エテボース - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

エテボース 節を編集

No.424 タイプ:ノーマル
通常特性:テクニシャン(威力60以下の攻撃が1.5倍になる)※エイパムのとき「にげあし」
     ものひろい(ターンの最後に自分以外が消費した道具を拾う)
隠れ特性:スキルリンク(連続技が必ず5回当たる)
体重  :20.3kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
高速ノーマルHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
エテボース75100666066115482テクニシャン/ものひろい/スキルリンク
ペルシアン6570606565115440じゅうなん/テクニシャン/きんちょうかん
ブニャット7182646459112452あついしぼう/マイペース/まけんき

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)かくとう
いまひとつ(1/2)---
いまひとつ(1/4)---
こうかなしゴースト

115族の高い素早さから広範囲の攻撃が可能な単ノーマル
テクニシャン+ねこだまし・ダブルアタックによるタイマン性能の高さが魅力。

一致とっておき使いとしては最速。ペルシアンブニャットも使えるが、攻撃で勝る。

今作ではスイープビンタやおんがえしを喪失したので、メインウェポンはダブルアタックで決まりだろう。
問題なのはサブウェポン。三色パンチやはたきおとす、タネばくだんやダストシュート、けたぐりなどを失い弱点を衝き辛くなった。
特にはがねタイプに対する有効打が殆ど無くなったのは痛手。
ねこだまし以外の先制技も相変わらず習得しなかったが、今作では自身より素早いポケモンも減ったので相対的に動きやすくなっている。



特性考察 節を編集

テクニシャン
基本的にこちら。ねこだまし、ダブルアタックなどの主力技を補強できる。
サブウェポンではどろぼう、ダブルチョップなども対象。
ものひろい
相手が消費した道具を拾ってくる。相手に依存するため不安定で扱いづらい。
ダブルでは相方とのコンボも考えられるがやはり安定しない。
スキルリンク
隠れ特性。今作ではスイープビンタを喪失したので採用価値が無くなった。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力テクニシャン命中追加効果備考
ダブルアタック35x2
(52x2)
78x290-タイプ一致の接触技。
テクニシャンなら高威力でタスキ・みがわりに強い。
ほしがる60(90)13590道具奪取タイプ一致の接触技。相手の持ち物次第では有効。
ねこだまし40(60)90100優先度+3
怯み100%
タイプ一致かつ、テクニシャン適用技。実は唯一の先制技である。
タスキ潰しや、ダブルでのコンボ崩しに。
とっておき140(210)---100-タイプ一致技。工夫が要るが高威力で連発可。
からげんき70(105)/
140(210)
---100-タイプ一致技。状態異常で威力倍増。どくどくだまとあわせて。
ノーマル技以外ほぼ使えなくなるが、かえんだまも良い。
なげつけると合わせての奇襲も。
おにび対策にもなるが、ゴーストには無効。
つばめがえし6090必中-テクニシャン対象技。必中効果付き。
シャドークロー70---100急所ランク+1対ゴースト。基本的にはどろぼうの方が便利。
どろぼう6090100道具奪取対ゴースト。相手の持ち物次第では有用。テクニシャン対象技。
なげつける不定---100道具消費でんきだまを投げれば地面に麻痺が通る。
どろぼう、ほしがると合わせて。
とんぼがえり70---100自分交代攻撃しつつ撤退。ハチマキやスカーフ、ねこだましと相性が良い。
ダブルチョップ40x260x290-テクニシャン対象技。対竜。タスキ・みがわりに強い。
アイアンテール100---75防御↓30%対岩妖。命中率以外は優秀。
かわらわり75---100壁破壊追加効果が優秀。これが無いとはがねタイプが厳しい。
ローキック65---100素早↓100%追加効果が優秀。サポート用。
リベンジ60/12090/120100優先度-4後攻かつ被弾で威力倍増。それ以外でもテクニシャンで威力が上がる。
数少ない高威力の格闘技だが、後攻を取るのはリスキー。
カウンター-100---優先度-5物理技を倍返し。HPが低いのでタスキ所持が前提。
ふくろだたき-100----ダブル用。ウインディなどのせいぎのこころの発動に。
変化技タイプ命中備考
みがわり-相手の交代読みやまもる読みで使う。技スペースが狭くなるのに注意。
くすぐる100物理受け・物理アタッカー対策。
いやなおと85物理受け対策。みがわり貫通。
でんじは90サポート用。電気や地面、ひらいしん等には無効。
ちょうはつ100補助技対策。素早いので使いやすい。
すりかえ100ハチマキやスカーフとあわせて。
バトンタッチ-こうそくいどうやわるだくみなどの積み技やみがわりとあわせて。
ファストガード-ダブル用。先制技対策。

型考察 節を編集

汎用物理型 節を編集

特性:テクニシャン
性格:ようき
努力値:AS252
持ち物:いのちのたま/シルクのスカーフ/きあいのタスキ/かえんだまorどくどくだま
確定技:ねこだまし/ダブルアタックorからげんき
攻撃技:とんぼがえり/つばめがえし/どろぼう/ダブルチョップ/かわらわりorローキック/カウンター/なげつける
変化技:でんじは/ちょうはつ/みがわり/すりかえ

テクニシャンで強化されたねこだましを中心に攻める型。今作では多くのサブウェポンを喪失したので如何にノーマル技を通せるかが重要となる。
もう一度ねこだましを使えるようにするために、とんぼがえりの相性も良い。
火力は無補正A振りねこだまし→ダブルアタックで無振りリザードンが中乱数、珠で無振りマンムーが高乱数程度。
岩・鋼にはかわらわり、ゴーストにはどろぼうで対抗。

先発と二番手のどちらで選出するかが悩みどころ。
現環境では考え無しに先発にしてねこだましを行っても、交代によって無効化されやすい為、ある程度相手の選出を掴んでから二番手として繰り出すのもよい。
バシャーモグライオンなど、まもるを覚えている可能性が高いポケモンと鉢合った場合も考え、まもる読みのみがわりも有効。

とっておき型 節を編集

特性:テクニシャン
性格:ようき
努力値:AS252
持ち物:いのちのたま/シルクのスカーフ/きあいのタスキ
確定技:ねこだまし/とっておき

ねこだまし+とっておき連打。
積み技やバトンタッチを用いた強化に比べ妨害されにくく、2ターン目から高火力を出せるが、
岩・ゴースト・鋼で止まるため全抜きは狙いにくい。

【ダブル】サポート兼アタッカー型 節を編集

特性:テクニシャン/ものひろい
性格:ようき
努力値:S252 A252or耐久調整
持ち物:おうじゃのしるし/きあいのタスキ/ラムのみ
確定技:ねこだまし
攻撃技:ダブルアタックorほしがるorからげんき/ふくろだたき/どろぼう/なげつける/ローキック/とんぼがえり
補助技:まもる/ファストガード/でんじは/ちょうはつ/くすぐる/すりかえ

ねこだましを筆頭とする豊富なサポートで場を有利に進める。
それなりにある補助技や、おうじゃのしるし+なげつける+道具奪取で極力相手のPTを妨害したい。
なげつけるを使用する場合は最速ものひろいの個性を活かせるか。

いかくが多いダブル環境でアタッカーにするのは向いていないかもしれないが、元々低耐久なので振り切った方が仕事をこなしやすい面も。


対エテボース 節を編集

注意すべき点
高いSと特性によって上乗せされた火力が厄介なポケモン。
テクニシャン補正のかかるねこだまし+ダブルアタックをメインに攻めてくる。
そのため対面でのみがわりやタスキがまるで機能しない。
対策方法
耐久はそこまで高くなく、こだわりスカーフ持ちには弱い。
ねこだましで先手を取ってくるイメージが強いが、他に先制技が無いため、一発耐えてから次のターンに先手を取るのも有効。
今作ではサブウェポンを多数喪失したので、はがねタイプで受けやすい。
メインウェポンが接触技頼りな為、ほのおのからだせいでんきも有利。