イルミーゼ - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

イルミーゼ 節を編集

No.314 タイプ:むし
通常特性:どんかん(メロメロ状態にならない、ちょうはつ・いかくを無効)
     いろめがね(相手に半減される技のダメージが2倍になる)
隠れ特性:いたずらごころ(使用する変化技の優先度が+1されるが、相手があくタイプだと技は必ず失敗する)
体重  :17.7kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
悪戯心/虫HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
イルミーゼ654775738585430どんかん/いろめがね/いたずらごころ
バルビート657375478585430はっこう/むしのしらせ/いたずらごころ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/ひこう/いわ
いまひとつ(1/2)くさ/かくとう/じめん
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

第三世代出身の単むしタイプ。
全体的に低種族値だが、特性「いたずらごころ」からの多彩なサポートが可能。
とはいえアンコールやあまえる等の補助技を使うだけなら他のいたずらごころ持ちの方が耐久・素早さに優れ、
差別化となるバトンタッチを活かそうにも、ほたるびやちょうのまい等の積み技を覚えないため、光るものを見つけるのが難しい。
ねがいごとやせいちょうを使おうにも、効果だけなら前者はブラッキー等でやった方が回復量が多く、後者はハンテール等でからをやぶる+バトンタッチを使った方が優秀。
いたずらごころのおかげでトリックルーム下でも優先度を上げて先制できるので、そこで差別化を図りたい。

他のいたずらごころ持ち同様、あくタイプの相手にはいたずらごころによる補助技が無効なので注意。
イルミーゼは一致技で弱点を突けるが、火力が低いため引くことを推奨。
サイコフィールドや先制技無効特性は、現時点では習得者がいないので考慮しなくてもよい。
なお、無効化されるのは相手を対象にした技で自身や味方を対象とした技は無効化されない。

バルビートとの技比較 節を編集

イルミーゼのみが覚える技
あまいかおり、ねがいごと、おだてる、せいちょう、うそなき、アロマセラピー など
バルビートのみが覚える技
ほたるび、トリック、ちきゅうなげ(イルミーゼは3世代教え技限定)、とびかかる など


特性考察 節を編集

どんかん
ちょうはつによる妨害を防げるためメリットも少なからずあるが、いたずらごころの優位さで日の目を見ない。
悪タイプへ補助技を仕掛けるつもりなら考慮。
第八世代からはいかく無効の効果が追加された。自身への恩恵は無いが、物理エースへのバトンタッチを邪魔されなくなる。
いろめがね
技範囲自体は広いので殆どの技が等倍で通る様に。
しかし、アタッカー向けのポケモンではなく、ほたるびも覚えないためミスマッチ。
いたずらごころ
隠れ特性。よほどのことが無い限りこれ確定。
補助技主体につき、素早さに振る努力値を他に振ることを視野に入れることも可能。
相手対象の補助技はあくやサイコフィールドに無効化されるので注意。
特にバンギラスサザンドラ?といった補助技が通れば落とせる相手に役割が持てないのが痛い。
自身や味方を対象とした補助技は通常通り使えるため、ねがいごとやおいかぜによるサポートには影響ない。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中効果解説
むしのさざめき90(135)100特防↓10%タイプ一致技。みがわり貫通。
むしのていこう50(75)100特攻↓100%タイプ一致技。追加効果が優秀。
まとわりつく20(30)100拘束ダメタイプ一致技。しめつけバンドや妨害技とあわせて。
シャドーボール80100特防↓20%対ゴースト。虫技とあわせて全18タイプに等倍以上。
ギガドレイン75100HP吸収回復効果付きだが、耐久型は厳しい。
10まんボルト90100麻痺10%対飛行。虫技とあわせて全18タイプに等倍以上。
かみなり11070麻痺30%雨と合わせて。
とんぼがえり70(105)100自分交代タイプ一致技。攻撃しつつ撤退。後続の無償降臨に。
でんこうせっか40100優先度+1先制技。タスキ潰しに。
変化技タイプ命中解説
せいちょう-攻撃・特攻を補強。晴れ下では効果倍増。バトンタッチとあわせて。
アンコール100起点作りに。先制アンコールは強力。
でんじは90妨害技。全抜きエース阻止に。
あまえる100妨害技。物理アタッカー対策。
うそなき100妨害技。ダブルで味方の特殊アタッカーを助ける。
あやしいひかり100妨害技。ローリスクローリターン。
いばる85妨害技。ハイリスクハイリターン。
おいかぜ-過去作教え技。サポート用。味方の素早さ倍増。
ひかりのかべ-サポート用。味方の特殊耐久を強化。リフレクターは覚えない。
みがわり-補助技対策や、でんじは・いばるとあわせて。
はねやすめ-回復技。ひこうタイプではないため、先制で使っても耐性に影響しない。
つきのひかり-回復技。天候変化に注意。
ねがいごと-回復技。主にサポート用。いたずらごころ持ちでは唯一。
バトンタッチ-積み技やみがわりとあわせて。

型考察 節を編集

サポート型 節を編集

特性:いたずらごころ/どんかん
性格:ずぶとい/おだやか
努力値:H252 BorD252 / H252 S調整 残り耐久
持ち物:たべのこし/オボンのみ/きあいのタスキ
優先技:アンコール/でんじは
補助技:あまえる/ひかりのかべ/ねがいごと/おいかぜ/つきのひかりorはねやすめ/あやしいひかりorいばる/バトンタッチ等
攻撃技:むしのさざめきorむしのていこうorまとわりつく/かみなりor10まんボルト/ギガドレイン/シャドーボール/とんぼがえり

補助技読みで繰り出しアンコールをしたり、でんじはやひかりのかべを撒いていく。

基本はいたずらごころだが、あくタイプやちょうはつを逆手にとってどんかんの採用も検討。
その場合はS調整しておき、でんじはで抜ける相手を増やしたい。

Cは決して高いとは言えないが、かみなりやギガドレインといった優秀な技を使えるのが強み。
ダブルバトルでは補助となるうそなきやアロマセラピーの優先度が高め。


相性考察 節を編集

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対イルミーゼ 節を編集

注意すべき点
強力な特性「いたずらごころ」と「どんかん」、それを活かす補助技多数。
アンコールやでんじはによる妨害、おいかぜやねがいごとによる後続のサポートなど。
バルビートに比べてダブルバトル向け。
まとわりつくで拘束されると、あまえるやはねやすめで受けきられる恐れもある。
対策方法
まず何かしらの補助技を持っているので、ちょうはつが有効。
ただし、イルミーゼより速いいたずらごころ持ちでないと先制でちょうはつが撃てないのは留意。
サイコフィールドを張れば、アンコール等の妨害技は防げる。