ミカルゲ - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ミカルゲ 節を編集

No.442 タイプ:ゴースト/あく
通常特性:プレッシャー(受けた技のPPを1多く減らす)
隠れ特性:すりぬけ(リフレクター・ひかりのかべ・しんぴのまもり・しろいきり・みがわりを無視して攻撃できる)
体重  :108.0kg(けたぐり・くさむすびの威力100)
霊/悪HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ミカルゲ50921089210835485プレッシャー/すりぬけ
ヤミラミ507575656550380するどいめ/あとだし/いたずらごころ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)フェアリー
いまひとつ(1/2)どく
いまひとつ(1/4)---
こうかなしノーマル/かくとう/エスパー

数少ないゴーストあく複合タイプ。ヤミラミには種族値で大幅に勝る。
ただしいたずらごころを持つあちらに対し、こちらは鈍足中耐久でダメージが嵩みやすい。
単なる耐久型としてはむしろ劣化になりかねないので、すりぬけを採用したサブアタッカー型が基本運用。
無効タイプが3つと多い一方、半減タイプも1つしか無いので等倍で殴られやすいので、ある程度耐久も調整しておきたい。

そのすりぬけはみがわり貫通のおにびやいたみわけ、おきみやげを使用可能。壁も貫通するのでアタッカーとしてもありがたい。
ただしトリックを失っており、こだわりアイテムを押しつける運用はできなくなっている。
また、一致高威力技のポルターガイストもBDSPには存在しておらず、火力面ではかなり不安が残る。

仕様面に目を向けると、久々に大きく追い風が吹いていると言える。
唯一の弱点であるフェアリーが第四世代当時はいなかったので、結果的に数を大きく減らすことに。
更にメガシンカ、Zワザ、ダイマックスといった火力補強手段が悉く存在せず、余程の火力で無ければ多少耐えやすくなっている。
すりぬけによる誤魔化し・時間稼ぎ手段を突破する性能も優秀であり、総じて代替の利きづらい魅力を獲得することになった。

かなしばりを新規習得。



特性考察 節を編集

プレッシャー
通常特性。耐久値は中の上と、十分耐久型も考えられる。
すりぬけの個体が入手困難なこともあるためこちらでもよいが、可能であればすりぬけを優先したい。
すりぬけ
隠れ特性。みがわり持ちを攻撃・妨害できるため、基本的にこちら。
壁も貫通できるが、アタッカーとしては力不足。

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中追加効果備考
あくのはどう80(120)100怯み20%タイプ一致技。無効タイプなしだがフェアリー・格闘に半減。
シャドーボール80(120)100特防↓20%タイプ一致技。フェアリーに通るがノーマルに無効。
バークアウト55(82)95特攻↓100%タイプ一致技。追加効果が優秀。プレッシャーでもみがわり貫通。
物理技タイプ威力命中追加効果備考
ふいうち70(105)100優先度+1タイプ一致技。読みが要るが高威力の先制技。
かげうち40(60)100優先度+1タイプ一致技。低威力だが使いやすい先制技。
がんせきふうじ6095素早↓100%追加効果で後続サポート。
変化技タイプ命中備考
まもる-状態異常技・のろいのターン稼ぎや、プレッシャーとあわせて。
ねむる-状態異常も含め全回復。カゴのみとあわせて。
いたみわけ-削り技兼回復技。低めのHPと相性がよい。
わるだくみ-特攻を強化。特殊型の決定力向上に。
めいそう-特攻・特防を補強。特殊方面を補える。
おにび85妨害技。物理アタッカーに。すりぬけならみがわり貫通。
さいみんじゅつ60当たれば大きなリターン。
かなしばり-相手の有効打を封じたい。
みがわり-補助技対策や、交代読みで。プレッシャー・ふいうちと相性がよい。
ちょうはつ100補助技対策。遅いので使いにくい。
おきみやげ100起点作りに。すりぬけならみがわり貫通。
みちづれ-苦手なアタッカーを道連れに。鈍足ゆえ使いづらい。
連続使用で必ず失敗。
のろい-起点回避・退場技。プレッシャーでもまもる・みがわり・ミストフィールド貫通。
うらみ100低PPの大技に。プレッシャーとあわせて。
ふういん-ダブル用。まもるやふいうちを封じたい。

型考察 節を編集

物理流し基本型 節を編集

特性:すりぬけ
性格:ずぶといorのんき
努力値:HB252ベースで調整
持ち物:ゴツゴツメット/たべのこし/オボンのみ/カゴのみ
確定技:おにび
優先技:イカサマ
攻撃技:ふいうち/おいうち/かげうち/あくのはどう/シャドーボール
補助技:いたみわけ/ねむる/どくどく

ゴーストの耐性を活かした基本的な物理受け。
特性すりぬけが、他の物理受けポケモンとの最大の差別化点。
みがわりを恐れずにおにびを入れることができるので、非常に有用と言える。

物理受けの性質上、高火力アタッカーと対峙することが多い。
その際、相手の高い攻撃を利用できるイカサマの優先度は高い。

いたみわけ型 節を編集

特性:すりぬけ
性格:しんちょうorおだやかorなまいき
努力値:HD252
持ち物:ゴツゴツメット
確定技:いたみわけ/おにび
攻撃技:かげうち/ふいうち/あくのはどうorシャドーボール
選択技:まもる/みちづれ/みがわり/のろい

物理技はおにび、特殊技はD特化で耐えていたみわけで粘る型。

両耐久型 節を編集

特性:すりぬけ
性格:ずぶとい
努力値:HB252
持ち物:カゴのみorたべのこし
確定技:めいそう/おにび/あくのはどうorシャドーボール
選択技:サイコキネシス/めざめるパワー(闘/地/炎)/ねむる/いたみわけ/みがわり

防御に特化し、めいそうで特防を強化する型。
火力も上がるので攻撃技も活かせる。

とつげきチョッキ型 節を編集

特性:すりぬけ
性格:なまいき
努力値:H252 BD調整
持ち物:とつげきチョッキ
確定技:イカサマ
優先技:おいうち
選択技:ふいうちorかげうち/シャドーボール/バークアウト/がんせきふうじ/こごえるかぜ

特殊型エスパー・ゴースト対策を意識した構成。
ギルガルドなどが役割対象に含まれるため、イカサマは確定。

物理型 節を編集

特性:すりぬけ
性格:ゆうかん
努力値:H252 A調整
持ち物:オボンのみorこわもてプレート
確定技:おいうち/イカサマ
選択技:ふいうちorかげうち/あくのはどうorシャドーボール/サイコキネシス/がんせきふうじ/おにび

エスパー、ゴーストや物理耐久の低い相手を狩る型。A特化ミカルゲのふいうちは無補正A振りドンカラスのふいうちの9割程度の威力。
ふいうち対策でみがわりを張られても、すりぬけで貫通できるので不利になりにくい。
ギルガルド?グライオンに安定してダメージが入るシャドーボールかあくのはどう採用も推奨。
ギルガルドに対しては後攻でブレードフォルムを叩けるため、無補正無振りでH振りギルガルド(ブレード)を低乱1程度の威力となる。
がんせきふうじはおにび無効の炎タイプに有効なほか、起点にされることを防いだりと汎用性がある。

特殊型 節を編集

性格:ひかえめorれいせい
努力値:H252 C調整
持ち物:オボンのみ/カゴのみ/メンタルハーブ/くろいメガネ/こだわりメガネ/こうこうのしっぽ
確定技:あくのはどうorシャドーボール
攻撃技:サイコキネシス/めざめるパワー(闘/地/炎)/ふいうち/かげうち/おいうち
補助技:おにび/めいそう/わるだくみ/ねむる/いたみわけ/トリック

無効タイプが3つあるので、H振りだけでもこれらを読んでエスパーや格闘に出していける。
物理型に比べメインウェポンが性能安定で使いやすいが、威力は80止まりなので火力不足気味。
先制技や補助技も活用したい。


対ミカルゲ 節を編集

注意すべき点
攻防に優秀なタイプと種族値、豊富な補助技、みがわりを貫通できるすりぬけと、撹乱性能が高いポケモン。
フェアリー以外に弱点は無く、防御面に特化すれば多くのポケモンの攻撃を1発は耐える事が多い。
そのタイプと特性から、みがわりを主体とする受け戦術、特に無限グライオンに対して強い。
対策方法
悪タイプやフェアリータイプに対してはあまり有効打がない。
イカサマやおにびがあるのでできれば特殊で相手をしたい。ちょうはつを持っていればなおさらよい。
じこさいせい等の再生回復技は持たないので、高火力の一致等倍技でも押していける。