アブソル - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

アブソル 節を編集

No.359 タイプ:あく
通常特性:プレッシャー(受けた技のPPを1多く減らす)
     きょううん(全ての攻撃技の急所ランク+1)
隠れ特性:せいぎのこころ(あくタイプの技を受けると攻撃が1段階上がる)
体重  :47.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
ふいうち+悪アタッカーHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
アブソル6513060756075465プレッシャー/きょううん/せいぎのこころ
ドンカラス100125521055271505ふみん/きょううん/じしんかじょう

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)かくとう/むし/フェアリー
いまひとつ(1/2)ゴースト/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなしエスパー

攻撃が高いが、他の種族値は全体的に低水準な単あくタイプ。
インファイト、じごくづきといった技はBDSPでは習得できず、やや取り回しが悪くなった。
廃止されたおいうちも引き続き使えないため、当時ほど読みあいを強制する能力も無い。

とはいえ、BDSPにおいては最大火力の一致ふいうちを使える点は魅力的。
天敵であるフェアリーも事実上、大きく数を減らしていることで通りも大分よくなっている。
新規習得した技もこれといったものは無いものの、動きやすさとしては悪くない形に。



特性 節を編集

プレッシャー
登場時にアナウンスが出ることで、同じくアナウンスの出る特性との対面で素早さ判定が可能。
素早さのインフレが収まったことで70族近辺のスカーフは増加することが予測される。
本来の効果は低耐久のアブソルとの噛み合いは悪い。
きょううん
ピントレンズとあわせればつじぎり・サイコカッター・ストーンエッジを確定急所にできる。
剣盾で獲得したきあいだめを引き続き習得し、そちらを使用すれば持ち物に依存せず全ての技が確定急所に。
技の威力が低めなので一撃で突破するのは難しいが、壁や積み技を貫通できる点は魅力的。
ダイマックスの廃止で耐久についてもデフレ傾向にあるため、活用しやすくなっている。
せいぎのこころ
隠れ特性。あく技を受けると攻撃が1ランク上昇。
技を無効化する訳ではなく、低耐久ゆえに半減でも相手によっては相当な痛手を負う羽目になる。
ダブルでなら味方のふくろだたきと合わせることで、能動的に発動することが可能。
同特性のライバルがある程度減少したことで、個性としては悪くない形に。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
ふいうち70(105)100優先度+1タイプ一致技。読みが要るが高威力の先制技。
つじぎり70(105)100急所ランク+1きょううん+ピントレンズorきあいだめなら確定急所。
はたきおとす65/97
(97/145)
100道具排除タイプ一致技。厄介な持ち物を排除。
じゃれつく9090攻撃↓10%対格闘・悪。悪技との相性補完に優れる。
しねんのずつき8090怯み20%対格闘。やや命中不安。
サイコカッター70100急所ランク+1きょううん+ピントレンズなら確定急所。
ストーンエッジ10080急所ランク+1悪/飛行やトゲキッスに。きょううん+ピントレンズなら確定急所。
いわなだれ7590怯み30%同上。素早さは程々ゆえ怯みはやや狙いにくいか。
がんせきふうじ6095素早さ↓100%サポート用。
アイアンテール10075防御↓30%対フェアリー。命中不安。
フェイント30100優先度+2きあいのタスキ潰しに。他の先制技より速い。ダブルでのまもる解除にも。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
あくのはどう80(120)100怯み20%タイプ一致技。火力重視の場合に。怯みは狙いにくい。
バークアウト55(82)95相手全体C↓100%身代わり貫通+全体攻撃+C低下。専らダブル用。
だいもんじ11085火傷10%基本4倍専用。ハッサムへの有効打が欲しい場合に。
れいとうビーム90100凍り10%同じく4倍対策。性能安定。
ふぶき11070凍り10%同上。命中難だが威力は高い。
こごえるかぜ5595相手全体S↓100%バークアウト同様、基本的にダブル用。
10まんボルト90100麻痺10%ギャラドスペリッパーに。
かみなり11070麻痺30%同上。命中難だが威力は高い。
変化技タイプ命中備考
つるぎのまい-攻撃を強化。ふいうちで全抜きを狙う。
めいそう-特攻・特防を補強。特殊方面を補える。
みがわり-交代読みで。ふいうちと相性がよい。
ちょうはつ100補助技対策。ふいうちと相性がよい。
でんじは90高速アタッカーの足止めやS逆転に。いわなだれやあくのはどうの怯み狙いにも。
おにび85物理アタッカー対策。炎やこんじょうに注意。
ほろびのうた-耐久型対策。まもる・みがわり貫通かつ必中。
バトンタッチ-積み技やみがわりとあわせて。
マジックコート-ちょうはつと選択。ふいうちをおにびなどで透かそうとする相手にも。
ただし、低速低耐久なのでそのまま殴ってくることも多い。
きあいだめ-特性きょううん・つじぎりと合わせて確定急所。ただし、単純なダメージ量は剣舞>急所。
所詮は威力1.5倍なので壁や防御ランク無効を重視する場合に。
+  優先度の低い技

型考察 節を編集

物理アタッカー型 節を編集

特性:きょううん(推奨)/せいぎのこころ
性格:いじっぱり/ようき/やんちゃ/むじゃき
努力値:AS252orHA252
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/こだわりハチマキ/こだわりスカーフ/ラムのみ
確定技:はたきおとすorふいうち(両立可)
物理技:がんせきふうじorストーンエッジ/じゃれつく/フェイント/しねんのずつき
特殊技:だいもんじ/れいとうビーム
変化技:つるぎのまい/でんじは/おにび/ちょうはつ/ほろびのうた/バトンタッチ

種族値に沿った物理アタッカー型。鈍足を補うふいうち、補完に優れたインファイトは優先度が高い。
物理アタッカーではあるが、4倍弱点狙いで高威力の特殊技を採用する余地はある。
低耐久で場持ちが悪く、変化技を1つぐらい入れておくと汎用性も高まる。
元々あく技は通りが良いため、つるぎのまい、きあいだめが決まれば一致技だけでゴリ押せる場合も。

耐久に振る余裕は薄く、メガシンカを失ったことで素早さの判別に価値が薄れている。
何か理由が無ければ特性についてはきょううんが推奨される。

確定急所型 節を編集

ピントレンズ型 節を編集

特性:きょううん
性格:いじっぱり/ようき/やんちゃ/むじゃき
努力値:AS252/HA252
持ち物:ピントレンズ
確定技:つじぎり
優先技:つるぎのまい/ふいうち
急所技:ストーンエッジ/サイコカッター
物理技:じゃれつく/フェイント/はたきおとす
特殊技:だいもんじ/れいとうビーム
変化技:でんじは/おにび/ちょうはつ/ほろびのうた/バトンタッチ

ピントレンズ+きょううんのおかげで即座に急所を狙えるのが強み。つじぎり、サイコカッター、ストーンエッジが確定急所。
それ以外の技は確定でなくなるが、それでも急所率が5割ある為、突破力はかなり高い。

一方で持ち物が固定され、タスキが持てないので相手に先手を打たれると出落ちになりやすいのが難点。
また確定急所技は威力か命中に不安が残る。

きあいだめ型 節を編集

特性:きょううん
性格:いじっぱり/ようき/やんちゃ/むじゃき
努力値:AS252
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/くろいメガネ
確定技:きあいだめ/はたきおとすorふいうち(両立可)
物理技:じゃれつく/フェイント/がんせきふうじorストーンエッジ/しねんのずつき
特殊技:だいもんじ/れいとうビーム
変化技:つるぎのまい/でんじは/おにび/ちょうはつ/ほろびのうた/バトンタッチ

きあいだめ+きょううんで全ての技が確定急所になる。
積む隙を作る必要がある為、タスキがあるとはいえ先手で落とされやすく、初動が遅いのが難点。
一方で積むことに成功さえすれば、はたきおとすやふいうちも全て確実に急所に当たるのは魅力的。


相性考察 節を編集

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対アブソル 節を編集

注意すべき点
攻撃すればふいうちを撃たれるが、交代すればつるぎのまいを積まれる。
はたきおとす・おにびでの妨害、特殊技での役割破壊にも注意が必要。
総じて行動が読みあいになりやすく、安直な行動は付け入る隙を与える恐れがある。
悪技に対して受け出される特性せいぎのこころの存在も留意しておこう。
対策方法
耐久は低いため、一致等倍技でも確1を狙える。
フェアリーには有効打がアイアンテールしか無く、悪技を半減で受けられる。特殊アタッカーならおにびも怖くない。