ドンカラス - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ドンカラス 節を編集

No.430 タイプ:あく/ひこう
通常特性:ふみん(眠り状態にならない)
     きょううん(全ての攻撃技の急所ランク+1)
隠れ特性:じしんかじょう(相手を瀕死にさせると攻撃が1段階あがる) ※ヤミカラスの時「いたずらごころ」
体重  :27.3kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
きょううん/飛or悪HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ドンカラス100125521055271505ふみん/きょううん/じしんかじょう
アブソル6513060756075465プレッシャー/きょううん/せいぎのこころ
トゲキッス85509512011580545てんのめぐみ/はりきり/きょううん

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)でんき/こおり/いわ/フェアリー
いまひとつ(1/2)くさ/ゴースト/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなしじめん/エスパー

攻撃面の補完に優れたあく×ひこう複合、BDSPでは固有タイプ。
一致技の通りが非常によく、高い攻撃関連の種族値も備えた生粋のアタッカー。
きょううんじしんかじょうと特性面も攻撃的。
素早さは微妙だが、一致ふいうちを習得するのである程度ならカバー可能。

一方でリメイクにあたり、剣盾で廃止されたおいうちの他、教え技が実装されず失った技が多い。
具体的には実用範囲だけでもばかぢから、ねっぷう、こごえるかぜ等。
USUMでタマゴ技に追加されたが遺伝経路が無かったおしおきは、そのまま廃止されている。
一致技の補完は非常に優秀で、バンギラスクチート以外に等倍以上が取れるが抜群範囲は狭め。
じしんかじょうの発動前は確1に収められない相手も多数存在するので、如何に始動させるかが重要となる。

ちなみにHがBDより大分高いので、耐久に振る場合はBD側に振った方が合計耐久指数は高くなる。
とはいえブレイブバードを主軸にする場合、受けきれる反動を増やす為にHPに振ってしまうのも手。



特性考察 節を編集

ふみん
催眠技やあくびを使う相手に繰り出して行けるようになる。
特に草ポケモンに対する役割を持ちやすくなる。しかしメジャーな催眠技使いのフシギバナはヘドロばくだん、ゲンガーはマジカルシャイン、キノガッサは岩技といった対抗策を持つため、後出しは今一つ安定しない。採用率は一番低い。
きょううん
ピントレンズを持たせれば急所ランク+1の技は100%、それ以外の技も50%の確率で急所に当たる。
積み技に強くなるので、フルアタならこちらが使いやすい。
じしんかじょう
隠れ特性。発動すればかなりの攻撃力になり、ふいうちで無双も狙える。
エース運用したい場合はこの特性を選択したい。
今作BDSPのサブウェポンの少なさとは微妙にかみ合わない。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
ブレイブバード120(180)100反動1/3タイプ一致技。反動が痛い。
ドリルくちばし80(120)100-タイプ一致技。性能安定。威力は物足りない。
ゴッドバード140(210)90急所ランク+1
怯み30%
タイプ一致技。パワフルハーブとあわせて奇襲。
きょううん+ピントレンズなら確定急所。だが読みが必須。
ふいうち70(105)100優先度+1タイプ一致技。読みが要るが高威力の先制技。
つじぎり70(105)100急所ランク+1タイプ一致技。性能安定。きょううん+ピントレンズなら確定急所。
ばかぢから120100攻撃・防御↓対岩・悪・鋼。バンギラスに。過去作教え技。
はがねのつばさ7095防御↑10%対岩妖。HOME未解禁の現状バンギラスへの最大打点。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
あくのはどう80(120)100怯み20%タイプ一致技。スカーフやおいかぜとあわせれば怯みを狙える。
エアカッター60(90)95急所ランク+1タイプ一致技。きょううん+ピントレンズなら確定急所。ダブルでは相手全体攻撃。
ねっぷう9590火傷10%対鋼。ダブルでは相手全体攻撃。過去作教え技。
こごえるかぜ5595素早↓100%追加効果が優秀。最速なら130族・スカーフ70族を抜ける。
ダブルでは相手全体攻撃。過去作教え技。
変化技タイプ命中備考
でんじは90サポート用。地面は呼びにくいが、電気やひらいしん等に注意。
ちょうはつ100補助技対策。ふいうちと相性が良い。
ほろびのうた-流し技。まもる・みがわり貫通かつ必中。
ふきとばし-流し技。ほろびのうたと選択。
みがわり-状態異常や交代読みで。
おいかぜ-サポート用。味方の素早さ倍増。
わるだくみ-特攻を強化。特殊型の決定力向上に。

型考察 節を編集

確定急所型 節を編集

特性:きょううん

ピントレンズ 節を編集

性格:いじっぱり/ようき
努力値:AS252
持ち物:ピントレンズ(するどいツメ)
確定技:つじぎり/ブレイブバード
攻撃技:ふいうち/おいうち/ばかぢから
変化技:ちょうはつ/でんじは/おいかぜ

きょううん+ピントレンズで確定急所、実質威力157のつじぎりをメインに戦う型。
それ以外の技も50%の確率で急所に当たる。
ふいうちよりもつじぎりをメインに戦いたいので素早さ振りのほうが使いやすいと思われる。
とはいえ素早さは微妙で技スペースも余っているのでふいうちも入れると心強い。

ばかぢからも急所に当たれば能力ダウンを無視して威力1.5倍になり相性はよい。

単に火力を上げるだけならこだわりハチマキでも可能だが、行動制限がなくふいうちや補助技も入れやすい点で勝る。
また積み技やリフレクター、攻撃ダウンの影響を受けない点も優秀。
ばかぢからで攻撃が下がった後も、つじぎりだけは確実に通常の威力で撃てる。

特性「シェルアーマー」「カブトアーマー」「いかりのつぼ」持ちのポケモンには絶望的に不利になるというわけではないが一応注意。

じしんかじょう型 節を編集

特性:じしんかじょう
性格:いじっぱり/ようき/むじゃき
努力値:AS252
持ち物:こだわりハチマキ/いのちのたま/ラムのみ/オボンのみ/ヒコウZ
確定技:ブレイブバード/ふいうち
攻撃技:おいうち/つじぎり/ばかぢから/ねっぷう
補助技:ちょうはつ/みがわり/おいかぜ

対面突破した後、じしんかじょうを生かしてふいうちで後続に負荷をかける型。
相手がある程度削れていればふいうちで無双も可能。
ばかぢからで相手を倒すことができれば下がった攻撃を戻すことができる。

ふいうちとの兼ね合いで、みがわりを残した状態でじしんかじょうを発動させれば一気に抜き性能があがる(ex,ふいうち圏内のメタグロスがバレットパンチ→みがわりからのふいうち)。
また次に出てきたいかく持ちを空かしたり、鈍足のでんじは・おにび読みなどにも使えるので何かと有用。
ただしブレイブバードの反動とあわせてHPがゴリゴリ減るので、オボンのみを持たせることで安定性を高められる。

スカーフ型 節を編集

性格:いじっぱり/ようき/せっかち/むじゃき/さみしがり/やんちゃ
努力値:S252 AorC252
持ち物:こだわりスカーフ
物理技:ブレイブバードorドリルくちばし/つじぎり/おいうち/ばかぢから
特殊技:あくのはどう/めざめるパワー/ねっぷう/こごえるかぜ

こだわりスカーフを持たせブレイブバードorつじぎりを連発し、じしんかじょうでガンガン攻撃力を上げていく単純な戦法。
数値上、最速スカーフだと130族抜き抜き。無補正だと115族抜きまで。
無補正の場合は抜ける範囲の関係で全振り推奨。

もともと攻撃力は高いので最速にしたほうがマニューラサンダースなど天敵を抜けて便利だが性格に関しては好みの問題。
攻撃補正か素早さ補正のどっちかでなければならないということはない。
色々な相手を抜きたいならもっと素早いアタッカーにスカーフを持たせればよいし、かと言って火力にこだわってもランク補正なしではブレイブバードでも一発で落とせる相手は限られてくる。
全抜きするためのサポート次第で選ぶべき性格も変わってくるだろう。
ただ、シンプルに死に出しから全抜きを狙うのであれば素早さ補正が優先される。

素早さ調整目安
性格補正努力値目安
あり252スカーフ70族抜き(キノガッサ/パルシェン等)
あり244130族抜き(メガゲンガー/カプ・コケコ?等)
あり220125族抜き(マニューラ/オオスバメ
あり196120族抜き(フーディン/ジュカイン/メガボーマンダ等)
あり172116族抜き(エルフーン?/ゼブライカ?
なし252115族抜き(メガヘルガー/ライコウ/アグノム等)

対ドンカラス 節を編集

注意すべき点
攻撃力が高く、一致技の等倍範囲も広い。
じしんかじょうやZオウムがえしで攻撃が上がると、ふいうちで全抜きされる恐れがある。
きょううん+Zおいかぜを用いた確定急所型の場合、いかくやリフレクターに強い。
対策方法
一致技+ばかぢから半減のカプ・コケコ?や、先制技無効のカプ・テテフ?
ばけのかわで全抜きを阻止できるミミッキュ?等で弱点を突くのが良い。