ジュゴン - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ジュゴン 節を編集

No.087 タイプ:みず/こおり
通常特性:あついしぼう(ほのおタイプとこおりタイプの攻撃技でダメージを受けるとき、相手の攻撃・特攻を半分にして計算する) 
     うるおいボディ(天気が雨の時、ターン終了時に状態異常が治る)
隠れ特性:アイスボディ(天気が「あられ」の時、毎ターン終了時にHPを最大値の1/16ずつ回復する・あられのダメージを受けない)
体重  :120.0kg(けたぐり・くさむすびの威力100)

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)でんき/くさ/かくとう/いわ
いまひとつ(1/2)みず
いまひとつ(1/4)こおり
こうかなし---

特性「あついしぼう」の場合、ほのお(1/2倍)、こおり(1/8倍)


初代出身のみず×こおり複合。種族値は全体的に平坦。
一応耐久が高めではあるが、ラプラストドゼルガといったライバルも同傾向の配分。
特性も全体的にかぶり気味で、ステータス面からの差別化を図るのは難しい。

ジュゴンの個性はねこだまし、なかまづくり、かなしばりといったサポート性能の高さ。
ライバルもそれぞれ片方は習得するがアンコール、ほろびのうた等の優秀な支援性能を発揮する。
性質上、全体的にダブル向けのポケモン。特にほろびパにおいては代替の利きづらい性質を持つ。

BDSPではどくどく、アクアブレイク、メガホーンが剥奪。
元々シングルだと差別化に難儀する性質を考えると、そこまで強烈な痛手でもない。



特性考察 節を編集

あついしぼう
炎・氷タイプの技で受けるダメージを半減する。
半減できるどちらのタイプもシングル・ダブル問わず採用率が高く、単純に発動機会だけで考えても他とは比較にならない。
トドゼルガと共通の特性だが、他2つの特性もライバルと被りがちなうえに発動機会に難があるため、扱いやすいこれを選ぶのが無難だろう。
なお、かたやぶりで無力化されるのは忘れずに。
うるおいボディ
雨の降っているターン終了時に状態異常が回復する。
第7世代ではあめふらしとしてペリッパーが追加されたが特に相性がいいわけでもなく、戦術に組み込むのは難しい。
単に状態異常の対策としてはミストフィールドで十分であるため、ねむるとのコンボを狙いたいが
耐久力は同特性のラプラスが2割も上回り、あえてジュゴンで雨ターンを消費しながら居座るメリットは薄い。
アイスボディ
隠れ特性。あられの降っているターン終了時にHPが最大の1/16回復する。
第7世代でゆきふらしが追加されたが特に相性がいいわけでもなく、戦術に組み込むのは難しい。
発動条件が厳しい割に回復量が少なく、5ターンがかりで1/3も回復できない。
あられのダメージを無効化できるポケモンは多くはなく、あられ下で一方的に得をできることには変わりないが
トドゼルガとの差別化問題も顕在化するため、この特性を採用する意義はない。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中追加効果備考
アクアテール90(135)90-物理水の最高火力。
アクアブレイク85(127)100防御↓20%命中安定。追加効果も優秀。USUM教え技
たきのぼり80(120)100怯み20%命中安定。相手が遅ければ追加効果も期待できる。
つららばり25(37)*2~5100-威力は不安定だがタスキやみがわり、ヤチェのみを貫通できる。
ゆきなだれ60(90)→
120(180)
100優先度-4高威力だが、被弾しないと火力が出ない。
ドリルライナー8095急所ランク+1教え技。ランターンドククラゲドクロッグエンペルト等には有効。
こおりのつぶて40(60)100優先度+1何かと役立つ先制技。
アクアジェット40(60)100優先度+1こおりのつぶてと選択。等倍範囲が広いが無効特性あり。
ねこだまし40100優先度+3
怯み100%
きあいのタスキ・がんじょう・マルチスケイルを安全に潰せる。
ダブルバトルで優秀な技。優先的に採用したい。
つのドリル-30一撃必殺一撃技その1。霊タイプには無効。がんじょう持ちには水技が有効な相手が多い。
特殊技タイプ威力命中追加効果備考
なみのり90(135)100-安定したメインウェポン。
れいとうビーム90(135)100凍り10%水技との相性補完に優れる。
ふぶき110(165)70凍り10%命中がやや不安だが、威力を重視するなら。あられで必中。
こごえるかぜ55(82)95素早さ↓100%半端な素早さを補える。後続へのサポートにも。
ゲップ12090-きのみを使った後でしか使えない。
マリルリルンパッパなどに刺さるがピンポイント気味。
ぜったいれいど-30一撃必殺一撃技その2。氷タイプには無効。がんじょう持ちには水技が有効な相手が多い。
変化技タイプ命中備考
アンコール100相手の補助技を縛れればおいしい。
かなしばり100相手の有効打を封じられればおいしい。
ほろびのうた-流しの意味合いが強い。まもる・みがわりを貫通する。
たくわえる-居座りたいなら。3回までしか使えない。
みがわり-様子見→かなしばりで相手の有効打を封じる。
ねむる-回復技。うるおいボディかカゴのみと合わせて。

型考察 節を編集

アンコれいど型 節を編集

特性:あついしぼう
性格:おくびょう
努力値:HP素早さ調整 残り耐久
持ち物:オボンのみ/たべのこし/半減実/ラムのみ
確定技:アンコール/ぜったいれいど
推奨技:こごえるかぜ/かなしばり
選択攻撃技:こおりのつぶて/なみのり/れいとうビーム

先手こごえるかぜで素早さ逆転後、本来なら自分より速い相手の技を見てからアンコールし、ぜったいれいどの回数を稼ぐ。
単純に殴る場合もオボンのみによりそれなりに水・氷技としての役割はこなせるが、ミロカロス等の高耐久受けポケモンに対して特に有効な型。
あついしぼうで炎受けもある程度可能だが、回復技はねむるとZたくわえるくらいしか無いので過信はできない。

第7世代からぜったいれいどが氷タイプに無効になったが、氷タイプはマイナーで数が少ないため依然として一撃技としては有用。
メジャーなゲンガーミミッキュ?ギルガルド?に無効化されることも考えると、両立させる訳でもない限りつのドリルを採用する理由はない。
なお、つのドリルは接触技、ぜったいれいどは非接触という優位点も存在する。
SMシーズン5シングル統計ではぜったいれいど97.2%に対しつのドリル8.3%。
つのドリルの仮想敵はマンムーパルシェンあたり。どちらにも試行回数を稼ぎにくいため、あえて考慮する必要性は薄い。

110族抜きや115抜きで残り耐久にまわすのを推奨。
116抜きの耐久調整でも特攻補正無全振りライコウの10まんボルトを耐えられるのでそちらもあり。その場合かなしばりを入れておくとよい。

ラプラス・トドゼルガには素早さで勝っているが、こごえるかぜで130族を抜いてもアンコールだけでは勝てず、単体では差別化されていないためかなしばりを推奨。
同タイプでこごえるかぜ+かなしばり+アンコールを全て覚えるのはこいつだけなので他と違い状況に応じて柔軟な動きが取れる。

こごえるかぜは一致補正込みで82と不一致れいとうビーム以下の威力な上、ジュゴンの特攻では弱点を突いても大した火力にはならない。
ドラゴン相手に出すならこおりのつぶてやれいとうビーム等の役割遂行技を入れる必要がある。

物理型 節を編集

特性:あついしぼう
性格:いじっぱりorようき
努力値:攻撃252 素早さ調整 残り耐久
持ち物:いのちのたま/たつじんのおび/オボンのみ/ラムのみ/こだわりハチマキ/じゃくてんほけん
確定技:つららばり
優先技:アクアジェットorこおりのつぶて(両方採用可)
攻撃技:アクアブレイクorアクアテールorたきのぼり/ドリルライナー/ねこだまし/ぜったいれいどorつのドリル
補助技:かなしばり/アンコール

三種の先制技を中心に戦う物理型。
攻撃を上げる積み技がなく、対面では火力不足が否めないので終盤の詰め要員にするべきか。

【ダブル】滅び型 節を編集

特性:あついしぼう
性格:なまいき(推奨)/おだやか/しんちょう/ずぶとい/わんぱく/のんき
努力値:HP、防御、特防調整
持ち物:オボンのみ/たべのこし/メンタルハーブ/ピンチ回復実
確定技:ほろびのうた/ねこだまし/まもる
優先技:かなしばり
選択技:アンコール/ダイビング/れいとうビーム

滅びパに組み込む型。ほろびのうたの発動に加え、かげふみの護衛を務める。
PGL統計より、技構成はほろびのうた/かなしばり/ねこだまし/まもるでほぼ固定。
物理耐久はズルズキン?のいかくで補強できるため、トリックルームも考えて性格はなまいきが大多数。
ズルズキンがいかくを撒いた後に繰り出し、ねこだましでメガゲンガーを守るのが主な立ち回り。
後半は自らがほろびのうたを歌いつつゴチルゼル?の護衛を務めることになる。


対ジュゴン 節を編集

注意すべき点
高めの耐久からのぜったいれいど。
アンコール、かなしばりなどの補助技もある。
ダブルバトルではねこだましやほろびのうたなど戦略性の高い技も使用する。
対策方法
弱点は突きやすいので、ぜったいれいどの試行回数を稼がれる前に速攻で落としたい。
補助技が入っていることが多いのでちょうはつも有効。