ドードリオ - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ドードリオ 節を編集

No.085 タイプ:ノーマル/ひこう
通常特性:にげあし(野生のポケモンから必ず逃げられる)
     はやおき(眠りの継続ターンが通常の半分になる)
隠れ特性:ちどりあし(混乱状態のときに回避率が上がる)
体重  :85.2kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
物理N/飛行HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ドードリオ60110706060110470にげあし/はやおき/ちどりあし
オニドリル6590656161100442するどいめ/スナイパー
カモネギ529055586260377するどいめ/せいしんりょく/まけんき
ムクホーク85120705060100485いかく/すてみ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)でんき/こおり/いわ
いまひとつ(1/2)くさ/むし
いまひとつ(1/4)---
こうかなしじめん/ゴースト

攻撃と素早さが高いノーマル×ひこう複合の一体で一致じたばたの使い手。
一致じたばたの使いの中では高水準な火力・素早さを持ち、低耐久なので最大威力を出しやすく、ハマった時の爆発力は凄まじい。
ひこう技が威力や反動の関係で少々使いづらいため、同複合の中でもノーマルタイプとしての側面が強い速攻物理アタッカーと言える。

BDSPでとびかかるを新規習得。追加効果は優秀だが、範囲の関係上、他の攻撃技が優先されるか。
とびげり削除、じだんだ没収により、いわ・はがねに対する有効打を失ったのは痛い。



特性考察 節を編集

にげあし
戦闘では役に立たない特性。
トレース対策としての採用も考えられなくもないが、他の特性も渡して困るほど強力なものではないため候補外。
はやおき
眠り状態から通常よりも早くめざめる。
低耐久なためドードリオそのものに催眠技を使われることは少ないが、催眠読みでの受け出しも多少だが可能に。
先手で催眠技を受けたターンに即回復することも稀にある。
ちどりあし
隠れ特性。混乱中に回避率が上昇する。
混乱を防ぐ特性ではないうえ、自傷による行動不能も通常通り起こる。
第7世代から混乱の自傷率は下がったものの、上昇ランクもかげぶんしんと同じ1段階なので、回避しきれないことのほうが多い。
あばれるとシナジーがあるが、はがねいわゴーストなどに起点化され易く安定しない。
はやおきもそんなに発動するような特性ではないため、あえてあばれるを採用する時のおまけとして。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
じたばた~200(300)100-きあいのタスキが発動すればかなりの火力。
つるぎのまいと合わせればB特化クレセリアすら乱1となる。
あばれる120(180)100自動攻撃+混乱高威力で特性ちどりあしとも相性がよいが相手に隙を与える危険性もある。
からげんき  70(105)/
140(210)
100異常で威力2倍状態異常対策。あばれる・ちどりあしと相性が良い。
ブレイブバード120(180)100反動1/3高威力の飛行技。きあいのタスキとは相性が悪い。
ドリルくちばし80(120)100-デメリットもないが威力も控えめ。反動を嫌うなら。
はたきおとす65→97100道具排除対ゴースト。追加効果が優秀。USUM教え技。
じだんだ75→150100-対岩鋼。ノーマル技を透かしてきたゴーストにも倍撃が入る。USUM教え技。
とびかかる 80100攻撃↓100%対超悪。バンギラスなどに。補完技としてはイマイチだが追加効果が優秀。
でんこうせっか40(60)100優先度+1あると便利な先制技。一致なので多少威力もある。
がむしゃら-100-きあいのタスキと相性がよい。鋼や岩タイプも強引に削れる。
変化技タイプ命中備考
つるぎのまい-タスじたと併せ凄まじい全抜き力。
ちょうはつ100耐久ポケモンや積み技を封じる。速いので使いやすい。
こうそくいどう-スカーフを含めほとんどの相手を抜けるが、火力は伸び悩む。
つぼをつく-ランダムで何かの能力二段階上昇。ダブルだと味方にも使えるが、運任せは否めない。
みがわり-じたばた・がむしゃら用の調整、きのみの発動を狙う。
くろいきり-お互いの能力をリセット。積み技と相性が悪い。

型考察 節を編集

タスじた型 節を編集

特性:はやおき(推奨)orちどりあし
性格:ようき
努力値:攻撃252 素早さ252
持ち物:きあいのタスキ
確定技:じたばた/とびげり
優先技:つるぎのまい/ドリルくちばしorブレイブバード
選択攻撃技:がむしゃら/はたきおとす/でんこうせっか/じだんだ

きあいのタスキで耐えてじたばたで無双する型。
つるぎのまいはタスキと相性がよく、速さと攻撃を兼ね揃えているので火力は凄まじいが、先制技に弱い。
飛行タイプなのでサイコフィールドで先制技を防げないのが痛い。

第7世代でとびげりを習得したことで鋼・岩への有効打を得た。
一致技との補完にも優れるため、基本的には採用したい。
飛行技は、ブレイブバードが威力面では優秀だが、反動でタスキが潰れることを嫌うならドリルくちばしが優先される。


対ドードリオ 節を編集

注意すべき点
ASともに110という一致じたばた使いの中でも高水準の攻撃・素早さを誇る。
並みのポケモンではこだわりスカーフがなければ追い越せない。
対策方法
耐久力の低い典型的な速攻アタッカーのため、先手を取ることができれば容易に倒せる。
きあいのタスキの所持率が高いため、先制技や連続技を持っていればより確実に処理できる。
とびげりとつるぎのまいを覚え、積まれてしまうと鋼タイプでも完全には受けきれない。
やはり上から殴ることが最も確実な処理法といえる。