パールル - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

パールル 節を編集

No.366 タイプ:みず
通常特性:シェルアーマー(相手の攻撃が急所に当たらない)
隠れ特性:びびり(ゴースト・悪・虫タイプの技を受けると素早さが1段階上がる)
体重  :52.5kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
専用道具:しんかいのキバ(特攻が2倍になる)/しんかいのウロコ(特防が2倍になる)
能力比HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
パールル356485745532345シェルアーマー/びびり
しんかいのキバ3564852005532471
しんかいのウロコ3564857416232452
しんかのきせき35641537410832466

※いずれもレベル50個体値V努力値全振りにおける相当値


ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)でんき/くさ
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/こおり/はがね
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

専用道具を2種類持ち、進化後のハンテールサクラビスとは違う活躍ができるポケモン。
進化前なのでしんかのきせきも適用されるが、主にしんかいのキバを用いたアタッカーとして運用される。
その特攻は無補正C振りで種族値200相当、からをやぶるの習得も相俟って更に脅威の火力となるが、
持ち物ありきなうえ、味方で壁張り等のサポートも必須なのが玉に瑕。

第8世代でめざパが削除。水タイプで止まりやすくなった。
一方で全体的な火力のデフレにより再び超火力に注目が集まっている。



特性考察 節を編集

シェルアーマー
壁張りやすてゼリフ等での起点作りから降臨した際に、急所で突破されるのを防げる。
かたやぶりには貫通されるが、そもそも急所に当たる確率自体が1/24と低いので基本考慮外でよい。
びびり
隠れ特性。虫・ゴースト・悪技はいずれも等倍かつ威力が低めなので、耐えられる可能性はある。
積極的な発動は狙えないが、からをやぶるとあわせればSランク+3と強力。

技考察 節を編集

特殊技タイプ威力命中追加効果備考
なみのり90(135)100-タイプ一致技。性能安定。
だくりゅう90(135)85命中↓30%タイプ一致技。追加効果が優秀。耐久型で。
ねっとう80(120)100火傷30%タイプ一致技。追加効果が優秀。耐久型で。
うずしお35(52)85拘束ダメタイプ一致技。積みの起点にできそうな相手に。
れいとうビーム90100凍り10%対草・ドラゴン。水定番のサブウェポン。
変化技タイプ命中備考
からをやぶる-攻撃・特攻・素早さ強化。抜き性能の向上に。
てっぺき-防御を強化。耐久型で。シェルアーマーなら急所を防げる。
かげぶんしん-回避率補強。耐久型で。
あられ-ヌケニンで止まらなくなる。襷潰しにも使えるが自身も削れる。
あやしいひかり100うずしおのダメージ稼ぎや不利な相手へのごまかしに。

型考察 節を編集

からをやぶる型 節を編集

性格:おくびょう
努力値:CS252
持ち物:しんかいのキバ
確定技:なみのり/からをやぶる/れいとうビームorふぶき/めざめるパワー(炎or草or電)

からをやぶるを積んで全抜きを狙うアタッカー型。耐久は低いため、他のポケモンでサポートして起点を作りたい。
しんかいのウロコ・しんかのきせきで耐久を補強して積む戦法も考えられるが、
他の進化前ポケモンやがんじょう持ちでも可能なうえ、火力もないので劣化になりがち。

アバゴーラ?と同速で、最速で積むと115族を抜ける。
びびりが発動すれば、からをやぶるとあわせてSランク+3で実数値230。
抜ける範囲が最速スカーフFCロトムや準速スカーフ100族、最速フェローチェ?まで広がる。
発動は限定的だが採用の余地はある。

  • 無補正C振り@しんかいのキバ、からをやぶる後の与ダメージについて
なみのり
等倍の場合、特殊耐久力25,560以下の相手を確1。
無補正無振りハピナスがちょうど確2(50%~59%)。H振りギルガルド?は37.5%の低乱1。
後出しからの数値受けはほぼ不可能である一方、D特化されると一撃で倒し切れない相手は案外多い。
(具体的には、HD種族値が90-90ほどあれば、D特化で確定で耐えられてしまう)
抜群の場合、D特化メガバンギラスが砂補正込みで18.8%の低乱1。それ以外の相手はほとんど確1。
れいとうビーム
抜群の場合、特殊耐久力34,220以下の相手を確1。
チョッキ持ち・ヤチェ持ち以外の相手は、禁止級伝説を除きほとんど確1圏内に入る。
D特化ラティアスが43.8%の中低乱1、ヌメルゴン?はH振りまで確1。
等倍の場合、一撃で倒せない相手が数多く存在する。
大抵なみのりの方がダメージが入る。なみのりが通らない相手はめざめるパワーで対策するしかない。
  • からをやぶる後の先制技被ダメージについて(HBD無振り、個体値V、BD↓で計算)
    ダメージ割合確定数
    A特化カイリューのしんそく80%~94.5%確2
    A特化・Aランク+2メガハッサムのバレットパンチ97.2%~114.5%高乱1
    無補正C振りメガルカリオのしんくうは105.4%~125.4%確1
    Aがそれほど高くない相手や、強化アイテムを持っていない相手を見極めれば、耐えて反撃することが可能。
  • 氷技の選択について
れいとうビーム
からをやぶれば2倍弱点でもれいとうビームでほとんど確1。命中率を考慮するならば優先。
ふぶき
からをやぶる前の確定数に一部影響が出る。
一例としてからをやぶる前でもふぶきなら無振りカイリューをマルチスケイル込みで確1。

トリルアタッカー型 節を編集

性格:れいせい
努力値:HC252
持ち物:しんかいのキバ
確定技:なみのり/れいとうビーム/めざめるパワー(炎or草or電)/あやしいひかりorどくどく

味方のトリックルームから繋いで無双する型。
からをやぶる型に比べ先手を取れる相手は多いが、火力は大きく下がる。
技スペースが空いたところで有用な技に乏しいのも難点。

同じ水タイプのトリパアタッカーとしてはヨワシ?が強力なライバルとなる。
耐久で劣るうえ、珠やメガネを持たれると火力でも敵わない。

耐久型 節を編集

性格:ずぶといorおだやか
努力値:H252 BorD252
持ち物:しんかいのウロコ/しんかのきせき
確定技:どくどく/てっぺきorバリアー
攻撃技:ねっとう/うずしお
補助技:まもる/あやしいひかり/かげぶんしん/どろあそび/ねごと
回復技:アクアリング/ねむる

しんかのきせきだけでなく、しんかいのウロコ+てっぺきでも両受けが可能。
アタッカー型が多いので読まれにくいのも強みだが、はたきおとすやちょうはつには弱い。


対パールル 節を編集

注意すべき点
しんかいのキバによりトップクラスの特殊火力を持ち、さらにからをやぶるを積める。
最速で115族を抜ける素早さから、C特化キングドラ@メガネの雨下ハイドロポンプをも超えるなみのりは脅威。
相性補完のれいとうビームやめざめるパワーも高火力となり、後出しからの受けは困難を極める。
トリパアタッカー型や、しんかいのウロコ・しんかのきせきによる耐久型も存在。
対策方法
味方のサポートや持ち物に強く依存するため、ちょうはつやはたきおとすでの妨害が有効。
からをやぶるを積まれてしまっても、S116族以上やスカーフ持ちなら先制できる。
タスキやがんじょう、先制技持ちならトリパアタッカー型にも対応しやすい。