ザングース - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ザングース 節を編集

No.335 タイプ:ノーマル
通常特性:めんえき(どく状態にならない)
隠れ特性:どくぼうそう(どく・もうどくの時、物理技の威力が1.5倍になる)
体重  :40.3kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
毒暴走/根性NHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ザングース7311560606090458めんえき/どくぼうそう
リングマ9013075757555500こんじょう/はやあし/きんちょうかん
ラッタ558160507097413にげあし/こんじょう/はりきり
オオスバメ6085607550125455こんじょう/きもったま

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)かくとう
いまひとつ(1/2)---
いまひとつ(1/4)---
こうかなしゴースト

状態異常から無双を狙うコンボを持つポケモン。
攻撃以外の種族値は平凡だが、「どくぼうそう」発動中のからげんきはこだわりハチマキ持ちオノノクス?のげきりん相当の高火力。
素早さも激戦区の80族周辺は抜いており、中速域のアタッカーや耐久型に役割対象を絞れば、上から叩くには充分な数値。
積み技やサブウェポンも揃っているため、うまく場作りができればかなりの制圧力を発揮できる。

どくどくだまからの「どくぼうそう」発動をメインにするため、
どくどくだま発動前はトリック・すりかえ・はたきおとす・ミストフィールドなどに注意。

BDSPで「でんじは」を新規習得。



特性考察 節を編集

めんえき
通常特性。毒・猛毒を防げるが効果がピンポイントで、防いだところで元の耐久種族値が低いため恩恵を感じる場面は皆無。
「どくぼうそう」の火力を捨ててまで採用する理由が無いため候補外。
どくぼうそう
隠れ特性かつ固有特性。毒・猛毒状態の場合に物理攻撃技の威力が1.5倍となる。
似た効果のこんじょうと違い火傷や麻痺では発動できず、火傷状態のダメージ半減も防げないため事実上の下位互換。
発動時の火力は相当なもので、一致からげんき(火力指数:57645)や広い技範囲を活かす事ができる。
毒状態のターン毎のダメージは受けるので忘れずに。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
からげんき70(105)100状態異常で威力倍増タイプ一致技。どくぼうそう・どくどくだまとあわせて。
インファイト120100防御・特防↓対岩・鋼。能力低下のデメリットは小さい。
はたきおとす65/97100道具排除対ゴースト。追加効果が優秀。USUM教え技。
じごくづき80100音技2ターン封印対ゴースト。威力安定。音技封じつき。USUM教え技。
シャドークロー70100急所ランク+1対ゴースト。超/闘に抜群。つじぎりも覚える。
ほのおのパンチ75100火傷10%対鋼。ハッサムエアームドに。USUM教え技。
なげつける-100持ち物消費どくどくだまを投げつけて疑似どくどく。
でんこうせっか40(60)100優先度+1タイプ一致技。先制技。対面性能の向上に。
フェイント30(45)100優先度+2タイプ一致技。タスキ潰しに。他の先制技より速い。
変化技タイプ命中備考
まもる-どくぼうそうの発動に。
みがわり-補助技対策や、どくぼうそうの発動に。
つるぎのまい-攻撃を強化。先制技とあわせて。
ちょうはつ-耐久型対策。
でんじは-中速を補える。電気や地面に無効。
はらだいこ-攻撃を超強化できるが低い耐久をさらに削ることになるため、発動が非常に難しい。
はらだいこ+どくぼうそうが決まれば、でんこうせっかでB4ガブリアスを確1という脅威の火力に。

型考察 節を編集

どくぼうそうアタッカー型 節を編集

特性:どくぼうそう
性格:ようき/いじっぱり
努力値:AS252
持ち物:どくどくだま
確定技:からげんき
優先技:みがわりorまもる
攻撃技:でんこうせっかorフェイント/インファイト/はたきおとす/ほのおのパンチ/シャドークロー/じごくづき
補助技:つるぎのまいorはらだいこ

みがわりorまもるでどくどくだまを発動させ、どくぼうそうからのからげんきで攻める。
以前からあるザングースの基本型だが、からげんき以外の技の採用率は環境により異なる。
からげんき威力140×タイプ一致1.5倍×どくぼうそう1.5倍=315。無補正A振りで指数52605。A特化なら指数57645。
弱点は突けないが、無補正A振りでも無振りガブリアスを乱1(68.8%)、A特化なら確1にするほどの火力により安易な後出しを許さない。

耐久が低いので、ザングースより素早いポケモン全般に弱い。
逆にザングースの方が素早さが上なら滅法強いので、補助技をみがわりにしておくと動きやすい場面が多い。
まもるだとどくどくだまを発動させても次ターンの攻撃で落ちるが、まもる読みの変化技or交代を更に読んでみがわりを残せれば大きなアドバンテージになる。

半端なすばやさをおいかぜ等でカバーすると動きやすい。
全抜きも充分視野に入る火力と攻撃範囲を持っているので、サポートする価値はある。
その場合は性格をいじっぱりにして更に火力を上げる選択肢もある。どくぼうそう・A特化インファイトでH振りメガガルーラを高乱1(87.5%)。

USUMよりはらだいこを新規習得したが、まともに攻撃を受けつつ積むのは壁サポート込みでも厳しいものがある。
味方のアンコールサポートで相手の動きを縛ったり、交代読みでの使用前提が現実的か。

+  サポートについて補足

対ザングース 節を編集

注意すべき点
特性どくぼうそうにより高い火力を発揮できる。
どくぼうそうで強化されたタイプ一致からげんきの威力は、こだわりハチマキ持ちオノノクス?のげきりんに匹敵する。
相性有利な耐久型もサブウェポンやつるぎのまいで突破される恐れがある。
ザングースより素早い速攻低耐久アタッカーは先制技で痛手を負わされる。
対策方法
持ち物はどくどくだまでほぼ固定なため、きあいのタスキやこだわりスカーフを考慮する必要性は薄い。
ザングースより素の素早さが速いポケモンや、こだわりスカーフ持ちで早急に倒してしまうのが最も安定する。
耐久力は低めなので、一致等倍の高火力技で落とせる。