ダークライ - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ダークライ 節を編集

No.491 タイプ:あく
特性:ナイトメア(毎ターン眠っている相手のHPを最大値の1/8減らす)
体重:50.5kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
ポケモンHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ダークライ70909013590125600ナイトメア

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)かくとう/むし/フェアリー
いまひとつ(1/2)ゴースト/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなしエスパー

速攻特殊アタッカー気質のステータスを持つ、単あくタイプの幻のポケモン。
超高種族値ポケモンがひしめく禁止伝説戦では控えめな数値ではあるが、専用特性「ナイトメア」と複数体を同時に眠らせる専用技「ダークホール」が強烈。
くさタイプや特性「ぼうじん」で防げない複数催眠は対策困難であり、シングル・ダブル問わず第6世代までは凶悪な性能を誇った。

第7世代では、ダークホールの命中率が50%に引き下げられ、さいみんじゅつを下回るようになった。
さらにワイドガードで全体変化技が防がれるようになったため、大幅に弱体化したといえる。
今までは催眠を絡めた戦術で種族値をカバーできていたが、特性ナイトメアの発動機会も激減したことから火力不足も目立つようになった。
特攻135という数値は禁止伝説戦ではありふれた数値であり、悪技の威力の乏しさも相まって、上手くわるだくみを積む隙を作らないとダメージレースは制せない。

ダークホールが命中80%で基本搭載だった時代とは違い、ダブルバトルでなければ採用機会は減ると思われる。
ダブルバトルで使えば敵の1体以上が眠る確率が75%(その内2体とも眠る確率が25%)。
眠らせる確率そのものはさいみんじゅつ(60%)より上。
ダブルで味方のじゅうりょくと合わせて使うなど、サポートありきでの運用が重要となるか。

BDSPでは2021年11月現在入手手段がないため対戦には出せない。



特性考察 節を編集

ナイトメア
専用特性。眠っている相手の体力を1/8削る。
ダークホールとのシナジーに優れた特性だが、第7世代での命中低下が痛い。
催眠を用いない場合実質特性なしで運用することになり、高種族値と強特性を併せ持つポケモンが幅を利かせる禁止伝説戦では肩身が狭い。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
あくのはどう80(120)100怯み20%怯み効果も期待できる。
ふいうち70(105)100優先度+1ダークホールとの相性は微妙。先制技読み等にも。物理技。第四世代教え技限定。
イカサマ95(142)100いばイカに。攻撃値が低くても伝説戦では高火力。
きあいだま12070特防↓10%ディアルガディアンシー?に。
かみなり11070麻痺30%カイオーガ対策。スカーフ持ちだと抜かれるので注意。
れいとうビーム90100凍り10&ドラゴン対策。2倍相手ならC特化でほとんど確2圏内。
サイコキネシス90100特防↓10%格闘へ。だが積まないとビリジオン?は落ちない。
ゆめくい100100HP吸収居座る相手に。貴重な回復技。
ヘドロばくだん90100毒30%フェアリーへ。
あくうせつだん10095急所率+1伝説戦はドラゴンが多いので便利。配布限定。
変化技タイプ命中備考
ダークホール50命中が大幅ダウン、ワイドガードで防がれるようになった。
キノコのほうしと違いぼうじんゴーグルや草タイプにも通る。
さいみんじゅつ60命中がダークホールより上。単体対象。
わるだくみ-ダークホール後なら安定して積める。
ちょうはつ100相手のちょうはつ対策に。
トリック100こだわりアイテムの押し付け等。
みがわり-ダークホール→みがわりのハメ手に。
いばる85いばイカに。

型考察 節を編集

基本型 節を編集

性格:おくびょう
努力値:CS252 
持ち物:きあいのタスキ/こうかくレンズ/いのちのたま/たべのこし/Zクリスタル
確定技:ダークホール(ダブル)orさいみんじゅつ(シングル)/あくのはどう
選択攻撃技:ヘドロばくだん/れいとうビーム/きあいだま/10まんボルト/サイコキネシス/あくうせつだん
選択変化技:わるだくみ/みがわり/ちょうはつ

眠らせて嵌める基本型。ぼうじんゴーグル無効な点が大きい。
ダークホールの弱体化が痛いが、ダブルならば相方のじゅうりょくなどのサポートを併せればまだまだ強力。
基本型の特徴としては、催眠技で行動不能にしつつ、攻撃技で殴るというシンプルなもの。
ダークライをそのパーティでどう動かしたいかによって変わってくる。

CとSが高いので、単純に殴る型もあれば、早いポケモンの攻撃を耐えるよう耐久調整されることも。
攻撃技で攻めていく場合は、わるだくみなどで積むと全抜きすることも可能になり、対応幅が広い。

いばイカ型 節を編集

性格:おくびょう
努力値:HS252ベース
持ち物:たべのこし
確定技:いばる/イカサマ/ダークホールorさいみんじゅつ/みがわり

第5世代グローバルショーダウンで猛威を振るった型。こちらもダークホールの弱体化が痛い。

催眠技で眠らせる、いばるイカサマで相手を翻弄するなど徹底的にハメ性能を向上させており、
S125族ということもあって、伝説戦でも脅威となる存在。基本的には耐久に多く努力値を割き、一撃で落ちないようにされることが多い。

欠点は、通常のダークライ以上に先制ちょうはつ、みがわりが怖いという点。
メガディアンシー、メガヤミラミのようなマジックミラーにも注意である。

型サンプル
性格 :おくびょう
努力値:HS252
持ち物:たべのこし
技構成:いばる/イカサマ/ダークホール/みがわり

優先度や催眠技の命中率の差はあるが、ねこのてレパルダス?の戦法を一匹でできる。
初手ダークホール→みがわり、みがわりが残ったらいばるイカサマで攻めていく。
自分より遅い相手ならほぼ完封することができる。
レパルダスと違い、特性ナイトメアで相手のHPを削れるのも優秀。
相性で不利なバシャーモでさえも初手まもるを読んでみがわり→ダークホールで強引に嵌められることさえある。


対ダークライ 節を編集

注意すべき点
素早さ種族値125からのダークホールに加え、高い特攻と範囲の広さが厄介。
また、わるだくみも覚え、火力補強して来る事もあれば、豊富な補助技で攻めて来るケースもあり、一概に型が判別できない。
対策方法
ダークライが出られるルールであれば、それを想定してねごとを搭載したり、ラムのみを持たせておく。
ダークホールは極悪だが、一致技の威力は80止まりなので攻撃技に対しては高耐久のポケモンであれば比較的後出しがしやすい。
+  対策可能なポケモン