ヤルキモノ - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ヤルキモノ 節を編集

No.288 タイプ:ノーマル
特性:やるき(ねむり状態にならない)
体重:46.5kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
輝石ノーマルHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ヤルキモノ808080555590440やるき
13092527しんかのきせき無振り
146108559しんかのきせきBD252振り
ラッキー?250553510550450しぜんかいふく/てんのめぐみ/いやしのこころ
17167524しんかのきせき無振り
33183556しんかのきせきBD252振り
ポリゴン28580901059560515トレース/ダウンロード/アナライズ
145142153665しんかのきせき・アナライズ換算

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)かくとう
いまひとつ(1/2)---
いまひとつ(1/4)---
こうかなしゴースト

ケッキングの進化前だが手堅くまとまった種族値をしており、しんかのきせきを持つことで耐久力を補える。
物理耐久は特化した際には種族値146相当とクレセリア並で、カウンターやビルドアップ、なまけるも習得可能。
一方で特殊耐久はきせきを持たせても並程度で、ポリゴン2ラッキー?ほどの堅牢さは持っていない。

彼らに無い強みとして、きせきポケモンとしては高い素早さが挙げられる。
S90からのアンコールやちょうはつ、特性やるきによる催眠無効の特徴から耐久型だけでなく耐久型潰しとしての個性を持つ。
先手でビルドアップを積むことで、自身より遅い物理アタッカーを起点化することもできる。攻撃技のレパートリーも豊富。
これらの要素がポリゴン2やラッキーを差し置いてでもきせきヤルキモノを採用する際の差別点となる。
とはいえトリックやすりかえ、はたきおとすに弱い点は他のきせき持ちと同様なので注意。

BDSPにはしんかのきせきが登場しない。種族値の不足が気になる。



技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
のしかかり85(127)100麻痺30%タイプ一致技。性能安定。追加効果が優秀。
じしん100100-対岩・鋼。ノーマル技との相性補完に優れる。
いわなだれ7590怯み30%リザードンウルガモス?に。
かわらわり75100壁破壊対岩・鋼。壁構築に強くなる。
じならし60100素早↓100%追加効果が優秀。サポート用。岩・鋼に抜群だが飛行・ふゆうに無効。
がんせきふうじ6095素早↓100%追加効果が優秀。サポート用。威力・命中共に低いが無効タイプ無し。
ローキック65100素早↓100%追加効果が優秀。サポート用。威力は一番高いが呼ぶゴーストに無効。
シャドークロー70100急所ランク+1対ゴースト。等倍範囲が広い。
つじぎり70100急所ランク+1対ゴースト。無効タイプ無し。
じゃれつく9090攻撃↓10%ヤミラミミカルゲに。
ほのおのパンチ75100火傷10%ハッサムナットレイ?に。USUM教え技。
れいとうパンチ75100凍り10%ボーマンダガブリアスに。USUM教え技。
カウンター-100優先度-5物理技を倍返し。きせきやちょうはつとあわせて。
変化技タイプ命中備考
なまける-回復技。耐久性能の向上に。
あくび-流し技。起点化回避に。
アンコール100妨害技。起点化回避に。
みがわり-補助技対策や、アンコールとあわせて。
ちょうはつ100補助技対策や、カウンターとあわせて。
ビルドアップ-攻撃・防御を補強。物理面を補える。
ドわすれ-特防を強化。特殊への交代読みで。

型考察 節を編集

耐久基本型 節を編集

性格:わんぱくorずぶといorおだやかorしんちょう
努力値:H252 B252orD252orS調整 残り耐久
持ち物:しんかのきせき
確定技:なまける
攻撃技:おんがえしorのしかかり/じならしorローキックorがんせきふうじ/じしん/いわなだれ/かわらわり/だいもんじ/カウンター
補助技:アンコール/ちょうはつ/どくどく/あくび/各種積み技 など

たたき台として作成。物理とクレセリアを始めとした物理受けに刺さる。
Sは90と耐久型にしては高めなので、先手でなまけるやアンコールを使いやすい。仮想敵にあわせて調整も一考。
他方、攻撃面に振らないため火力は低く、どくどくやビルドアップに頼ることになる。

ノーマル高耐久なのでメジャーなゴーストアタッカーのギルガルド?には有利である。
キングシールドやつるぎのまい、ゴースト技読みで後出ししてアンコールで縛れる。
せいなるつるぎも、相手がA特化でない限りH振りのみで確3。ただしA特化@珠だとB特化しても高乱2。
ラスターカノンの場合、C特化だとこちらがH振りのみでは高乱2。D特化ならC特化@珠でも確3。
ミミッキュ?に対しては素早さで劣るが、B特化すればA特化つるぎのまい+ぽかぼかフレンドタイムを確定耐えできる。

技構成例
HB じならし/どくどく/アンコール/なまける
HB カウンター/どくどく/ちょうはつ/なまける
HB だいもんじ/どくどく/アンコール/なまける
HD おんがえし/どくどく/ビルドアップ/なまける

どくどく+1ウェポンでは何を搭載しても詰む相手がいるので、仮想敵やパーティに応じて選択。

対ヤルキモノ 節を編集

注意すべき点
他の耐久型ポケモンに比べ、攻撃・素早さに優れる。
しんかのきせきに加え、ビルドアップ・カウンターがあるので物理アタッカーでは相手しにくい。
特性やるきにより催眠技は通用せず、その他補助技・積み技もアンコールやちょうはつで妨害される。
対策方法
しんかのきせき持ち全般と同じでトリック・すりかえ・はたきおとすは極めて有効。
特性の関係上ねむるは使えないため、どくどくにも弱い。
素の攻撃・特防は低めなので、より素早いちょうはつ持ちや特殊アタッカーがいれば楽。