されやすく攻撃範囲も水と被りがち。
れいとうビーム90100氷10%4倍ピンポイント気味。
変化技タイプ命中備考
みがわり-タイプ一致技の範囲が広いのであると便利。
でんじは90そこそこ早いので自身の恩恵より後続のサポート。

型考察 節を編集

基本アタッカー型 節を編集

性格:おくびょう/ひかえめ
努力値:特殊252 素早さ252
持ち物:しらたま/いのちのたま/こだわりスカーフ/こだわりメガネ/きあいのタスキ/半減実/Zクリスタル
確定技:あくうせつだんorりゅうせいぐん/ハイドロポンプorなみのり
選択技:かみなりor10まんボルト/はどうだん/かえんほうしゃorだいもんじ/れいとうビーム/だいちのちから
補助技:みがわり/でんじは

4世代から変わらない基本型。攻撃技はとにかく豊富で、基本のドラゴン技と水技はもちろん
れいとうビーム、鋼に強い炎技やはどうだん、雨と相性のよいかみなりまで使える。

性格はおくびょうが基本。高めの素早さと、ハバンのみを持たせて突っ込ませる事が多いため、耐久は下げたくない。

フェアリーに対する有効打はほとんどないため、引いた方が無難。ゼルネアス?にはでんじは。


対パルキア 節を編集

注意すべき点
ハイドロポンプ・あくうせつだん・だいもんじ・きあいだまなど、強力な特殊技と特筆すべき攻撃範囲が脅威。
Sも100族なので禁止伝説でも足が速い部類に入り、多くのポケモンにとって脅威となる。
対策方法
積み技をほとんど有していないので、特殊耐久の高いポケモンなら安定する。一般ポケモンではラッキー?ハピナスあたりが最有力。
特にラッキーは特殊攻撃を得意としている禁止伝説ポケモンをほとんど受けられるので、一般ポケモンにしては需要が高い。
伝説戦では妖アルセウスゼルネアス?などのフェアリーも良好。
特に妖アルセウスは無補正でも最速パルキアを抜け、こちらが弱点をつけるので対策としては最適。
きあいのタスキの所持率は低いので、きあいのタスキ持ちで2回殴ることができるポケモンでもOK。
きあいのタスキを持たせたガブリアスなどは大きな圧力をかけられる。