チルタリス - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

チルタリス 節を編集

No.334 タイプ:ドラゴン/ひこう
通常特性:しぜんかいふく(手持ちに戻ると状態異常が治る)
隠れ特性:ノーてんき(場に出ている間、互いのポケモンが天候の影響を受けなくなる)
体重  :20.6kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
能力比HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
チルタリス7570907010580490しぜんかいふく/ノーてんき

通常時はねやすめ使用時
ばつぐん(4倍)こおり---
ばつぐん(2倍)いわ/ドラゴン/フェアリーこおり/ドラゴン/フェアリー
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/かくとう/むしほのお/みず/でんき/くさ
いまひとつ(1/4)くさ---
こうかなしじめん---

第三世代出身のドラゴン×ひこう複合ポケモン。
メガシンカが剥奪され、固有タイプを失ってしまい、再び火力不足が浮き彫りとなってしまった。
カイリューボーマンダといった同タイプのライバルとの差別化にも悩まされるだけでなく、
他の強豪にもこおり弱点が多い環境となり、弱点の被るチルタリスはそれらのついでで対策されてしまいがち。
アタッカーとしては遠く及ばないがくろいきりやほろびのうた等、サポーターとしての運用ならば独自の性能を発揮できる。
ノーてんきも重要な差別化要素であり、これらの性質から基本的にダブル向けのポケモン。まもるやコットンガード、はねやすめ等を駆使して、可能な限り盤面に居座り続けたい。

第8世代でりゅうのまいがレベル技から削除された。新規にじゃれつく・ぼうふうを習得。



特性考察 節を編集

しぜんかいふく
猛毒・麻痺・火傷といった、型によっては致命傷につながる状態異常をリセットできる。
特性自体は悪くないが元々チルタリスは猛毒以外で機能停止しづらく、交代が必要なのも難。
本人の性能不足をカバーしきれるほどのものではなく、採用されることは少ない。
ノーてんき
隠れ特性。チルタリス自身でメジャーな天候エースを単独処理するのは難しい。
安定した天候メタにはならないが、ダブルならば欠点をカバーしつつ豊富なサポート技で援護可能。
足りない基本性能を補うだけの性能はあり、差別化を意識する場合もこちらが優先されるか。
自分を含めた味方も天候の補正を受けられないことは忘れずに。自身はぼうふうを使用可能。
アナウンスのある特性と対面した場合は素早さの判別も出来る。

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中追加効果備考
りゅうせいぐん130(195)90特攻↓↓タイプ一致技。連発は効かない。両刀・撃ち逃げ向き。
りゅうのはどう85(127)100-タイプ一致技。性能安定。
だいもんじ11085火傷10%対鋼。ハッサムドータクンに。
れいとうビーム90100凍り10%ボーマンダガブリアスに。
ぼうふう11070混乱30%サブウェポン。雨で必中。
ソーラービーム120100溜め攻撃マリルリへの最大打点。晴れやパワフルハーブとあわせて。
ムーンフォース95100特攻↓30%竜と半減範囲が被りがち。
物理技タイプ威力命中追加効果備考
ドラゴンダイブ100(150)75怯み20%タイプ一致技。高威力・命中不安。
「ちいさくなる」相手に必中・威力2倍。
ゴッドバード140(210)90怯み30%
急所ランク+1
パワフルハーブが必要になるが、瞬間的に最高の火力を出せる物理飛行技。
じしん100100-物理型のサブウェポン筆頭。
フェアリーが半減される炎・毒・鋼全てに抜群。ダブルでは周囲全体攻撃。
アイアンテール10075防御↓30%対フェアリー。高威力・命中不安。
変化技タイプ命中備考
パワースワップ-相手と攻撃・特攻のランクを交換する。りゅうせいぐんとあわせて。
くろいきり-積み技対策や、りゅうせいぐんとあわせて。
コットンガード-防御超強化。物理に滅法強くなる。
おいかぜ-サポート用。味方の素早さ倍増。
はねやすめ-回復技。使用後ターンが終わるまで耐性が変化。
ねむる-状態異常も含め全回復。カゴのみやしぜんかいふくとあわせて。
ほえる-積み技対策。みがわりに強いがちょうはつで止まる。
ほろびのうた-耐久型対策。まもる・みがわり貫通かつ必中。

型考察 節を編集

耐久型 節を編集

性格:おだやかorしんちょう/ずぶといorわんぱく
特性:しぜんかいふく
努力値:H252 DorB252/S調整 残り耐久
持ち物:たべのこし/ゴツゴツメット/ヤチェのみ/タラプのみ/マゴのみ
確定技:コットンガード/はねやすめ
優先技:ほろびのうた
攻撃技:りゅうのはどうorドラゴンクローorワイドブレイカーorりゅうのいぶき/ぼうふうorそらをとぶ/じしん/だいもんじ
補助技:まもる

コットンガードとはねやすめを活かした耐久型。

一方で火力は皆無で、無振りだとガブリアスへのドラゴンクローが抜群にも関わらず確3といった有様。
相性の良いほろびのうたの優先度が高いがBDSPでは拘束技を覚えない。

バンギラスに対してもSに振られていなければ上からコットンガードを積めるため、受けループキラーとしてはかなり信頼できる。


対チルタリス 節を編集

注意すべき点
バランスのとれた種族値と豊富な技により型が読みにくい。
火力・速度を補うりゅうのまい、耐久を補うコットンガードや再生回復技のはねやすめが強力。
対策方法
ドラゴンタイプの中では火力は低い方であり、積まれる前なら致命傷にはなりにくい。
コットンガードで物理面は非常に硬くなるが、特防をあげる技を覚えないため氷やフェアリー等の特殊技で上から叩くとよい。ただし、特性がノーてんきの場合はふぶきが必中にならないので注意。