ポワルン - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ポワルン 節を編集

No.351 タイプ:ノーマル
特性:てんきや(天候に応じてタイプが変化する)
体重:0.8kg(けたぐり・くさむすびの威力20)
晴れ炎ATHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ポワルン707070707070420てんきや
キュウコン73767581100100505もらいび/ひでり
コータス7085140857020470しろいけむり/ひでり/シェルアーマー
雨パ特殊ATHP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ポワルン707070707070420てんきや
ルンパッパ8070709010070480すいすい/あめうけざら/マイペース
キングドラ759595959585540すいすい/スナイパー/しめりけ
ゴルダック808278958085500しめりけ/ノーてんき/すいすい

タイプノーマル
(通常、砂嵐)
ほのお
(晴れ)
みず
(雨)
こおり
(霰)
ばつぐん(4倍)------------
ばつぐん(2倍)かくとうみず/じめん/いわでんき/くさほのお/かくとう/いわ/はがね
いまひとつ(1/2)---ほのお/くさ/こおり
/むし/はがね/フェアリー
ほのお/みず/こおり/はがねこおり
いまひとつ(1/4)------------
こうかなしゴースト---------

※特性「てんきや」により、ほのおみずこおりタイプに変化する。


天候によってタイプが変わる専用特性「てんきや」を持つ。
晴れのとき炎、雨のとき水、霰のとき氷タイプに変化する。砂嵐ではノーマルのまま。

特殊技のレパートリーに優れ、各天候で使いやすい技を一通り覚えられる。
とはいえ種族値ALL70は微妙の一言であり、各天候のエースポケモンと比べてしまうとどうしても見劣りする。
面白い性能ではあり差別化自体はそう難しくないものの、残念ながら実用面では採用理由を見出しにくいポケモンであると評さざるを得ない。

BDSPでの実用的な新規習得技はこらえる・ゆきなだれくらいか。
どくどく・こごえるかぜ・おいかぜを剥奪されており、サポーターとしての性能も後退してしまっている。



特性考察 節を編集

てんきや
晴れのときほのおタイプ、雨のときみずタイプ、霰のときこおりタイプに変化する。専用特性であり、他の特性は持たない。
フォルムチェンジ系の特性としては珍しく、スキルスワップ、なかまづくり、なやみのタネといった特性の交換・上書きを受ける。
特性が消えると即座にノーマルタイプに戻り、特性を取り返すまでは変化できなくなる。
ただし、特性自体の発動条件にポワルンであることが含まれるため、スキルスワップなどで他のポケモンがてんきやを手に入れても発動しない。
一方で、相手からのトレース、なりきりのような特性をコピーする効果はそれ自体を無効化する。
耐久も素早さも中の下であるポワルンは、自力で天候を変えながら戦えるほどの行動回数を稼げない。
かといって天候変化をパーティに依存する場合には、各天候により強力なエースが存在する。
お膳立てをしてもなお強い戦い方ができるわけではなく、特異な性能ながらも実用的な差別化は難しい。
相手の天候に乗っかるにしても、晴れ下ではほのお、雨下ではみず、霰下ではこおりが当然出てきやすく、有利を取れる場面は少ない。
ノーマル技に至ってはまともな技がずつきしかなく、特性なしで使おうとすることもできない。
総じて有効に扱うには本人の種族値があまりに足りていないというのが実情となる。

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果晴れ備考
ウェザーボール50/100100-炎タイプ
威力225
水タイプ
威力225
氷タイプ
威力150
砂嵐のとき岩タイプ
威力100
だいもんじ11085火傷10%威力247威力55鋼に有効-
かえんほうしゃ90100火傷10%威力202威力45鋼に有効-
ハイドロポンプ11080-威力55威力247岩・炎に有効-
ねっとう80100火傷30%威力40威力180岩・炎に有効-
ふぶき11070凍り10%竜に有効草に有効必中ダブルでは相手全体攻撃
れいとうビーム90100凍り10%竜に有効草に有効--
かみなり11070麻痺30%命中50%必中
水に有効
水に有効-
10まんボルト90100麻痺10%水に有効水に有効水に有効-
ソーラービーム120100溜め攻撃溜め無し
水に有効
威力60威力60砂嵐のとき威力60
エナジーボール90100特防↓10%水に有効水に有効水に有効-
ぼうふう11070混乱30%命中50%必中
草に有効
--
シャドーボール80100特防↓20%----
クリアスモッグ50100相手能力ランク
リセット
----
変化技タイプ命中備考
でんじは90サポート用。電気や地面、ひらいしん等には無効。
かなしばり100起点作りに。みがわりとあわせて。
みがわり-でんじはやかなしばりとあわせて。
にほんばれ-天候始動に。あまごい・あられ・すなあらしも同様。

型考察 節を編集

霰パ型 節を編集

性格:ひかえめorおくびょう
努力値:HC252 or CS252
持ち物:いのちのたま/こだわりスカーフ/こだわりメガネ/きあいのタスキ
確定技:ふぶきorウェザーボール/だいもんじ
攻撃技:ハイドロポンプ/エナジーボール/かみなりor10まんボルト/シャドーボール
補助技:でんじは/あられ

霰パの天敵である鋼へだいもんじを放てるのがこの型でのポワルンの強み。
BDSPではゆきかき持ちのポケモンが軒並み欠席、他のこおりタイプがめざ炎を剥奪されているため差別化にあまり困らない。
ただ、ハッサムのバレットパンチで乱数圏内になる。H振りなら最高乱数以外耐えられる。

無補正C振りだいもんじでH振りハッサムを確1。珠で無振りルカリオを確1。

晴れパ型 節を編集

性格:ひかえめorおくびょう
努力値:CS252
持ち物:いのちのたま/こだわりスカーフ/こだわりメガネ/きあいのタスキ
確定技:だいもんじorウェザーボール
優先技:れいとうビームorふぶき
攻撃技:ソーラービーム/10まんボルト/シャドーボール
補助技:にほんばれ/でんじは

他の炎ポケモンにはない氷技を放てるのがこの型でのポワルンの強み。
特に晴れパが苦手としやすいドラゴンへ大きな打点を入れられるのが大きい。

無補正C振りれいとうビームで無振りガブリアスを低乱1。

雨パ型 節を編集

性格:ひかえめorおくびょう
努力値:CS252
持ち物:いのちのたま/こだわりスカーフ/こだわりメガネ/きあいのタスキ
確定技:ハイドロポンプorウェザーボール/かみなり
攻撃技:ふぶきorれいとうビーム/ぼうふう/だいもんじ/エナジーボール/シャドーボール
補助技:あまごい/でんじは

ポワルンよりも雨パに適している水タイプやすいすい持ちの強力なポケモンはたくさんいるので、ポワルンを雨パに組み込むのはきついものがある。
雨下必中で水へ刺さるかみなりは優秀だがランターンウォッシュロトムギャラドスでも可能。耐性・耐久面では大きく劣る。
だいもんじを使えるのは特徴と言えるが、雨下では4倍のハッサムくらいしかまともに通る相手がいない。

第七世代ではぼうふうも習得したが、かみなり・おいかぜ・ぼうふうの3つの技を両立するだけならばカイリューもいる。
ただし特殊型カイリュー自体は個体数が少ない。
特殊水技はなみのり止まりであるため、雨下のてんきやによる一致ハイドロポンプで水技の火力は勝っている。


対ポワルン 節を編集

注意すべき点
多彩な特殊技を所持しており、天候によってタイプが変わる。
複合天候パや、広い攻撃範囲を活かした運用をされる場合がほとんど。
霰下でのだいもんじ、晴れ下でのれいとうビームやふぶきに注意。
対策方法
素早さも耐久も並程度なため、上から殴れるアタッカーがいれば問題ない。
メインウェポンが通らず、並程度に耐久があるポケモンならサブウェポンの2~3耐えは出来るはず。
どの天候でも天候一致で弱点を突かれなければ、特殊受けで止められる。4倍弱点を突かれなければ心強い。
1つの天候だけで見ればそれぞれの天候専門のアタッカーの方が強く、
彼らの対策が出来ていれば自ずと対策出来るだろう。