デリバード - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

デリバード 節を編集

No.225 タイプ:こおり/ひこう
通常特性:やるき(ねむり状態にならない)
     はりきり(使用する物理技が威力1.5倍、命中率0.8倍になる)
隠れ特性:ふみん(ねむり状態にならない)
体重  :16.0kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
氷/飛行HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
デリバード455545654575330やるき/はりきり/ふみん
(107)(382)はりきりA特化
フリーザー90851009512585580プレッシャー/ゆきがくれ

ばつぐん(4倍)いわ
ばつぐん(2倍)ほのお/でんき/はがね
いまひとつ(1/2)くさ/むし
いまひとつ(1/4)---
こうかなしじめん

第2世代出身のこおりひこうタイプ。
種族値合計が最低クラスで、一番高いステータスの素早さすら75と平均未満の数値。
同一効果のふみん・やるきにより特性枠をひとつ潰されているなどかなり冷遇ぎみ。
同複合タイプのフリーザーにも言えることだが一致技が双方鋼で止まり、氷複合ゆえ耐性もマイナーと厳しい性能である。
幸いにも1:1交換の狙えるみちづれに加え、相性の良いこごえるかぜを覚えるため、これらの技を軸に動けば差別化には困らない。
USUMからカウンターをタマゴ技で覚えたことで、物理相手に1:1交換以上の働きも望めるようになったため、総じて役割重視の運用を狙えれば心強い。

第7世代ではみちづれが弱体化したが、扱いやすいドリルくちばしを習得。
さらに第3世代教え技以来となるカウンターを先述の通りタマゴ技で再習得。アローラマーク、みちづれと両立可能になり戦術の幅が広がった。
新システムZワザにより、はりきりによる命中低下を踏み倒せるようになったことも少なからず強化点と言える。
ただし、Zワザに関しては元々のステータスが貧弱すぎてタスキなしで運用するのは極めて困難であり、あえて採用する利点は少ない。



特性考察 節を編集

はりきり
物理主体で、少しでも威力を補いたいなら。
はりきりA特化で種族値105相当。フリーザーとの差別化にはなるがそれでも火力は中程度で、一線級の火力とはいい難い。
一致技の通りの悪さや命中不安の問題もあるため、現環境では特殊メインでみちづれを軸に動く型のほうが安定感がある。
物理技でも、つばめがえしやZワザのような必中技なら命中率は落ちない。
やるき
あくびやキノコのほうし等の催眠技を無効化する。
ねむるを使えなくなるというデメリットはあるが、低耐久なのでほぼ無問題。
物理主体でないならば先制技の命中安定と催眠対策も兼ねて、こちらを選ぶのが無難。
サポート主体のダブルでも、ねこだましの命中率を落としたくないのでこちらになる。
こおりタイプで催眠無効手段を持つポケモンは少ないが、ひこうタイプではドンカラスネイティオなど多数。
一致氷技やみちづれ・カウンター、ねこだましなどの技を活かせば差別化は容易なので覚えておきたい。
ふみん
隠れ特性。眠り状態にならず、かたやぶりなどで眠らされても直後に目覚める効果までやるきと全く同じ。
ふみんの場合はなやみのタネが無効になり、次ターンに受けるじだんだの威力が倍になる。ただし、ひこうタイプのデリバードにじだんだは無効であり、みずびたし等まで絡むレアケースでしか、やるきとの違いは発生しない。隠れ特性ゆえに入手や厳選がやや面倒なため、通常特性のやるきで充分。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中
(ハリキリ)
追加効果備考
れいとうパンチ75(112)100(80)凍り10%タマゴ技・過去作教え技。特にクセのない一致技。
ゆきなだれ60(90)
→120(180)
100(80)優先度-4第四世代技マシン。条件付きだが高威力。
こおりのつぶて40(60)100(80)優先度+1タマゴ技。あると便利な先制技。
ドリルくちばし80(120)100(80)-特にクセのない一致技。ゴッドバードや後攻ゆきなだれを除くと最大威力。
ゴッドバード140(210)90(72)怯み30%
急所ランク+1
教え技。パワフルハーブ(追加効果)かZクリスタル(威力・命中)と併せて。
つばめがえし60(90)必中-はりきりでも必中。はりきりでキノガッサ確1。
やるき無振りだと確2。
かわらわり75100(80)壁破壊鋼・氷タイプに安定して撃てるが威力は低い。
きあいパンチ150100(80)-教え技。鋼・氷タイプへの交代読みで。
タネばくだん80100(80)-教え技。水タイプに対して。
ダストシュート12080(64)毒30%教え技。フェアリータイプに対して。
ねこだまし40100(80)優先度+3
怯み100%
タマゴ技。きあいのタスキ潰しやダメージ稼ぎに。地面無効の中では唯一習得可能。
カウンター-100(80)優先度-5きあいのタスキを持たせて。
こうそくスピン20100(80)-相手からの設置技を除去する。サポートに。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
れいとうビーム90(135)100凍り10%安定した一致技。
こおりのいぶき60(90)[135]90急所100%急所100%により実質威力135。
ステータス変化を無視できるが、命中は若干落ちる。いかりのつぼ発動にも。
ふぶき110(165)70凍り10%威力を求めるならこちら。
フリーズドライ70(105)100凍り10%
水に抜群
タマゴ技。特殊技の狭い範囲を広げる事ができるが威力は低い。
こごえるかぜ55(82)95素早さ↓100%タマゴ技・教え技。準速なら120族、最速ならいじっぱりスカーフヘラクロスまで抜ける。威力が低いので補助技感覚で
変化技タイプ命中備考
みちづれ-タマゴ技。きあいのタスキを持たせて。先手で使うならこごえるかぜと組み合わせたい。
まきびし-タマゴ技。飛行タイプを氷技で牽制できるので相性は悪くない。
はねる-タマゴ技。Z化で攻撃3段階上昇だがタスキなしで積むことになり、使い所が難しい。

型考察 節を編集

特殊ベース役割重視型 節を編集

特性:やるき
性格:むじゃきorせっかちorおくびょう
努力値:CS252
持ち物:きあいのタスキ
確定技:みちづれ/こごえるかぜ/カウンター/こおりのつぶて
選択技:ねこだまし

きあいのタスキで行動回数を確保し、こごえるかぜでS逆転→みちづれや、カウンター→こおりのつぶてで1on1交換以上の働きを狙う。
低種族値で純粋なアタッカー運用の難しいポケモンであるため、タスキと習得技を組み合わせたコンボ性能に着目した型が現環境での基本となる。
HPは低いが無振りでもタスキカウンターは最大238ダメージ出せるため、無振りH種族値160のポケモン(具体的にはカビゴン)までは確実に倒せる。
これ以上のHPを持つのはママンボウ?ホエルオーソーナンスアクジキング?ハピナス(禁止級かつ限定状況下でジガルデ100%?も)。
物理技を撃たれることはまず無いが単純な種族値換算であれば、ねがいごと耐久型としてHに極振りしたシャワーズ(H種族値130)もギリギリ確1圏内(実数値237)に入るため、同130族のラプラスまでは余裕の視野に入れても問題無い。

型のコンセプト上確定欄以外の技の優先度は低いが、先発前提ならねこだましを入れるのもよいか。
はりきりなら先制技の威力が上がるが命中不安。2割の負け筋を引く可能性のあるはりきりよりも、確実にとどめやタスキつぶしが狙えるやるきを優先。
キノコのほうし持ちタスキキノガッサもこごえるかぜ→こおりのつぶてで乱数で倒せる。(カウンターの場合がんせきふうじでS逆転されるのでねこだましが必要)

はりきりアタッカー型 節を編集

特性:はりきり
性格:いじっぱり(推奨)orようき
努力値:AS252
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/こだわりハチマキ/パワフルハーブ/ヒコウZ/コオリZ
確定技:ドリルくちばしorつばめがえし/こおりのつぶて
技:れいとうパンチ/ゴッドバード/かわらわり/タネばくだん/ねこだまし/カウンター/みちづれ

はりきりで実戦レベルの攻撃力を確保した型。
Zワザで命中難を補完できる。

【ダブル】サポート型 節を編集

特性:やるき/ふみん
持ち物:きあいのタスキ
確定技:ねこだまし/みちづれ/こおりのつぶて
選択技:フリーズドライ/こうそくスピン/こごえるかぜ/ふぶき/まもる/こおりのいぶき

唯一の地面無効のねこだましを覚えるポケモン。
この有用な条件によりダブルバトルでじしん、じならしを使う仲間をサポートできる。
さらにみちづれで一匹、こおりのつぶてと他ではできないいい仕事をする。
ステルスロックは半分持ってかれるので再入場するならこうそくスピンも候補。
こごえるかぜは素早さ↓で相方や後続のサポートが可能。
ふぶきは霰を使うならば必中となり、タスキ等を潰すのに使える。


対デリバード 節を編集

注意すべき点
種族値は低いものの、自らの低耐久を活かすカウンター、みちづれを持っており、油断していると確実に一体持っていかれてしまう。
またはりきりなら高い火力を出すことができ、先制技のこおりのつぶても持っているので氷4倍勢に強くなる。
ダブルバトルでは、メジャーなじしんをすかすことができ、
なおかつねこだましやこうそくスピン、こごえるかぜ等味方のサポートに使える技を豊富に覚えることからシングル以上に注意が必要。
対策方法
氷・飛行タイプなので岩技が4倍。ステルスロック+ほえるの昆布戦法なら体力をゴリゴリ削れる。
あくびだとふみん・やるきの場合眠らないので注意。
きあいのタスキさえ無効化すれば、アタッカーが殴れば大抵落ちる。