ヨルノズク - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ヨルノズク 節を編集

No.164 タイプ:ノーマル/ひこう
通常特性:ふみん(ねむり状態にならない)
     するどいめ(命中率が下げられない・相手の回避率を無視して攻撃)
隠れ特性:いろめがね(相手に半減される技のダメージが2倍になる)
体重  :40.8kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
高耐久飛行HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ヨルノズク1005050869670452ふみん/するどいめ/いろめがね
トゲキッス85509512011580545はりきり/てんのめぐみ/きょううん

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)でんき/こおり/いわ
いまひとつ(1/2)くさ/むし
いまひとつ(1/4)---
こうかなしじめん/ゴースト

ノーマル×ひこう複合としては珍しい耐久寄りの種族値を持つ序盤鳥。
習得技や特性も割と独特であり、同複合との差別化は容易。

第八世代でどくどく、おいかぜが剥奪。BDSPではねっぷう、ドわすれも失っている。
反面、剣盾で失ったリサイクル、くろいまなざし、じこあんじは復活。
わるだくみも引き続き習得するが基本的にはサポート寄りの受け、流し役としての運用が行われる。

BDSPにおいては、ゴースト耐性を持つひこうタイプ、かつ耐久型と役割が被るバルジーナが不在。
攻撃面でトゲキッスには遠く及ばないながら、あちらは当時とタイプが異なるのもあり独自の採用意義を得たことになる。
同複合については耐久指数に結構な差があるため、差別化の意識は基本的に不要。



特性考察 節を編集

ふみん
催眠技持ちの草ポケモンに繰り出しやすくなる。
さいみんじゅつやあくびなども無効化できる点は強みであるため覚えておきたい。
するどいめ
命中を下げられないほか、相手の回避率上昇を無視できる。
ちいさくなる戦法にも強くなるが、恩恵が少々ピンポイント。
いろめがね
隠れ特性。エアスラッシュorぼうふうだけで岩・鋼複合、電気・鋼複合以外の相手に等倍以上をとれる。
ノーマル技もゴーストと岩・鋼複合以外には等倍になる。
C種族値も上昇したため、この特性を軸に据えたアタッカーも現実的なものとなった。
技威力に恵まれないいろめがね持ちでは唯一の一致威力110技(ぼうふう)の使い手であり、差別化においても優秀。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
ぼうふう110(165)70混乱30%タイプ一致の高火力技だが、命中不安。
雨下なら必中だが優先度の高いねっぷうの威力が下がる。
エアスラッシュ75(112)95怯み30%命中安定の飛行技。素早さが低いため、怯みはあまり狙えない。
ハイパーボイス90(135)100-一致技。性能安定。みがわり貫通。ぼうおんに無効。剣盾技レコード。
ムーンフォース95100特攻↓30%ドラゴン・悪対策に。追加効果も優秀。
ねっぷう9590火傷10%鋼対策に。剣盾技レコード。
サイコキネシス90100特防↓10%飛行と範囲が被る。毒タイプを意識するなら。
シャドーボール80100特防↓20%ゴースト対策に。いろめがねの場合は通常ロトムピンポイント。
ナイトヘッド-100-攻撃面に振らなくても一定のダメージを与えられる。
変化技タイプ命中備考
さいみんじゅつ60命中はかなり不安だが当たれば有利。ふみんトレースに注意。
ないしょばなし-高めの特防を補強できる。身代わり貫通。
フェザーダンス100タマゴ技。物理アタッカーへのごまかしに。
ふきとばし-タマゴ技。起点にしようとする相手を流せる。
リフレクター-サポート用。
おいかぜ-ターン制限があるが、交代したとき味方のサポートになる。USUM教え技。
はねやすめ-使いやすい回復技。弱点を消せるが格闘が抜群になる。

型考察 節を編集

いろめがねアタッカー型 節を編集

特性:いろめがね
性格:ひかえめorおくびょう
努力値:HC252orCS252ベースで調整
持ち物:Zクリスタルorこだわりメガネorこだわりスカーフ
確定技:ぼうふう(推奨)orエアスラッシュ
優先技:ハイパーボイス
攻撃技:はかいこうせん/ムーンフォース/サイコキネシス/シャドーボール
変化技:さいみんじゅつ/はねやすめ/どくどく

特性いろめがねによる等倍範囲の広さを活かしたアタッカー型。
C特化ぼうふうの威力は無振りガブリアスを高乱数2発(96.5%)と十分な威力。
こだわりメガネを持たせればH252ヒードランギルガルド?もぼうふうで確2であり、後出しされやすい鋼タイプの突破も見込める。
特に対ギルガルド?は高特防かつゴースト技無効で確実に先手を取れるため非常に有利だが、物理型には注意。

努力値は火力確保のC全振りは確定。残りは上を取る範囲を広げるならS、サイクルでの撃ち合いを意識するならH。

ライバルは同タイプのきもったまオオスバメや同じくいろめがね持ち飛行複合のシンボラー?メガヤンマ
前者とはいろめがねによる等倍範囲の差、後者とは対ギルガルド性能や特殊耐久の差、一致飛行技(ぼうふう)の威力差で差別化できる。

特殊受け型 節を編集

特性:ふみん
性格:おだやか
努力値:HD252
持ち物:オボンのみ/混乱実/たべのこし
確定技:はねやすめ/どくどく
選択技:ぼうふうorエアスラッシュ/ナイトヘッド/さいみんじゅつ/ふきとばし/フェザーダンスorリフレクター

特殊技全般の威力が低下したことで耐久性能は上がったが、特殊受けの需要自体が減っているので使いどころが難しいか。

草・虫・霊・催眠耐性を活かせる相手以外にも
メガゲンガーサーナイトゲッコウガ?、いのちのたまヌメルゴン?など、
「ある程度の火力で特殊アタッカーを担っているポケモン」に特殊耐久を活かし役割を持ちたいが、氷・電気弱点が痛い。
10まんボルト、れいとうビームをサブウェポンに忍ばせてるポケモンが結構な数いるので特殊受けとしての役割範囲はそれほど広くない。
弱点さえつかれなければアイテムなしシャンデラ?のだいもんじをはねやすめで受けきれる程度の特殊耐久はある。


対ヨルノズク 節を編集

注意すべき点
特殊耐久の高さが武器。
特性のふみんとタイプ相性、高速回復技のはねやすめを活かすことができ、メガフシギバナを比較的安定して受けられる。
ただしヘドロばくだんの毒には注意。
補助技も豊富で、おいかぜやフェザーダンス等、サポート系の技を多く覚える。
一方、いろめがねによる飛行技(ぼうふう)の一貫性の高さを生かしたアタッカー型も存在し、崩し性能も侮れない。
対策方法
HPが高めだが、物理耐久はそこまで高くない。
不一致抜群や一致等倍の物理技で十分対抗できる。
特殊アタッカーでも一致抜群の技を上から撃てるポケモンなら優位に立てるが、こだわりメガネ+いろめがね+ぼうふうで押し切られる事もあるのである程度の耐久は欲しい所。