アズマオウ - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

アズマオウ 節を編集

No.119 タイプ:みず
通常特性:すいすい(雨の時に素早さが2倍になる)
     みずのベール(やけど状態にならない)
隠れ特性:ひらいしん(でんきタイプの技を受けた時、その技を無効化し特攻を1段階上げる。
           ダブルバトルで、自分以外のポケモンが使った単体対象のでんきタイプの技の攻撃対象を自分にする)
体重  :39.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
電気吸収水HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
アズマオウ809265658068450すいすい/みずのベール/ひらいしん
ランターン1255858767667460ちょすい/ちくでん

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)でんき/くさ
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/こおり/はがね
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

特性「ひらいしん」の場合、でんき無効


特性ひらいしんにより、本来は抜群のでんきを無効化できるみずタイプ。
電気タイプにサブウェポンとして採用されやすいこおり技、ほのお技の両方に耐性のあるポケモンとして役割を持ちやすい。
同じくでんき無効のみずタイプであるランターンがライバルで、比較対象にも上がりやすい。違いは下記の通り。

アズマオウにできる事
でんきポケモンを流しつつ後続につのドリルで負担を掛けられる。
・能力値に沿って物理技で戦うこともできる。
・地面技を等倍で受けられる(耐久無振りで陽気ガブリアスのじしんを1発耐える程度)。
ランターンにできる事
・10まんボルト/ボルトチェンジ等の一致電気技。
・でんじはによる素早さ逆転とサポート。

第8世代から習得技からどくどくが削除。BDSPではドリルライナーをも覚えられず。
これまでの定数ダメージに頼った戦法からの転換が求められている。



特性考察 節を編集

すいすい
雨で素早さ2倍になり、準速スカーフゴウカザルに迫る素早さになる。
下記のひらいしんが有名であり奇襲にもなる等、決して性能は悪くない。
しかし雨アタッカーを務めるとなるとゴルダックを初めとしたライバルが気掛かり。
アズマオウ自身が他の雨アタッカーに比べて個性に乏しいこともあって、現環境での採用率は低い。
みずのベール
物理技をメインに採用する場合にやけどが防げることは利点。
しかし効果が受動的かつほのお技もねっとうも半減のアズマオウが
受け出し以外でこれらの技を喰らうことはほぼ無く、何度も受けられるほど良好な耐性や耐久も持たない。
他のみずタイプとの差別化に苦慮することにもなる。
ひらいしん
隠れ特性。基本はこちらで確定。
水タイプでありながら抜群の電気技を無効化できる点は特筆に値する。
環境上位の電気タイプに役割を持てるようになるものの、
草技を覚えるでんきタイプも増えていることは覚えておきたい。
なお、かたやぶりの電気技は引き寄せられず無効化もできないが、
BDSP環境におけるかたやぶりの電気技持ちは特殊技しか覚えないラムパルドのみなので気にする必要はない。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
つのドリル一撃必殺30-耐久型も突破できるメインウェポン。
火力が中途半端なので、この技を主力として努力値を耐久に振った方が安定する。
ゴーストとがんじょうには効果無し。
アクアテール90(135)90-一致技。物理最高火力。アクアブレイクは覚えない。
たきのぼり80(120)100怯み20%威力はやや下がるが命中安定。すいすい型なら怯みも狙える。
ドリルライナー8095急所ランク+1教え技。ひらいしん型での電気への遂行技。剣盾技レコード
メガホーン12085-高威力で相性補完としても優秀。ただし水タイプには半減される相手が多い。
どくづき80100毒30%相性補完になかなかいいが、威力は低め。
じたばた~200100-タスキで耐えればかなりの威力。
ダイビング80(120)100-耐久型で時間稼ぎに使えるが、相手に隙を与えるリスクもある。剣盾技マシン
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
ねっとう80(120)100火傷30%特攻が低いので、主に火傷狙いで使う。
ハイドロポンプ110(165)80-特攻が低いため雨下でもない限り火力は出ない。
れいとうビーム90100凍り10%安定した相性補完技。
ふぶき11070凍り10%命中不安だが火力がないので採用もやむなし。
変化技タイプ命中備考
みずびたし100相手の一致技の威力を下げ、ゴーストにつのドリルを当てられる。
あまごい-すいすい型で擬似的な積み技として。水技強化&すばやさ2倍。
みがわり-すいすい型で様子見、状態異常の回避、じたばた用の調整、きのみの発動に。
ねむる-耐久型での回復手段に。
ねごと-ねむるとセットで使える。眠り状態での行動&つのドリルのPP節約になる。
アクアリング-耐久型での回復用に。
つるぎのまい-火力不足を解消。つのドリルに頼らないなら採用検討。
つぼをつく-ランダムな積み技。試行回数は稼ぎやすい。

型考察 節を編集

特殊受け型 節を編集

特性:ひらいしん
性格:おだやか
努力値:HD252
持ち物:たべのこし
確定技:つのドリル
選択技:ねっとう/みがわり/まもる/アクアリング

電気タイプに受け出しし、つのドリルで負荷をかけていく。
電気タイプのサブウェポンで多い氷・炎半減でくさむすびの威力も60なため、不一致なら十分に受けられる。

脚が遅く耐久もギリギリなため、みがわりやまもるがあれば安定しやすい。


相性考察 節を編集

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対アズマオウ 節を編集

注意すべき点
電気技を通さないみずタイプ。おかげで弱点は草しかないので数値以上に硬い。
耐久同士の戦いではつのドリルがあるためかなり強く小さくなる戦法にも対応できる。
対策方法
つのドリルの存在が耐久戦で不利に持ち込まれる要因なので、みがわりを張っておけば対処が楽。
つのドリルのPPを増やしても最大で8。プレッシャー持ちの耐久型ポケモンなら試行回数を稼がせずに処理できる。
また物理耐久はあまり高くないので、高威力の一致草物理を持つポケモンなら安定して倒せる。