バクフーン - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

バクフーン 節を編集

No.157 タイプ:ほのお
通常特性:もうか(HPが最大値の1/3以下の時、炎技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:もらいび(受けた炎タイプの技を無効化し、炎技の威力が1.5倍になる)
体重:79.5kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
ふんかHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
バクフーン78847810985100534もうか/もらいび
エンテイ115115859075100580プレッシャー/せいしんりょく
コータス7085140857020470しろいけむり/シェルアーマー/ひでり
バクーダ70100701057540460マグマのよろい/ハードロック/いかりのつぼ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)みず/じめん/いわ
いまひとつ(1/2)ほのお/くさ/こおり/むし/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

特性「もらいび」の場合、ほのお無効


リザードンと同じ種族値を持つほのお御三家の一角。
レートで使用できるふんか持ちではエンテイと並び最速、かつ最も高い特攻を持つポケモン。
また、HPが減った場合には特性もうかの発動が期待できるため、
序盤から終盤まで高威力の一致炎技による制圧を狙えることが強みである。

一方で上記の一発芸が非常に読まれやすく対策されやすいことが欠点。
C109S100という数値もアタッカーの数値インフレが進む現環境では飛び抜けて優秀なわけではなく、
炎タイプのエースには他にも優秀なポケモンが多いこともあってあまり採用率は奮っていない。

第7世代からレベルアップで「もえつきる」を習得。高火力だが技の使用後は自身の炎タイプがなくなり、連発は不可能。
バクフーンのほかに使用できるのはウインディファイヤーホウオウのみ。



特性考察 節を編集

もうか
通常特性。
初撃はふんか、体力が減ってきたらもうかによる火力UPと二段構えをとる事ができる。
もらいび
隠れ特性。
おにびやその他炎技読みで繰り出せるようになる。
トレースに注意。

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中追加効果備考
ふんか~150(225)100-バクフーンの代名詞ともいえる強力な炎技。こだわりスカーフではほぼ確定。
オーバーヒート130(195)90特攻↓↓もうかが発動すれば威力292となり、ふんかより火力が高くなる。
もえつきる130(195)100炎喪失技の使用直後に自身の炎タイプがなくなり弱点も耐性もなくなる。
先手で使えば返しの弱点技を等倍で受けられ、スカーフとも好相性。
一方、連続で使うことはできないため、こだわり型で採用する場合は要注意。
だいもんじ110(165)85火傷10%もうか発動で威力247となりふんかより火力が出る。連発可能。
ねっぷう95(142)90火傷10%ダブル向け。噴火が有効に使えないHP帯の時の保険。USUM教え技。
かえんほうしゃ90(135)100火傷10%命中安定・威力控えめ。
ふんえん80(120)100火傷30%攻撃しつつ火傷撒きも狙える。
きあいだま12070特防↓10%炎と合わせて攻撃範囲は広い。岩タイプやヒードランに有効。
ソーラービーム120100-晴れパかパワフルハーブと併せて。水/岩タイプに有効。
じんつうりき80100怯み10%炎/格闘水/毒ハリテヤマ(あついしぼう)、ニョロボンに有効。
物理技タイプ威力命中追加効果備考
フレアドライブ120(180)100反動ダメ1/3
火傷10%
物理の主力技。反動は痛いがもうか発動もできる。
ニトロチャージ50(75)100素早さ↑100%威力は低いが素早さを上げられる
じしん100100-炎技との相性補完に優れる。
ワイルドボルト90100反動1/4水タイプや4倍弱点に対して。反動でもうか発動も。第7世代技マシン。
いわなだれ7590怯み30%炎タイプや飛行/ドラゴン等に。
けたぐり~120100-岩タイプやサザンドラ?に有効だが威力は不安定。USUM教え技。
きあいパンチ150100-教え技。高威力だが条件が厳しい。
きしかいせい~200100-きあいのタスキやみがわりと合わせれば最大火力。
でんこうせっか40100優先度+1唯一の先制技。
変化技タイプ命中備考
おにび85耐久ポケモン対策と物理アタッカー潰しに。命中不安、炎タイプの繰り出しに注意。
みがわり-状態異常技の回避、きしかいせい用の調整、もうかの発動、きのみの発動などに。
ふんかとの相性は悪い。
しぜんのちから-フィールド展開を軸に入れるなら良いサブウェポンになる場合も。通常時はトライアタック。遺伝技。
ほえる-噴火やもえつきる後の起点化を防ぐ手段として。

型考察 節を編集

スカーフ型 節を編集

特性:もうか/もらいび
性格:ひかえめorおくびょう
努力値:C252 S調整 残りH / C252 S252
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:ふんか/もえつきるorオーバーヒートorだいもんじorかえんほうしゃ
選択技:きあいだまorじしん/ソーラービーム(晴れパ用)/じんつうりき

スカーフで素早さを補強し、最高威力のふんかを先制で放つ型。
体力が削れるとふんかの威力が下がるため、終盤でも使える別の炎技を両搭載するのが基本。
うまく特性が発動すれば、だいもんじでもふんか以上の火力となる。

C特化ならHP最大ふんかで、等倍でクレセリアを低乱数2発。
半減でも無振りガブリアスボーマンダを4割強削れる。
相手に特殊受けや炎無効がいなければ、基本は交代読みでも炎技を押し付けていくとよい。

バンギラスヒードランが鬼門であるため、きあいだまの優先度は高め。
なおヒードランだけを考えるなら下降補正無振りじしんでも確2のため、命中安定を取る場合は選択肢となる。

晴れ状態で運用すれば炎技威力アップに加え、水タイプに刺さるソーラービームも使えるため一考の価値有り。
ただし晴れ始動のひでり持ちとはタイプが被るため、シングルでは必然的にもう1枠のポケモンの負担が大きくなることに注意。
ダブルなら構築に余裕があるため比較的晴れ運用しやすい。ふんかが味方を巻き込まない全体攻撃であることもポイント。

素早さ100族は気になる要素だが、90~100族付近のメジャーなスカーフポケモンは準速が多いため、基本はひかえめでも十分と言える。

特殊アタッカー型 節を編集

特性:もうか/もらいび
性格:おくびょうorむじゃきorせっかち
努力値:C252 S252 or S252 AC調整 
持ち物:いのちのたま/きあいのタスキ/ヤタピのみ/ラムのみ/こだわりメガネ/パワフルハーブ/Zクリスタル
確定技:オーバーヒートorだいもんじorかえんほうしゃ
選択技:ふんか/もえつきる/きあいだま/めざめるパワー(草/電気/氷)/ソーラービーム/ニトロチャージ/じしん/ワイルドボルト/いわなだれ/けたぐり/おにび/みがわり

シンプルなアタッカー型。
スカーフ型より小回りが利き、サブウェポンの読まれにくさから奇襲性に優れる。
特殊より物理に良技が揃っているため特殊一辺倒の構成よりも両刀推奨。
メインの炎技とふんかの両立もあり。

型サンプル
特性 :もうか
性格 :むじゃき
努力値:CS252
持ち物:いのちのたま
技構成:だいもんじ/じしん/ワイルドボルト/みがわり

有利なタイプ相手にみがわりを貼り、ふんかを受けにきた炎、水タイプにサブウェポンで反撃する。
みがわりはもうか発動の調整にも使えて便利。

対バクフーン 節を編集

注意すべき点
タイプ一致によるふんかは驚異。味方を巻き込まない全体攻撃なので、ダブルバトルでは気軽に使ってくる。
HPが減ってももうかによって強化された炎技が待っているため油断できない。
基本は炎技しか使ってこないがサブウェポンも比較的豊富である。
対策方法
ふんかの威力は残りHPに依存しているため先制技やまきびし、なによりステルスロックで削っておくとダメージを減らす事ができる。
ふんかを使えるポケモンとしては最速ではあるものの、特別素早いわけではないため持ち物はこだわりスカーフである事が多く、
その点でも対処はしやすい。

半減でも炎技の火力は相当な削りとなるため、高耐久の水タイプやバンギラスヒードランで受けに行きたい。
ただし交代読みの弱点技には注意すること。