ハガネール - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ハガネール 節を編集

No.208 タイプ:はがね/じめん
通常特性:いしあたま(攻撃技の反動ダメージを受けない)
     がんじょう(一撃必殺技を受けない・HP満タン時に攻撃技でひんしになるダメージを受けても必ずHPが1残る) 
隠れ特性:ちからずく(一部の技の追加効果がなくなり威力が1.3倍になる)※イワークのとき「くだけるよろい」
体重  :400.0kg(けたぐり・くさむすびの威力:120)
一致鈍足ジャイロボールHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ハガネール7585200556530510がんじょう/いしあたま/ちからずく
ドータクン67891167911633500たいねつ/ふゆう/ヘヴィメタル

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ほのお/みず/かくとう/じめん
ふつう(1倍)くさ/こおり/ゴースト/あく
いまひとつ(1/2)ノーマル/ひこう/エスパー/むし/ドラゴン/はがね/フェアリー
いまひとつ(1/4)いわ
こうかなしでんき/どく

突出した防御種族値が特徴的なはがね×じめん複合タイプ。
種族値が物理耐久に極端に偏っているため高火力の弱点技も耐えられるが、メジャーなタイプが弱点で受けに向かない。
火力も然程でなく、補助技に優れている訳でもない。個性の割に採用意義を見つけるのが難しいポケモン。

BDSPでは剣盾で習得できたボディプレスを失い、再び火力不足が目に付くように。
一方でダイマックスが無くなったことでヘビーボンバーは使いやすい一致技として復活している。
素早さのインフレも抑えられ、当時の環境を考慮するとジャイロボールも有用な選択肢になるだろう。



特性考察 節を編集

がんじょう
一撃必殺技を無効化し、苦手な特殊アタッカー相手でも1発は耐えられるため、最低限の仕事はこなせる。安定感では一番。
かたやぶりには貫通されるので注意。
いしあたま
適用技はもろはのずつき、すてみタックルなど。
不一致技のもろはのずつき1つのために、他の優秀な特性を捨てることは考えづらく基本候補外。
ちからずく
隠れ特性。適用技を使った場合、1.3倍の倍率はそのままにいのちのたまの反動ダメージが無くなる。
ロックカットやトリックルームから全抜きを目指す場合に非常に有効な特性と言える。
ただし、がんじょうという盾がないので特殊アタッカーに対しては無力になる。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力ちからずく命中追加効果備考
じしん100(150)-100-安定のメインウェポン。鋼技との補完に優れる。
ジャイロボール~150(225)-100-素早さが低いので使いやすい。詳細は後述。
ヘビーボンバー~120(180)-100-対フェアリーで有効。詳細は後述。
ダイマックスのない今作では使いやすい。
アイアンテール100(150)19575防御↓30%命中不安。ちからずくなら超火力。
アイアンヘッド80(120)156100怯み30%命中安定。教え技。ロックカットやトリックルームと好相性。
剣盾技レコード
ストーンエッジ100-80急所ランク+1地面技との相性補完に優れる。
もろはのずつき150-80反動1/2同上。火力は最高。いしあたま適用技。
いわなだれ759790怯み30%ストーンエッジの命中が不安なら。ちからずく向け。
ロックブラスト25-90-4倍弱点のきあいのタスキやみがわり潰し、Lv1対策用。期待値低め。
しっぺがえし50→100-100-遅めのエスパー・ゴーストに有効。
かみくだく80104100防御↓20%ちからずく向け。交代際でも威力が落ちない。
ほのおのキバ658495怯み10%
火傷10%
炎4倍へ。アイテム無しでは確1にはできない。
こおりのキバ658495怯み10%
凍り10%
氷4倍へ。アイテム無しでは確1にはできない。
かみなりのキバ658495怯み10%
麻痺10%
電気4倍へ。アイテム無しでは確1にはできない。
だいばくはつ250-100自分瀕死起点にされるのを防ぐ。一撃で相手を落とすのは難しい。
ドラゴンテール60-90優先度-6
強制交代
強制交代させる後攻技。無効化されるフェアリーには鋼技で対応。
鈍足やステルスロックと相性が良い。
変化技タイプ命中備考
ちょうはつ100素早さが低いため扱いは難しい。
ステルスロック-得意な相手に出せば設置は容易。
ほえる-ドラゴンテールと比べダメージが無い代わりに「ぼうおん」と「きゅうばん」以外を吹き飛ばせる。
ロックカット-素早さ↑↑。ようき最速で111族まで抜ける。ボディパージも覚える。
のろい-攻撃↑防御↑素早さ↓。1回積めばジャイロボールの威力が約2.25倍になる。
ねむる-唯一の回復技。がんじょう再発動も可能。
ねごと-催眠対策。ねむると併用する場合が多い。
鋼技の考察
ジャイロボール
素早さに下降補正があり個体値が0、いわゆる最遅でのハガネールの素早さの実数値は31。
この場合、S実数値148(最速83族)以上のポケモンに対して威力120以上で撃つことができ、
S185(実質最速118族)以上のポケモンに対して、最高火力である威力150で撃つことができる。
くろいてっきゅうを持てば、S90(無振り70族)以上のポケモンに対して威力150で撃てる。
ヘビーボンバー
ハガネールの体重は400.0kgなので、相手がハガネールの体重の1/5以下の0~80.0kgだと最高威力の120で撃てる。
80.1~100.0kgの相手には威力100、100.1~133.3kgになるとアイアンヘッドに並ぶ威力80まで低下する。
誰に対してどの程度の威力が出るかは体重表?を参照。
一般的にポケモンバトルは速さ勝負なので、大体ジャイロボールで充分なのだが、
鈍足で軽いポケモンが多いフェアリータイプにはこちらの方が有効な場合が多い。
フェアリータイプで80kg以上のポケモンは伝説級のゼルネアス?のみで、他全てに威力120で撃つことが可能。
また、メガハガネールになると体重が740.0kgに増加。148kg以下のポケモンに対して威力120で繰り出せるようになる。
アイアンヘッド
威力は低いが、命中も威力も安定している。
ロックカットやボディパージ、トリックルーム下で先制する場合は怯み効果も期待できる。
アイアンテール
いのちのたま&ちからずくで威力253という超火力技に化けるが、命中不安なロマン技。
一度きりの大技としてならばZクリスタル起用も検討できる。
ボディパージについて
ハガネールが覚える素早さ上昇技にはロックカットの他にボディパージもあり、こちらは素早さ2段階上昇に加え体重が100㎏減少する。
しかし1回使用しただけではけたぐり・くさむすびで受けるダメージは変わらず(通常時で3回使用してようやく減少)、
ヘビーボンバーで与えるダメージが減少してしまうというデメリットがあるため、ロックカットを差し置いて採用する理由は無い。

型考察 節を編集

アタッカー型 節を編集

特性:がんじょう/ちからずく
性格:いじっぱり/ゆうかん/わんぱく/のんき
努力値:HA252 or HB252
持ち物:くろいてっきゅう/こだわりハチマキ/いのちのたま/ふうせん/ゴツゴツメット/せんせいのツメ/たべのこし/オボンのみ/ラムのみ/イバンのみ
確定技:じしん
選択攻撃技:ジャイロボール/ストーンエッジorいわなだれ/ドラゴンテール/こおりのキバ/ほのおのキバ/
      しっぺがえしorかみくだく/だいばくはつ
選択補助技:どくどく/ステルスロック/ほえる/みがわり/のろい/ねむる/ねごと

有利な相手に出して負担を掛けていく型。
物理ならば不一致弱点程度は気にせずゴリ押しすることもできる。

ゴツゴツメットを持てばメガガルーラに対しても有利に立ち回れるが、
グロウパンチ、じしん、だいもんじなどサブウェポンの何かに引っ掛かってしまうことが多く、
どのポケモンにも言えることではあるが、出しておけば完封するといったような絶対的な役割は期待できない。
いのちのたま、性格補正有A252のこおりのキバでH252他無補正のガブリアスを確1。

弱点保険型 節を編集

特性:がんじょう
性格:いじっぱり/ゆうかん
努力値:HA252 or HB252
持ち物:じゃくてんほけん
攻撃技:じしん/ジャイロボール/ストーンエッジorいわなだれ
変化技:どくどく/ステルスロック/ほえる/みがわり/だいばくはつ

Hに252振るとようきガブリアスのじしんで丁度確定2発程度の硬さになる。
つまり不一致弱点物理はほぼ確3以下にできるためがんじょうも合わせれば発動機会は多い。

型サンプル
性格 :ゆうかん(S個体値0)
努力値:HA252
持ち物:じゃくてんほけん
技構成:ジャイロボール/じしん/ステルスロック/どくどく

使用感

並耐久高速アタッカーならA2↑ジャイロボールで一撃で持っていくことが可能。
ガブリアスは勿論、なめてかかってくる無振りのグロウパンチ搭載メガガルーラを一撃で持っていける。

どくどくは起点回避の他、とりあえず投げられてくる耐久(クレセリアポリゴン2スイクン等)に撃てる。
裏にそれらを起点にできる積みアタッカーがいるのが望ましい。

岩技は場作りのステルスロックか、炎/飛行や浮いてる電気用のストーンエッジから選択。
行動回数は限られるので相手のパーティを見てステルスロック+どくどくの起点要員か
じゃくてんほけんアタッカーかを切り替えていく必要がある。

ロックカット型 節を編集

特性:ちからずく/がんじょう
性格:ようき
努力値:AS252
持ち物:いのちのたま/チイラのみ/オボンのみ/ラムのみ/カゴのみ/じゃくてんほけん
確定技:じしん/ロックカット
選択攻撃技:アイアンテールorヘビーボンバー/ストーンエッジorいわなだれ/かみくだく/
      こおりのキバ/ほのおのキバ/かみなりのキバ/だいばくはつ
選択補助技:みがわり/ねむる/ねごと

ロックカットで先制していく型。
ようき最速ならロックカットで111族(トルネロス?ボルトロス?ら)まで抜くことができる。
いのちのたま+ちからずくで決定力を補えば全抜きも狙えるが、どちらかと言えばロマンを求めた型。
がんじょうで弱点技を耐えてロックカットとじゃくてんほけんを同時発動させるハイブリッド型もあるが先制技にはとことん弱い。

ステルスロックほえる型 節を編集

特性:がんじょう
性格:わんぱく/のんき
努力値:HP252 防御252
持ち物:ふうせん/ゴツゴツメット/レッドカード/たべのこし/オボンのみ/ラムのみ/イバンのみ
確定技:ステルスロック/ほえる
選択攻撃技:じしん/ジャイロボール/ストーンエッジorいわなだれorがんせきふうじ/ドラゴンテール/
      こおりのキバ/ほのおのキバ/だいばくはつ
選択補助技:どくどく/みがわり/ねむる/ねごと

ステルスロックを撒いてほえる、いわゆる昆布型。
先発させてステルスロック→ほえる→だいばくはつするもよし、有利な相手は殴るもよし、力尽きるまでほえまくるのもよし。
永続天候が無くなり、ドラゴンテールがフェアリーに無効化されるようになったため、
昆布型自体は少し弱体化したが、きあいのタスキ潰し&PT全体の消耗を狙えるのでハマればかなり優位に立てる。

レッドカードを持たせることで先発の相手が特殊でも強引に吹き飛ばせる。
少なくともステルスロック撒き+相手の手持ち1体偵察ができる。先発でのサポート向け。


対ハガネール 節を編集

注意すべき点
圧倒的物理耐久に耐性の多さ。のろいの存在によりジャイロボールの威力と物理耐久が同時に上がっていく。
特性がんじょうにより一撃では倒せず、攻めあぐねている間に場作りをしたり攻め落とされる可能性がある。
環境に蔓延するフェアリータイプ、特にミミッキュ?カプ・コケコ?に対して強い。
メガシンカ+すなのちからから繰り出されるジャイロボールは無振りガブリアスを確1にする脅威の火力。
アイテムや積み技による火力補強手段がない物理アタッカーで突破するのは容易でなく、返しの一撃で吹き飛ばされることも。
対策方法
通常ハガネール
特殊耐久は低いため、一致技であれば等倍でも致命傷を与えられる。
攻撃ステータスの低さをじしんの優秀さとジャイロボールの最大威力で誤魔化しているため、
耐久力が十分にある特殊アタッカーやじめん無効の鈍足ポケモンなら積みの起点にすらしてしまえる。
弱点がやや物理に偏っているので物理アタッカーで相手せざるを得ない場面もあるが、一致弱点を取れるならごり押しが通じない相手でもない。
通常形態の場合はステルスロックやほえるによるサポート型も多く、ちょうはつがあればなお安心。
特性が「かたやぶり」のカイロスドリュウズ?オノノクス?ならがんじょうを貫通して一撃必殺技での対処もできる。
メガハガネール
能力の傾向は通常と変わらないが、Dに振られていると一致等倍の特殊技程度は耐えられて返り討ちに合いかねない。
一致技に耐性を持つウォッシュロトムを後出しし、水技やおにびで負荷を掛けるのが効果的。
また、見せ合いの時点で砂パギミックがあるようならば、天候を変えてしまうのが有効な手。
ニョロトノペリッパーはHPに振れば後出しが利くため、一致弱点を突いて倒せる。

イワーク 節を編集

No.095 タイプ:いわ/じめん
通常特性:いしあたま(攻撃技の反動ダメージを受けない)
     がんじょう(一撃必殺技を受けない・HP満タン時に攻撃技でひんしになるダメージを受けても必ずHPが1残る) 
隠れ特性:くだけるよろい(物理攻撃を受けると防御が1段階下がり、素早さが2段階上がる)
体重  :210.0kg(けたぐり・くさむすびの威力:120)
ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
イワーク3545160304570385がんじょう/いしあたま/くだけるよろい
ハガネール7585200556530510がんじょう/いしあたま/ちからずく

ばつぐん(4倍)みず/くさ
ばつぐん(2倍)こおり/かくとう/じめん/はがね
いまひとつ(1/2)ノーマル/ほのお/ひこう/いわ
いまひとつ(1/4)どく
こうかなしでんき

進化後のハガネールに比べSが40高く、「がんじょう」持ちでは高めの素早さとちょうはつ、ステルスロックなどの習得を活かしたサポートに期待できる。
一方で火力は皆無と言っていいほどで、A252タイプ一致がんせきふうじで無振りリザードンすら確定にできないほど。
また進化前ポケモンだが低HPかつ低特防、多弱点かつ4倍弱点持ちであるため、しんかのきせきを持たせた運用には不向き。


型考察 節を編集

イワーク:起点作り型 節を編集

特性:がんじょう
性格:ようき
努力値:AS252
持ち物:レッドカードorメンタルハーブ
確定技:ステルスロック/ちょうはつorほえる/がんせきふうじ/だいばくはつ

イワークはがんじょう持ちでステルスロックと自主退場技を両立し、その上でようき最速+がんせきふうじでS130族抜きができる唯一のポケモン。
ちょうはつを覚えられる上に砂ダメージ無効なので、対カバルドンでも展開阻止しつつ仕事を完遂できる。
確定欄で設置技、展開阻止、S操作+タスキつぶし、自主退場の役割をすべてこなせるため、これら以外の技の優先度は低い。

持ち物は頑丈と相性の良いレッドカード、もしくは自身よりも早いちょうはつ持ちに対して強くなるメンタルハーブのいずれか。
レッドカードなら相手の後続を引き擦り出しつつステロダメージが稼げる。
先発以外にも相手の積みエースの技を後出しから受けて強制交代させ、台無しにすることが可能。


対イワーク 節を編集

注意すべき点
進化前ポケモンで種族値も貧弱だが、特性がんじょうと各種サポート技の相性がよく、Sも70と最低限の数値を持つ。
ちょうはつを覚えるため展開阻止性能もあり、カバルドンなどを起点に後続エースの場作りを完遂される恐れがある。
対策方法
火力は非常に低い。素早いポケモンでちょうはつを使い、サポート技を封じたい。
かたやぶり持ちも有効で、メガギャラドスドリュウズ?なら一撃で倒すのも難しくない。
サポート以外の性能は驚異ではなく、やることがわかりきっているため対策方法自体は明確。