ビークイン - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ビークイン 節を編集

No.416 タイプ:むし/ひこう
通常特性:プレッシャー(受けた技のPPを1多く減らす)※ミツハニーのとき「みつあつめ」
隠れ特性:きんちょうかん(相手は木の実を食べられなくなる)※ミツハニーのとき「はりきり」
体重  :38.5kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
虫/飛HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ビークイン70801028010240474プレッシャー/きんちょうかん
ストライク70110805580105500むしのしらせ/テクニシャン/ふくつのこころ
130130(600)しんかのきせき・無振り換算
バタフリー604550908070395ふくがん/いろめがね
テッカニン6190455050160456かそく/すりぬけ

ばつぐん(4倍)いわ
ばつぐん(2倍)ほのお/でんき/こおり/ひこう
いまひとつ(1/2)むし
いまひとつ(1/4)くさ/かくとう
こうかなしじめん

第四世代より登場しているむし×ひこう複合タイプのポケモン。
同複合の中では珍しい鈍足耐久型の種族値配分を持つ。
唯一性は高いものの、この複合タイプは防御面でかなり劣悪であるため種族値との噛み合いが非常に悪い。

BDSPではねやすめを再習得し、耐久型が復活。
ウルガモスが不参戦でリザードンが環境の一戦から退いたため、他ポケモンの岩技の搭載率が減ったのも嬉しい。
一致技最大火力のアクロバットが習得できなくなった点は痛い。なお、かいふくしれいは今作でも使用不可。

なお、ビークインに進化できるのは♀のミツハニーのみであることに注意。
各地方の御三家やイーブイ等と同じく♂:♀が7:1の類なので、厳選と育成に手間がかかる。



特性考察 節を編集

2つとも場に出た時に発動する特性なので、出た瞬間必然的にバレる。

プレッシャー
まもる・みがわりとあわせて相手のPPを削り、こちらへの有効打を無くす。
ストーンエッジやだいもんじなら命中率・PP共に低めなので狙いやすい。
素早さが低いので恩恵は薄いが、特性の発動順で素早さ判定も可能。
きんちょうかん
隠れ特性。相手のオボンのみやラムのみを発動させずに技を出せるが、攻撃性能が低く相手を状態異常にする粉技も覚えない。
どくどくとは好相性であるものの、自身が引っ込むときんちょうかんの効果が切れるため、場持ちの悪いビークインではやや活かしにくい。
場に出ると素早さに関係なく最初にアナウンスされるので、素早さ判定は不可。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
こうげきしれい90(135)100急所ランク+1タイプ一致専用技。
威力命中ともに安定で非接触、かつ急所ランク付きと優秀。
だが、半減されやすい。
むしくい60(90)100相手のきのみ使用タイプ一致技。威力は低いが特性と好相性。
意地でも毒を治されたくないなら。
とんぼがえり70(105)100自分交代タイプ一致技。攻撃しつつ撤退。後続の無償降臨に。
とどめばり50(75)100相手瀕死で
攻撃↑↑↑
タイプ一致技。追加効果が強力だが、アタッカー型は厳しい。
アクロバット55/110
(82/165)
100-タイプ一致技。なげつけるや消費アイテムとあわせて。剣盾技マシン。
つばめがえし60(90)必中-タイプ一致技。必中効果付き。
クロスポイズン70100毒10%
急所ランク+1
対フェアリー。一致技と半減範囲が被る。剣盾技マシン。
リベンジ60/120100優先度-4後攻かつ被弾で威力倍増。対岩・鋼だが鈍足相手でも上から殴れない。
範囲は広いものの、一致技の補完としては半減範囲が被り気味。
剣盾技マシン。
きしかいせい20~200100-こらえると併せられるが、おいかぜがない現状使い勝手は悪い。
剣盾技レコード。
なげつける-100道具消費でんきだま等とあわせて。道具を消費するので一度きり。
どろぼう60100持ち物奪取無力化したきのみを奪える。なげつけるなどと併せて。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
むしのさざめき90(135)100特防↓10%タイプ一致技。性能安定。みがわり貫通。
むしのていこう50(75)100特攻↓100%タイプ一致技。追加効果狙いで。ダブルでは全体攻撃。
エアスラッシュ75(112)95怯み30%タイプ一致技。怯みは狙いにくい。
ヘドロばくだん90100毒30%対フェアリー。追加効果もまずまず優秀。
パワージェム80100-対炎・飛行。
変化技タイプ命中備考
どくびし-先発サポートで。ただし、自身は流し性能に乏しい。
剣盾技レコード。
どくどく90居座って直接撒くならこちら。きんちょうかんならラムも無効。
あやしいひかり100一応の流し技。確実性には欠ける。きんちょうかんならラム無効。
いばる85同上。ハイリスクだがリターンもある。
ぼうぎょしれい-防御↑特防↑。耐久面を補えるが回復技に乏しいのであまり悠長に積めない。
ねむる-状態異常も含め全回復。カゴのみやねごととあわせて。
ねごと-ねむると併せて。回復しつつ居座るなら。
いやなおと85相手防御↓↓。疑似的な火力補強。物理受けの妨害にも。
あまいかおり100相手全体の回避率↓↓。ダブルでの補助に。
アロマセラピー-味方全員の状態異常回復。味方の機能停止を挽回する。
みちづれ-虫タイプでは唯一。苦手な相手を無理やり倒す。連続で使うと失敗する。
まもる-どくどく・たべのこしのターン稼ぎや、プレッシャーとあわせて。
みがわり-時間稼ぎや様子見に。交代読みで出せるとおいしい。
にほんばれ-場作りを任せる場合の選択肢。
あまごい-場作りを任せる場合の選択肢。
はねやすめ-回復技。先制で耐性が変化。
かいふくしれいは剣盾に引き続き削除されたまま。

型考察 節を編集

どくまも型 節を編集

特性:きんちょうかん/プレッシャー
性格:ずぶとい/わんぱく/おだやか/しんちょう
努力値:H252 BorD252
持ち物:たべのこし/カゴのみ
確定技:どくどく/はねやすめ
優先技:みがわりorまもる
攻撃技:むしくい/エアスラッシュ/とんぼがえり
変化技:いばる/ぼうぎょしれい/ねむる/こらえる/みちづれ


対ビークイン 節を編集

注意すべき点
無効耐性1つと1/4耐性を2つ持ち、数値的な耐久力もまずまずある。
特性プレッシャーとまもるの併用でPPの少ない技を枯らされないよう注意。
みちづれの存在や、毒タイプでないどくどく使いである点も頭に入れておきたい。
対策方法
鈍足で攻撃性能は高くなく、耐久力があるとはいっても上からいわ技で攻撃すればあっさり落ちる。
一致技以外は然程恐くないので、鋼タイプなど耐性のあるポケモンなら起点化することすら難しくない。
どく状態に耐性があるポケモンで相手ができればより好ましい。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

遺伝 節を編集

タマゴグループむしグループ?
孵化歩数3840歩(※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で1920歩)
性別♀のみ ミツハニーは♂:♀=7:1
進化条件ミツハニー♀(Lv.21)→ビークイン
備考ミツハニー♂は進化しない
経験値Lv.50 = 117,360
Lv.100 = 1,059,860