ジュペッタ - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ジュペッタ 節を編集

No.354 タイプ:ゴースト 
通常特性:ふみん(ねむり状態にならない)
     おみとおし(自分が場に出た時、相手の持ち物がわかる)
隠れ特性:のろわれボディ(30%の確率で受けた技をかなしばり状態にする)
体重  :12.5kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
物理単霊HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ジュペッタ6411565836365455ふみん/おみとおし/のろわれボディ
ヨノワール451001356513545525プレッシャー/おみとおし
おみとおしトリックHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ジュペッタ6411565836365455ふみん/おみとおし/のろわれボディ
オオタチ857664455590415にげあし/するどいめ/おみとおし

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ゴースト/あく
いまひとつ(1/2)どく/むし
いまひとつ(1/4)---
こうかなしノーマル/かくとう

攻撃が高めのゴーストタイプだが、物理ゴースト共通の懸念事項である一致技の威力の低さに悩まされる。
鈍足低耐久寄りのアタッカーで、まず行動機会を確保するのが難しい。かといってトリックルームを使うには少々速い。
メガシンカの廃止により先制みちづれも不可能と、第四世代当時の環境を再現した結果、再び採用意義に欠ける羽目に。

BDSPではヨノワールがトリックを覚えられない。おみとおしと両立できる点はジュペッタならではの強み。
純粋なアタッカーとしては、一定の耐久を持ち技範囲にも長じるあちらに分があるので差別化点として有用。
自身は剥奪された技にこれといって重要なものは見当たらず、ほとんど影響が無い。
オオタチとはタイプからして違うため、差別化を意識する必要は無い。



特性考察 節を編集

おみとおし
ラムのみやこだわりアイテムを見通せるのは補助技を使う上で非常に便利。
相手の火力を把握することでみちづれを使うタイミングも見極めやすい。
ふみん
催眠技による機能停止を防げる。
ただしゲンガー等への後出しはハイリスク。ねむりごな持ちのくさむしへの有効打も乏しい。
のろわれボディ
隠れ特性。決まれば強力だが、耐久が低いためあまり試行回数は稼げない。
相手の有効打を封じるなら、かなしばりやふういんの方が確実。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
ゴーストダイブ90(135)100溜め攻撃タイプ一致技。まもる貫通。
おにび等のターン稼ぎにも使えるが、ノーマルへの交代に注意。
シャドークロー70(105)100急所ランク+1タイプ一致技。性能安定。
かげうち40(60)100優先度+1タイプ一致技。先制技。タスキ潰しに。
ダストシュート12080毒30%タマゴ技。シャドークローより高威力。
ゴースト技とあわせて全18タイプに等倍以上。
はたきおとす65/97100道具排除追加効果が優秀。おみとおしとあわせて。
ふいうち70100優先度+1読みは要るが、かげうちより高威力の先制技。
変化技タイプ命中備考
おにび85サポート用。物理アタッカーの弱体化に。
おみとおしでラムのみを見抜けるがこんじょうに注意。
でんじは90サポート用。速攻ポケモンの機能停止に。
おみとおしでラムのみを見抜ける。みちづれと相性が悪い。
ちょうはつ100補助技対策。ふいうちやみちづれと相性が良い。
いたみわけ-回復兼削り。タイミングはシビア。
かなしばり100起点作りに。おみとおしでこだわりアイテムを見抜ける。
トリック100ハチマキやスカーフ、おみとおしとあわせて。
みちづれ-苦手なアタッカーを道連れに。連発すると失敗するので注意。
トリックルーム-サポート用。自身が活かすには少々速すぎる。みちづれと相性が良い。
コットンガード-※第5世代時の配布限定。防御を超強化。
まもる-おにび等のターン稼ぎや、かなしばりとあわせて。
みがわり-補助技対策や、ふいうち・かなしばりとあわせて。
ふういん-ダブル向き。まもるやトリックルームとあわせて。

型考察 節を編集

おみとおし基本型 節を編集

特性:おみとおし
性格:いじっぱり/わんぱく/しんちょう
努力値:H252 耐久とAS調整
持ち物:こだわりハチマキ/こだわりスカーフ/オボンのみ/いのちのたま
確定技:シャドークロー/トリック
選択技:ダストシュート/かげうちorふいうち/みちづれ/トリックルーム/おにび/でんじは

おみとおしで相手の持ち物を察知し、
アタッカーにはこだわりアイテムの高い攻撃力で応戦、耐久型にはこだわりアイテムを押し付ける。

補助技のラインナップが優秀なので、こだわりアイテムを持たせない場合は補助技中心の構成の方がやりやすい。


相性考察 節を編集

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対ジュペッタ 節を編集

注意すべき点
高い攻撃からの一致シャドークロー・かげうちにより対面性能は高い。
特性おみとおしでこちらの戦術は見抜かれやすい。
対策方法
補助技はそれなりに豊富だが、素早さはあまり高くないのでちょうはつが効きやすい。
A種族値が高く耐久もそこまで高くないのでイカサマも有効。