ミュウツー - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ミュウツー 節を編集

No.150 タイプ:エスパー
通常特性:プレッシャー(受けた技のPPを1多く減らす)
隠れ特性:きんちょうかん(相手は木の実を食べられなくなる)
体重  :122.0kg(けたぐり・くさむすびの威力100)
能力比HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ミュウツー1061109015490130680プレッシャー/きんちょうかん

ミュウツーエスパー
ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)むし/ゴースト/あく
いまひとつ(1/2)かくとう/エスパー
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

初代から高い特攻と素早さでトップアタッカーに君臨する禁止伝説?

第8世代で両メガシンカを喪失。以前のような型が読めない強さは無くなった。
Z技も登場しないため、サイコブレイクの物理特殊の打ち分けもできない。
新規に「じばく」「ぼうふう」「わるだくみ」「こうそくいどう」を習得。
わるだくみを積んだ際の突破力は前世代のメガシンカをも上回る。

環境的には苦手なイベルタルやミミッキュが減り動きやすくなったか。
ザシアンなどのいない第4世代以前の禁止級伝説ポケモンではトップのスピード。



特性考察 節を編集

プレッシャー
本来の効果よりも、アナウンスの順番でこだわりスカーフの有無を見破ることができる点が優秀。
きんちょうかん
隠れ特性。オボンのみや半減実による耐久調整、ラムのみによる状態異常回避を許さない。

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中追加効果備考
サイコブレイク100(150)100--専用技。相手の防御に依存する技となっているため特殊受けを突破できる。
はどうだん80--必中悪、鋼に抜群をとれて必中。
メインウェポンと合わせてエスパーに半減される。
きあいだま12070特防↓10%高威力格闘技。バンギラスディアルガに対して確定数が変わってくる。
外れる時のリスクも大きい。
だいもんじ11085火傷10%鋼対策。伝説戦はドラゴンが多く半減も多いので一般ポケモンに対する遂行技として。
かえんほうしゃ90100火傷10%命中安定の炎技。HDハッサム程度なら問題なく焼ける。
ふぶき11070氷10%レックウザを初めとしたドラゴン対策。霰で必中だが、エアロックに注意。
れいとうビーム90100氷10%命中安定の氷技。通常のドラゴンやグラードン対策で。
かみなり11070麻痺30%カイオーガルギア対策。雨で必中。
10まんボルト90100麻痺10%命中安定の電気技だが半減が多く通りにくい。
ホウオウカイオーガに対しては、基本的にサイコブレイクの方が通りがよい。
シャドーボール80100特防↓20%エスパー定番のサブウェポン。同族やギラティナに。
くさむすび-120100体重依存対水地。グラードンカイオーガに。禁止級には安定して高威力を出せる。
ぼうふう11070混乱30%対草虫。シェイミセレビィに。命中難で雨パ前提の採用。
物理技タイプ威力命中追加効果備考
けたぐり~120100--相手の体重に左右されるが伝説ポケモンには高い威力を出しやすい。剣盾技レコード。
じしん100100--威力高めで幅広く刺さる。
いわなだれ7590怯み30%ホウオウルギアレックウザに。ダブルなら怯みを狙える。
じばく200100--極めて高いAとSから繰り出すじばくはダブルでは脅威。剣盾技マシン。
変化技タイプ命中備考
わるだくみ--一度でも積めば決定力大幅アップ。
めいそう--回復技とあわせて半端な特殊アタッカーを起点に。
みがわり--状態異常受けやめいそうを積む暇を作れる。
じこさいせい--回復技。めいそうを積めば半端な特殊アタッカーでは突破できなくなる。
おにびやリフレクターと合わせて物理受けを強引に突破する事も可能。
ねむる--状態異常および体力回復技。めいそうやカゴのみとあわせて。
トリック100教え技。130族のこだわりトリックは決まりやすい。
プレートアルセウスなど、トリックが無効な相手には注意。剣盾技レコード。
かなしばり100みがわりと合わせて特にこだわり持ちを無力化できる。
ちょうはつ100ルギアアルセウスに対して上から撃てるのが強み。
ひかりのかべ--素早いので先発で壁張り役として使える。
リフレクター--後続へのサポートに加え物理耐久が上がるのでふいうち対策としても兼用できる。

型考察 節を編集

基本型 節を編集

性格:おくびょう/ひかえめ
努力値:C252 S252 H4 or CS調整残り耐久
持ち物:いのちのたま/Zクリスタル/プレート/こだわりメガネ/とつげきチョッキ/ラムのみ/半減実
確定技:サイコブレイク
選択攻撃技:きあいだまorはどうだん/シャドーボール/かみなりor10まんボルト/ふぶきorれいとうビーム/かえんほうしゃorだいもんじ
選択補助技:めいそう/おにび/どくどく/みがわり/ちょうはつ/かなしばり/ひかりのかべ/リフレクター/トリック

形態考察の通り、いのちのたま以上の強化アイテムでメガミュウツーY以上の火力を出すことができ、
出てくるポケモンにガンガン弱点を突いて落とす場合は通常ミュウツーの方が上手。

Zワザにより突破力を大幅に取り戻したのでZクリスタルを持たせたいが、Zワザはメガシンカ同様の縛りが存在するのでよく考えて持たせたい所。
カプ・テテフ?と組ませてサイコフィールド下で超火力のエスパー技を放つ事が可能であるためZクリスタル以外も十分強力。
なおZクリスタルははたきおとすで無効化されず、ダメージも増えない。

対面からパワフルハーブゼルネアス?を倒したいなら、ジオコントロールを積まれる前ならエスパーZワザでC補正なしなら低乱数、C補正ありなら81.3%の高乱数で倒せるので手っ取り早く倒すならひかえめでエスパーZワザを撃つのが有効。
Zワザ以外で倒したい場合は下記の方法で。

  • ちょうはつやこだわりメガネトリック。
  • ひかえめ+きあいのタスキ、無振りゼルネアスはサイコブレイクで確2、H252でも乱2
  • ひかえめ+とつげきチョッキ+H4 C252 D108残りS  2段階上昇ムーンフォースを耐え、Sも100抜きと最低限は確保できる。

壁貼りサポート型 節を編集

性格:おくびょう/ようき
努力値:A252orC252 S252
持ち物:ひかりのねんど/だっしゅつボタン
確定技:ひかりのかべorリフレクター(両立可)
選択肢:サイコブレイク/じばく/はどうだん/だいもんじ/れいとうビーム/でんじは/おにび/ちょうはつ/しんぴのまもり

ひかりのねんどを持たせて壁張りとアタッカーの両立という使い方も可能。必ずしもひかりのかべとリフレクターを両方採用する必要はなく、あくまでパーティとの相談。
伝説ポケモンのミュウツーをサポートに使うという非常に贅沢な使い方だが、そこそこの耐久に高い素早さと攻撃性能ゆえの腐りにくさやちょうはつやトリックをされない型の読まれにくさでミュウツーにしかできないサポート性能といえる。

サポートで運用するならじばくも一考。第3世代で入手困難なXDを利用する方法の他、第1世代VCで技マシンで覚えさせ転送することで使用可能。
性格の厳選難易度に関しても経験値で性格が変わる仕様を利用すれば目的の性格を出せる。個体値は3V以上で固定、不足部分はおうかんで調整すればよい。
ただし特性がきんちょうかんになる事により相手の素早さを見抜く事ができない事や過去作教え技と両立できない点、現状きんちょうかん+モンスターボールの組み合わせはVC産でしかできないので読まれにくいとはいえ型バレのリスクがある点も注意。
なお他のボールで捕まえても転送時に全てモンスターボールに変化する。

壁貼り後も高ステータスでそのまま殴っていけるので努力値や技構成等は、耐久寄りにするのではなく上と一緒で問題ない。


対ミュウツー 節を編集

注意すべき点
習得する技の範囲が非常に広く、素早さ・特攻が高い上、型の多さもあって初見では何をしてくるのか判別がつかないことが多い。
2種のメガシンカはどちらも強力であり、初手対面では迂闊に交代するとパーティが崩壊する恐れがある。
Zクリスタルによって安易に受けを出せないのも強みで、後出しからは対処しにくい。
対策方法
低耐久を突いて上から叩く
最も安全かつ効果的な方法だが、サイコフィールドの存在によりアルセウス等、強力な先制技を持つポケモンはカプ・テテフ?等が手持ちに入ってると撃ちづらく対策として機能しない事も。
スカーフカイオーガのしおふきなどで一撃で倒すことができればかなり楽に処理できる。
有利タイプで選出を縛る
ミュウツーが一撃で倒せるポケモンは多くないので、選出段階から縛ってやるのも手。
イベルタル?は主力であるエスパー技を無効化してかつそれなりの耐久力があるので最も安定した対策と言える。
ただしふいうちは威力低下で確定で倒せなくなっており、はたきおとすはZクリスタル持ちには耐えられるのでイカサマか特殊悪技が安定。
レイジングジオフリーズによる役割破壊も怖いのでなるべく対面処理が望ましい。

同じく対面前提ならメガレックウザ対策も兼ねるミミッキュ?も非常に有効。