ミュウ - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

ミュウ 節を編集

No.151 タイプ:エスパー
特性:シンクロ(どく、まひ、やけど状態にさせられると相手も同じ状態になる)
体重:4.0kg(けたぐり・くさむすびの威力20)
能力比HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
ミュウ100100100100100100600シンクロ
ミュウツー1061109015490130680プレッシャー/きんちょうかん

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)むし/ゴースト/あく
いまひとつ(1/2)かくとう/エスパー
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

全ての技マシン/ほぼ全ての教え技[1]を覚えるポケモン。
今作でも技のレパートリーが増えている。

足が遅い代わりに変化技が豊富なミュウツーであり、
差別化を意識するなら変化技を活かすのが主。

BDSPではLPLEのセーブデータがあるとソノオタウンで入手できる。データリセットすれば複数匹入手可。

ミュウが覚えて、ミュウツーが覚えない技
へんしん/つるぎのまい/バトンタッチ/ステルスロック


有用な技一覧 節を編集

攻撃技 節を編集

タイプ物理技特殊技
 無 だいばくはつ/いかりのまえば/ねこだまし/つのドリルさわぐ/ハイパーボイス
 炎 ほのおのパンチ/ニトロチャージだいもんじ/オーバーヒート/かえんほうしゃ/ねっぷう
 水 たきのぼり/アクアテールなみのり/ねっとう
 電 かみなりパンチ/ワイルドボルト10まんボルト/かみなり/ボルトチェンジ
 草 タネばくだんくさむすび/ギガドレイン/エナジーボール
 氷 ゆきなだれ/れいとうパンチれいとうビーム/ふぶき/こごえるかぜ/こおりのいぶき
 闘 ばかぢから/かわらわり/けたぐり/
ドレインパンチ/グロウパンチ/ちきゅうなげ
はどうだん/しんくうは
 毒 どくづき/ダストシュートヘドロばくだん/ヘドロウェーブ
 地 じしん/じわれだいちのちから
 飛 つばめがえし/ゴッドバード/フリーフォールエアカッター
 超 しねんのずつきサイコキネシス/サイコショック
 虫 きゅうけつ/とんぼがえりぎんいろのかぜ
 岩 いわなだれ/ストーンエッジ/がんせきふうじげんしのちから
 霊 シャドークローシャドーボール/あやしいかぜ
 竜 ドラゴンクロー/げきりんりゅうのはどう
 悪 ふいうち/イカサマ/はたきおとすあくのはどう/バークアウト
 鋼 アイアンヘッド/アイアンテールラスターカノン
 妖 ---マジカルシャイン

桃字は過去作限定技、太字は特に有用なもの

変化技 節を編集

変化技効果習得方法備考
へんしん相手コピーLv伝説で覚えるのはミュウのみ。耐久でも素早さでもメタモンドーブルより優位。
バトンタッチ 能力引継Lv非常に豊富な補助技を引き継げる。ミュウ以外の伝説で覚えるのはセレビィのみ。
はねやすめHP1/2回復技19ひこうタイプではないのでタイプ変化はない。過去作限定のタマゴうみより習得は容易。
いたみわけ回復技教え相手のHPも削れる回復技。
ねむるHP全回復+眠り技44ねむカゴに。
リサイクル消費道具復活教えねむカゴで消費したカゴのみやラムのみを再利用できる。
トリック道具入替教えスカーフトリックに。
スキルスワップ特性入替教えおやこあいや各種スキンなど強力な特性持ちに使って弱体化させ、こちらを強化する。
いかくの再発動などにも。
シンクロを渡した相手にうっかり状態異常技を使わないよう注意。
いえき特性無効教えおわりのだいち?はじまりのうみ?デルタストリームノーてんきなど、
入れ替えるだけでは意味が無い特性対策。
なやみのタネ特性をふみんにする教えいえきと同様の目的で使用する。こちらはさいみんじゅつが通じなくなるが、ねむカゴを潰せる。
とおせんぼう交代不可教え有利な相手を逃さない。ただしゴーストタイプにはタイプ特性により無効。
ほえる強制交代技05起点化防止や、状態異常撒きなど。過去作ありのルールなら上位互換のふきとばしが推奨される。
ちょうはつ変化技不可技12ミュウ自体ちょうはつに弱いため、S100を活かし先にちょうはつを入れる。
マジックコート変化技反射教え優先度+4。ちょうはつ等を跳ね返せるが、読み必須。
いとをはく素早↓↓HGSS教えダブルなら2体同時に2段階ダウン。伝説で使えるのはミュウのみ。
うらみPP削り教えガリョウテンセイ・しんそく・りゅうせいぐん・ストーンエッジなど、強力だがPPが少ない技を削る。
状態異常
でんじは(マヒ)/おにび(火傷)/どくどく(猛毒)/さいみんじゅつ(眠り)
積み技:バトンタッチで引き継げる
つるぎのまい(攻撃↑↑)/わるだくみ(特攻↑↑)/ロックカット(素早↑↑)/バリアー(防御↑↑)/ドわすれ(特防↑↑)
ビルドアップ(攻撃↑防御↑)/めいそう(特攻↑特防↑)/つめとぎ(攻撃↑命中↑)/ふるいたてる(攻撃↑特攻↑)
場作り:だいばくはつで退場できる
トリックルーム/ワンダールーム※/ステルスロック/おいかぜ/じゅうりょく
リフレクター/ひかりのかべ/あまごい/にほんばれ/すなあらし/あられ/しんぴのまもり

※防御と特防が入れ替わるワンダールームは、全ステータス100のミュウにはデメリットが少なく、物理/特殊受けの無力化が期待できる。
例)特殊受けで来たラッキーを特殊技で倒す事ができる。


型考察 節を編集

場作りサポート型 節を編集

性格:ずぶといorわんぱくorおくびょうorひかえめ
努力値:HP252 素早252or防御252or特攻252
持ち物:メンタルハーブ/きあいのタスキ/だっしゅつボタン/レッドカード/ひかりのねんど/ミュウZ
場作技:トリックルーム/おいかぜ/ステルスロック/天候技/リフレクター/ひかりのかべ
選択技:だいばくはつ/いかりのまえば/ちきゅうなげ/おにび/でんじは/さいみんじゅつ/サイコキネシス(ミュウZ)

場作りをメインとした型。
だいばくはつで自主退場するもよし、状態異常を撒いてもよし、いかりのまえばやちきゅうなげで確実に削るのもよし。

第7世代で手に入れた専用Zワザ「オリジンズスーパーノヴァ」は、威力185の攻撃後に場をサイコフィールドにする。
場に出すだけでサイコフィールドを展開するカプ・テテフ?とはそもそもタイプが異なる他、
豊富な変化技でも差別化できている。

さいみんじゅつは第四世代(ポケモン牧場産)限定の技であるためレギュレーション次第では使用不可になるので注意。

剣舞物理型 節を編集

性格:ようきorいじっぱり
努力値:AS252
持ち物:ラムのみorいのちのたま
確定技:つるぎのまい
攻撃技:しねんのずつき/じしん/ゆきなだれorれいとうパンチ/ふいうち/ドレインパンチ など
変化技:はねやすめ/バトンタッチ/へんしん/ちょうはつ/どくどく/ワンダールーム

わるだくみを搭載してもメガシンカを獲得したミュウツーには遠く及ばないため、
ミュウツーが覚えないつるぎのまいを搭載し、物理アタッカーを目指す。

伝説戦で通りがよく、抜群範囲も優秀な「地面&氷」の組み合わせが一般的。
他には、範囲が優秀な「ゴースト&格闘」や追加効果が優秀な「ドレインパンチ&ふいうち」なども。

苦手な相手は後続にバトンタッチするか、へんしんで対応。
物理受けには、ワンダールームも効果的。

スカーフへんしん型 節を編集

性格:せっかちorむじゃきorおくびょう
努力値:HS252 
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:へんしん
攻撃技:イカサマ/いかりのまえば/ちきゅうなげ/上記の一覧から選択
変化技:トリック

こだわりスカーフによる高速へんしんで、相手の技を見るのが主な役割。
技構成からある程度道具も推測できる。
また、へんしん先によってはそのままスカーフにより先手攻撃が可能。

耐久ポケモンはスカーフトリックで機能停止させることができ、
低HPでB/Dに頼っている耐久ポケモンにへんしんできれば、HPは100族のままなので、高い耐久も得られる。

攻撃技は技範囲が広いが火力は低めなので弱点を突きやすいものを優先してパーティと相談。
HP252でようきガブリアスのじしんくらいなら2発耐えて返り討ちにできる。

バトン型 節を編集

性格:ようきorおくびょうorわんぱくorずぶといorしんちょうorおだやか
努力値:HP/防御/特防/素早さ調整
持ち物:オボンのみ/メンタルハーブ/じゃくてんほけん
確定技:バトンタッチ
積み技:バリアー/ドわすれ/ビルドアップ/めいそう/つるぎのまい/わるだくみ/ロックカット/つめとぎ/ふるいたてる/
選択技:さいみんじゅつ/でんじは/はねやすめ
攻撃技:イカサマ/いかりのまえば/ちきゅうなげ など

ミュウならではの個性と長所を活かせる型。
より取り見取りの積み技の中で、どれを選ぶかはパーティと相談となるだろう。
いざという際に自分で攻撃できるように攻撃技は最低1つは入れるべし。

積む隙はさいみんじゅつやでんじはで作る。
ミュウ自体がちょうはつを受けやすいので注意すること。

【ダブル】へんしん型 節を編集

性格:ようき
努力値:HP252 素早さ252
持ち物:オボンのみ/ラムのみ/メンタルハーブ/ノーマルZ
確定技:へんしん/ねこだまし
優先技:まもる/マジックコート
選択技:いかりのまえば/フリーフォール/しんぴのまもり/てだすけ

アルセウス(つるぎのまい)やゼルネアス?(ジオコントロール)などを相方にし、上昇した能力ごと相方をコピーする。

バトルレジェンドでの主な使用率。
性格:ようき(32%)、おくびょう(20%)、しんちょう(12%)
技 :へんしん(92%)、ねこだまし(80%)、マジックコート(20%)、まもる(16%)
道具:オボンのみ(44%)、ラムのみ(24%)、たべのこし(12%)

「Zへんしん」はHP全回復。後手変身でHPを温存したままコピーでき、ちょうはつを受けていても使用可能。

【ダブル】ひるみ型 節を編集

性格:ようき
努力値:HP252 素早さ252
持ち物:おうじゃのしるし/メンタルハーブ
確定技:いとをはくorこごえるかぜ/いわなだれ
選択技:まもる/いかりのまえば/てだすけ/スキルスワップ

強化された「いとをはく」で相手2体の素早さを2段階ダウンさせ、いわなだれの2体攻撃でひるみを狙う。
こちらの相方もいわなだれを使えば、かなりの確率でひるませることができる。
ワイドガードには注意。


調整例
しんちょうH252-A4-B60-C0-D156-S36 @オボンのみ
B:無補正こだわりハチマキBキュレム?のげきりん超高乱数耐え
 いじっぱりカイリューまでのげきりん超高乱数2耐え
D:いのちのたまミュウツーのシャドーボール、こだわりメガネラティオスのりゅうせいぐん、しらたまパルキアのハイドロポンプ2耐え
 無補正カイオーガのしおふき、補正有ディアルガ・無補正Wキュレムのこだわりメガネりゅうせいぐん耐え
S:最速バンギラス抜き


対ミュウ 節を編集

注意すべき点
全てのわざマシンの技・ほぼ全ての教え技を習得可能。
加えて自力で豊富な補助技を習得するため、非常に型が多く、初見ではまず何をしてくるかはわからない。
積み技も多く覚えるので、アタッカーとしても脅威を発揮することがある。
ミュウZが追加され、火力もサポート能力も大幅に向上した。
対策方法
補助技を全く有していない個体は希少であり、ちょうはつが有効。
アタッカーといえども積み技がなければそれほど脅威にならないことが多い。
ダークライボルトロス?などでちょうはつしてしまえば、マジックコート持ち以外は機能をほぼ封じることができる。
特にこの2体はみがわりも入ってきやすいので、マジックコート持ちでみがわりを貼れれば圧倒的優位に立てるだろう。
概要部の通り、「足が遅い代わりに変化技が豊富なミュウツー」であり、ミュウツーへの対策が通じる。


[1] 御三家専用反動技・各種ちかい・りゅうせいぐんを除く