アゲハント - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

アゲハント 節を編集

No.267 タイプ:むし/ひこう
通常特性:むしのしらせ(HPが残り1/3以下になると、むしタイプの技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:とうそうしん(相手と同じ性別だと技の威力が1.25倍、異なると0.75倍になる。性別不明には効果なし)
体重  :28.4kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
蝶舞虫/飛行HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
アゲハント6070501005065395むしのしらせ/とうそうしん
バタフリー604550908070395ふくがん/いろめがね
アメモース7060621008280454いかく/きんちょうかん
ガーメイル709450945066424むしのしらせ/いろめがね

ばつぐん(4倍)いわ
ばつぐん(2倍)ほのお/でんき/こおり/ひこう
いまひとつ(1/2)むし
いまひとつ(1/4)くさ/かくとう
こうかなしじめん

第三世代の序盤虫ポケモン。
高めの特攻と強力な積み技ちょうのまいを持つものの、鈍足低耐久と耐性の悪さにより、積む余裕を確保しづらい。
同じ特徴を持つバタフリーアメモースには素早さや特性の汎用性の高さ、ひこう技の火力で負けている。

BDSP環境においてもエアスラッシュやぼうふうを覚えられない。
差別化として有用な技も特に追加されていないため、相変わらず非常に厳しい立ち位置となっている。
採用するならば、劣化を承知で使いやすさを重視した構成での運用が望ましいだろう。



特性考察 節を編集

むしのしらせ
メインの虫技を補強。タスキとあわせれば容易に発動可能だが、他のむしタイプとの差別化が非常に困難。
ガーメイルより低い耐久を逆に活かせるか。
とうそうしん
隠れ特性。虫タイプでは唯一。
上昇幅は小さいがサブウェポンも補強可能。しかし性別が不一致だと火力が落ちると言うリスクもあり、無性別相手には実質特性無しで戦うことになる。
とはいえ、他との差別化を図るのであればこれを採用するしかない。
+  準伝説で性別のあるポケモン

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力
[シラセ]
命中追加効果備考
むしのさざめき90(135)
[202]
100特防↓10%タイプ一致技。性能安定。みがわり貫通。
エアカッター60(90)95急所ランク+1タイプ一致技。ぼうふうやエアスラッシュは覚えない。
サイコキネシス90100特防↓10%対毒。アメモースとの差別化にも。
シャドーボール80100特防↓20%対ゴースト。虫技とあわせて全18タイプに等倍以上。
ギガドレイン75100HP吸収虫技と半減範囲が被る。ちょうのまいと相性が良い。
エナジーボール90100特防↓10%威力重視。
とんぼがえり70(105)
[157]
100自分交代攻撃しつつ撤退。ちょうのまいとの相性は悪い。
変化技タイプ命中備考
ちょうのまい-特攻・特防・素早さ補強。抜き性能の向上に。
しびれごな75妨害技。電気や草、そうしょくには無効。
フラッシュ100妨害技。下降は1段階だけだが、タイプで無効化されず命中安定。
メロメロ100とうそうしんでの異性対策に。
ふきとばし-積み技対策。起点化回避に。
おいかぜ-過去作教え技。サポート用。味方の素早さ倍増。
みがわり-補助技対策や、むしのしらせの発動、ちょうのまいの機会確保に。
はねやすめ-回復技。先手で使うと耐性が変化。
あさのひざしも覚えるが汎用性はこちらの方が高い。

型考察 節を編集

ちょうのまい基本型 節を編集

特性:むしのしらせ(推奨)/とうそうしん
性格:おくびょうorひかえめ
努力値:CS252
持ち物:きあいのタスキ
確定技:むしのさざめき/ちょうのまい
攻撃技:ギガドレインorエナジーボール/エアカッター/サイコキネシス/シャドーボール  
補助技:みがわり/しびれごな/ふきとばし

ちょうのまいを積んで戦う特殊アタッカー型。
素の耐久・素早さが低く、安全に積むにはタスキがほぼ必須だが、特攻はアメモースと同等で、特性が発動すれば更に補強可能。
無補正C振り+ちょうのまい+むしのしらせでH振りクレセリアを確1。
とうそうしんはデメリットが大きいので非推奨だが、他のむしタイプとの差別化を図るのであればこれを採用するしかない。


対アゲハント 節を編集

注意すべき点
高めの特攻と火力補強の特性・積み技を併せ持つ。
草技やシャドーボール等のサブウェポン、とうそうしんでの火力アップにも注意。
対策方法
素早さが高いポケモンで、舞われる前に上から弱点技やちょうはつを撃つ。
タスキ潰しの先制技・連続技を持つポケモンも有利。
バタフリーアメモース等の対策が出来ていれば問題ないが、性別が一致しているポケモンはとうそうしんの存在を留意しておくこと。