バルビート - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

バルビート 節を編集

No.313 タイプ:むし
通常特性:はっこう(野生のポケモンに遭遇しやすくなる)
     むしのしらせ(HPが1/3以下のとき虫技の威力が1.5倍になる)
隠れ特性:いたずらごころ(使用する変化技の優先度が+1されるが、相手があくタイプだと技は必ず失敗する)
体重  :17.7kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
悪戯心/虫HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
バルビート657375478585430はっこう/むしのしらせ/いたずらごころ
イルミーゼ654775738585430どんかん/いろめがね/いたずらごころ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/ひこう/いわ
いまひとつ(1/2)くさ/かくとう/じめん
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

種族値は低めだが、優秀な特性「いたずらごころ」と豊富な補助技を持つ。
アンコールやでんじはでの起点作りはもちろん、ドーブルを除きほたるびとバトンタッチを両立できる唯一のポケモンである。
剣盾で削除されたほたるびは本作には登場するので心配ない。

第七世代でBが20・Dが10上昇。まとわりつくを新しく習得するようになった。
またUSUMで遺伝でとびかかるを新しく習得するようになった。
一方で、あくタイプにいたずらごころの補助技が無効になってしまった。
一致虫技で牽制するのは限界があり、メガギャラドス等には逆に起点化されかねないので注意したい。
なお、ほたるびバトンは自身が対象であるため問題なく行える。

対のイルミーゼとは攻撃・特攻の値が入れ替わりになっている他、覚える技が少し異なる。

イルミーゼとの技比較 節を編集

バルビートのみが覚える技
ほたるび、トリック、ちきゅうなげ[1]、とびかかる など
イルミーゼのみが覚える技
あまいかおり、ねがいごと、おだてる、せいちょう、うそなき、アロマセラピー など

バルビートは♂しか存在しないが、片親がイルミーゼの場合バルビートも生まれるので、タマゴ技が用意されているが、イルミーゼとは一部が異なる。
そのため同時遺伝には親遺伝するしかない。



特性考察 節を編集

はっこう
非戦闘用特性。トレース対策にもむしのしらせでよいだろう。
むしのしらせ
上記の通り火力は低く、いたずらごころを差し置いて採用する価値は低い。
いたずらごころ
隠れ特性。基本はこちら。優秀な補助技を多数習得するため好相性。素早さに振る努力値を他に回すことも可能。
第七世代から相手対象の補助技はあくやサイコフィールドに無効化されるようになったので注意。
自身を対象とした補助技は通常通り使えるため、ほたるびバトンやおいかぜサポートには影響ない。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中効果解説
むしのさざめき90(135)100特防↓10%タイプ一致技。みがわり貫通。
むしのていこう50(75)100特攻↓100%タイプ一致技。追加効果が優秀。
まとわりつく20(30)100拘束ダメタイプ一致技。しめつけバンドや妨害技とあわせて。
シャドーボール80100特防↓20%対ゴースト。虫技とあわせて全18タイプに等倍以上。
10まんボルト90100麻痺10%対飛行。虫技とあわせて全18タイプに等倍以上。
かみなり11070麻痺30%雨やZクリスタルとあわせて。
マジカルシャイン80100-対格闘。虫技と範囲が被る。
ちきゅうなげ-100-攻撃無振りでも使える攻撃技。
とびかかる80(120)100攻撃↓100%タイプ一致技。追加効果が優秀。
とんぼがえり70(105)100自分交代タイプ一致技。攻撃しつつ撤退。後続の無償降臨に。
でんこうせっか40100優先度+1先制技。タスキ潰しに。
変化技タイプ命中解説
でんじは90妨害技。全抜きエース阻止に。
どくどく90ダメージ源。まとわりつくやみがわりとあわせて。
アンコール100起点作りに。先制アンコールは強力。
あやしいひかり100妨害技。ローリスクローリターン。
いばる85妨害技。ハイリスクハイリターン。
おいかぜ-サポート用。味方の素早さ倍増。
ひかりのかべ-サポート用。味方の特殊耐久を強化。
ほたるび-特攻3段階上昇。自身にもバトンタッチにも有用。
みがわり-補助技対策や、でんじは・いばるとあわせて。
バトンタッチ-積み技やみがわりとあわせて。
はねやすめ-回復技。先制でも耐性に影響しない。

型考察 節を編集

ほたるびバトン型 節を編集

特性:いたずらごころ
性格:ずぶとい/おだやか/おくびょう 等
努力値:H252 BorDorS252
持ち物:きあいのタスキ/メンタルハーブ/オボンのみ/カムラのみ/じゃくてんほけん
確定技:ほたるび/バトンタッチ
選択技:むしのさざめき/ちきゅうなげ/みがわり/アンコール/でんじは/あやしいひかり/ひかりのかべ/はねやすめ

ほたるびでの特攻上昇をバトンタッチで後続エースに引き継ぐ。
タスキや耐久特化で攻撃を耐えるか、アンコール等で起点を作って積みたい。
ちょうはつ対策に攻撃技も入れておきたいが、C無補正無振りではほたるびを積んでもむしのさざめきで無振りサザンドラ?すら確1にできない。


対バルビート 節を編集

注意すべき点
特性「いたずらごころ」による先制アンコール、でんじは、いばみが、トリック、はねやすめ等。
ほたるび+バトンタッチやおいかぜも覚えるため後続サポートに長ける。
イルミーゼに比べてシングルバトルでの適性が高い。
対策方法
ちょうはつやこだわりトリックで補助技を封じる。
バルビートより速い先制技で倒す。
こちらへの妨害技は悪タイプやサイコフィールド、ほたるびはてんねんや流し技で対処できる。

遺伝 節を編集

タマゴグループ?/人型?
孵化歩数3840歩
性別♂のみ
経験値Lv.50 = 125,000
Lv.100 = 600,000
備考片親がイルミーゼ、もしくはバルビート×メタモンであれば、50%の確率でバルビートが孵る。

遺伝経路 節を編集

習得方法覚える系統
アンコール自力バルビートLv26
ちきゅうなげレベルカイリキー系統/カイロス/ハリテヤマ系統
トリックリレードーブル(陸上)→パッチール(陸上/人型)
バトンタッチレベルバリヤード/レディアン系統/アメモース系統/テッカニン/ミミロップ系統
とびかかるレベルガーメイル

※同時遺伝にはバルビート同士で親遺伝させる


[1] イルミーゼは3rd教え技限定