ファイヤー - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ファイヤー 節を編集

No.146 タイプ:ほのお/ひこう
通常特性:プレッシャー(受けた技のPPを1多く減らす)
隠れ特性:ほのおのからだ(直接攻撃を受けると30%の確率で相手をやけど状態にする)
体重  :60.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
炎/飛HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ファイヤー90100901258590580プレッシャー/ほのおのからだ
リザードン78847810985100534もうか/サンパワー

通常時はねやすめ使用時もえつきる使用時
ばつぐん(4倍)いわ------
ばつぐん(2倍)みず/でんきみず/じめん/いわでんき/こおり/いわ
いまひとつ(1/2)ほのお/かくとう/はがね/フェアリーほのお/くさ/こおり/むし/はがね/フェアリーくさ/むし/かくとう
いまひとつ(1/4)くさ/むし------
こうかなしじめん---じめん

ほのお×ひこう」複合タイプの準伝説ポケモン。

単純な構成では埋もれがちなので、下記にある雨パーティーとのシナジー、もえつきるのおかげで幅が広がったおにび+はねやすめのコンボなど、一風変わった個性的な運用を心掛けていきたい。

BDSPではSP限定でハマナスパークで入手可能。ただし隠れ特性固定のため、プレッシャーは未解禁。

雨パーティーとの相性について
ファイヤーは第5世代の頃より、雨パーティとのシナジーで知られる稀有なほのおポケモンである。
メインウェポンとなるぼうふうが雨天必中であるためひこうとしての性質が強まり、雨パーティーの苦手なくさに睨みを利かせることができる。
一方でほのお技は威力減衰するためメインとしては使いにくくなる点は留意。


特性考察 節を編集

プレッシャー
通常特性。自分に向けて使われた技のPPを1減らす。
耐久型で低PP技を枯らす程度なら望めるが、それならば後述するほのおのからだの方が役割と噛み合っている。
効果そのものよりはアナウンスによるS判定が重要。幸いにも一致技の一貫性が高いことから上さえ取れれば負担を掛けやすく、
アタッカー型で同じアナウンス特性持ちとの対面で行動順がわかれば、それだけで非常に動きやすくなる。
一方、それがゆえにこだわりスカーフを見抜かれやすいデメリットでもあるため、スカーフ採用時には注意が必要。
BDSPでは現状こちらの特性の入手手段が無いため未解禁。
ほのおのからだ
隠れ特性。接触してきた相手を30%で火傷状態にする。
相手物理アタッカーの先制技などを読んで繰り出すことで、火傷による逆転の目を引ける可能性がある。
ただしファイヤーが弱点とするタイプは非接触の技が多め。発動も確率次第なので過信は禁物。
BDSPでは現状こちらの個体しか入手できないため、この特性で確定。

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中追加効果備考
だいもんじ110(165)85火傷10%やや命中難だが採用しやすい主力技。
オーバーヒート130(195)90特攻↓↓最高火力のメインウェポン。二刀や撃ち逃げに最適。
もえつきる130(195)100炎タイプ喪失オーバーヒートに並ぶ最高火力。炎タイプがなくなり、耐性が変化する。
自身が炎タイプでないと使用できず、交換しないかぎり再使用できない。
耐性が変化するので、リザードンとの差別化要素として重要。詳細後述。
かえんほうしゃ90(135)100火傷10%命中安定だが威力不足。
ぼうふう110(165)70混乱30%対格闘やウルガモス?。交代読みで水などに。雨なら必中。
エアスラッシュ75(112)95怯み30%ぼうふうと選択。追加効果は優秀だが威力は控えめ。
ソーラービーム120100溜め技炎半減の水・岩に刺さる。奇襲目的ならパワフルハーブ必須。
にほんばれとセット採用も。草技はこれだけ。
ほのおのうず35(52)85拘束耐久型の場合の選択肢。最大HPの1/8のダメージを与え続ける。
しめつけバンドと併せると毎ターン1/6、やけどと併せると2割強削ることができる。
剣盾技マシン。ピカブイレベル技。
げんしのちから60100全能力↑10%リザードンやミラー戦対策。岩4倍相手に刺さる有効打。
ウェザーボール50/100100天候で変化晴れならかえんほうしゃ以上の性能安定一致技に、
雨なら炎としては珍しい水技になる。
物理技タイプ威力命中追加効果備考
フレアドライブ120100反動1/3
火傷10%
一致技。高威力だが反動が痛い。剣盾技レコード。
ブレイブバード120100反動1/3一致技。高威力だが反動が痛い。剣盾技レコード。
とんぼがえり70100攻撃後交代こだわりスカーフと相性◎。オーバーヒートの撃ち逃げなどにも。
ゴッドバード140(210)90急所率+1
怯み30%
物理の主力。溜め技。パワフルハーブと併せて。
ニトロチャージ50(75)100素早さ↑100%威力は低いが効果は小さくない。USUM教え技。
変化技タイプ命中備考
はねやすめ--最大HPの半分を回復、先制時はそのターン飛行タイプを失う。
通常時は地面技が抜群になるが、もえつきている場合は全てが等倍になる。
おにび85物理に当てると役割を持てる。はねやすめも欲しい。
みがわり--状態異常を防ぐ。プレッシャーと合わせて相手のPP削りにも。
しんぴのまもり--耐久戦で居座りたいときに便利。
にほんばれ--自身の決定力向上に。
あまごい--炎タイプでは珍しいあまごい使い。
とんぼがえりと併せ偽装雨パのエースへ。
おいかぜ--味方の素早さを倍化。USUM教え技。
あさのひざし--体力回復の再生技だがはねやすめと選択になる。XD産限定技。
ほえる--積み技対策。

もえつきるについて 節を編集

ファイヤー以外のほのおタイプで覚えるのはバクフーンウインディ、禁止伝説のホウオウのみ。
習得者では最高の特攻を持つ上に複合タイプであることがポイント。もえつきる使用後も一致特殊飛行技により一定の火力が維持できる。

また、使用すると4倍弱点が一時的に無くなる点も見逃せない。通常は耐久無振りだとA252ガブリアスのがんせきふうじが43.8%の乱1のところを、
もえつきる使用後は同がんせきふうじが中乱数2、A特化ストーンエッジすらも確定耐えと明確に確定数にズレを生じさせることが出来る。
これを利用して炎技半減読みで出てきた相手の岩技を確定で耐え、反撃のzぼうふうなどで返り討ちにするといった芸当が可能となった。
さらに、この状態ではねやすめを使うと「タイプなし」の状態になるため弱点がなくなり、耐久型においても固有の戦術を狙うことが出来る。
総じて戦術性の高い技であるため、メガリザードンYとの差別化のためにも積極的な採用が望まれる。


型考察 節を編集

アタッカー基本型 節を編集

特性:プレッシャー/ほのおのからだ
性格:ひかえめ/おくびょう
努力値:特攻252 素早さ252 or 特攻252 素早さ調整 残りHP
持ち物:こだわりスカーフ/こだわりメガネ/とつげきチョッキ/ヒコウZ/回復アイテム
確定技:だいもんじorかえんほうしゃorオーバーヒートorもえつきる/エアスラッシュorぼうふう
選択技:げんしのちから/めざめるパワー(草/氷/地)/ニトロチャージ/とんぼがえり/おにび/どくどく/はねやすめ/ソーラービーム(クサZ)

メガリザードンYとは素の耐久の高さや、ぼうふうやとんぼがえりを覚える点で差別化。とつげきチョッキ装備で差別化が顕著になる。
もえつきるは使用後に炎タイプが消え、交換しない限り再使用できないため、搭載時は扱いやすい炎技との両立もあり。また、その性質上こだわりアイテムとも相性がよい。
ヒコウZと高火力命中不安なぼうふうとの相性はよく、無振りガブリアスクラスならひかえめで確1。

基本的にはシールド状態のギルガルド?をもえつきるで確1にできるひかえめC252がおすすめ。
アイテムや特性に頼らずシールド状態を命中100%技で1撃で突破できる数少ないポケモン。
守られた場合は不発と言う扱いを受け、ほのおタイプは失われない、
最速たべのこしギルガルドにみがわりをされると負ける恐れがあるのでSは最速ギルガルド抜きも推奨(補正なしS112で最速ガルドは抜ける)。
有効打がもえつきるワンウェポンの場合、交代読みでみがわりをされた場合、ハメ殺される可能性もある(めざ地でみがわりは壊せる)。

+  折りたたみ
+  折りたたみ

耐久型 節を編集

性格:ずぶとい/おだやか
特性:ほのおのからだ/プレッシャー
努力値:HP252/防御or特防252残り4又は防御特防調整
持ち物:しめつけバンド/たべのこし
確定技:はねやすめ/ほのおのうず
選択技:おにび/まもる/みがわり/フリーフォール

サンダーとほぼ同等の耐久指数を持つ事から耐久型としての運用ができる。
拘束技の定数ダメージによるダメージレースを仕掛けられる。
岩4倍が痛いがストーンエッジはプレッシャーによってまもるやみがわり連打でPPを削りきれる。
HP252振りだけでおにび込みでようきガブリアスのげきりんに対してはねやすめで受け切れる。
いじっぱり相手には無補正で防御に124以上振る必要がある。

+  折りたたみ
+  折りたたみ

対ファイヤー 節を編集

注意すべき点
こだわりメガネでのオーバーヒートから次のサイクルでだいもんじといった風に火力に物を言わせて押してくることがあり、
そうなると無振りガブリアスヒートロトム程度までは突破されうるため、侮りすぎるとサイクルを破壊されて大きな打撃を被る。
また、補助技とプレッシャーを駆使した耐久型も存在し、素の耐久とおにびによって耐えられる攻撃をみがわりで耐えつつPPを削ってくるため、
本来完封できたはずのヒードランバンギラスが逆に起点にされるという場合も存在する。
耐久もそこそこあるので不一致弱点の技一撃で落とすのは4倍の岩でないと厳しい。
対策方法
岩タイプであれば炎と飛行を両方半減できる。
ファイヤーは逃げていくことが多いのでファイヤーの後続に負担をかけるように立ち回りたい。
相手の持ち物がこだわりスカーフでないことが確認できたら、より速いポケモンで一気に潰しにかかるのも手。
クサZソーラービームやめざめるパワー以外ではいわタイプへ有効打を持っている個体も少なくステルスロックで1/2もの体力が削られるため非常に有効。
メガリザードンYやウルガモスの対策ができているならばほぼ同じ手が通用するが物理耐久はややリザードンより高く、ほのおのからだがあるのでやけどに注意。