サメハダー - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

サメハダー 節を編集

No.319 タイプ:みず/あく
通常特性:さめはだ(接触攻撃を受けると最大HPの1/8ダメージを与える)
隠れ特性:かそく(毎ターン素早さが1段階上がる)
体重  :88.8kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
能力比HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
サメハダー7012040954095460さめはだ/かそく

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)でんき/くさ/かくとう/むし/フェアリー
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/こおり/ゴースト/あく/はがね
いまひとつ(1/4)---
こうかなしエスパー

攻撃面に特化した種族値と、強特性の「かそく」が強みの「みず×あく」複合タイプの一角。
かそく」と通りの良い水技と悪技で1体を持っていき、もう1体をみちづれで強引に沈める戦術が得意。

USUMでは教え技でアクアブレイクを習得。
火力は補正ありA252アクアブレイク≒補正無しC252ハイドロポンプである。
剣盾・BDSPではアクアブレイクがレベル技化。

BDSPでは、強力なフェアリーが軒並み姿を消したのが追い風。
一方でメガシンカはなくなり一部の技が没収されたため、戦術の幅や火力面に不安が残るようになった。

+  みず・あくを両方半減以下にできるポケモン


形態考察 節を編集

かそく」で素早さを上げてから、一貫性の高いみずあくの一致技で上から制圧できることが魅力。
後述のとおり耐久が低く「さめはだ」にする意味は皆無な為、本稿では特性「かそく」の個体のみを考察の対象とする。

みちづれとの相性はいいが、物理寄りの種族値でありながら一致物理技の威力に恵まれず、つるぎのまいなどの積み技も無いのが大きな欠点。
同じ「かそく」持ちのエースであるバシャーモに比べると突破力に欠けるため、役割重視の崩し役として運用したい。

耐久は非常に低く、インファイト後のゴウカザル以下。先制技が驚異的である。
あまりに耐久が低いため、両刀で使う際は下降補正の性格でもほぼ問題は無い。

さめはだ
通常特性。接触攻撃に対してダメージを与える。タスキ潰しやダメージ上乗せが可能。
発動機会自体は皆無ではないが、耐久の低さから物理受けは到底不可能。
ガブリアスのように物理との対面性能を確保できるわけでもない。
かそくがあまりにも優秀な事もあって、基本的に候補外。
かそく
隠れ特性。毎ターン終了時に素早さが上がる言わずと知れた強特性。
みちづれとの相性もよく、この特性による対面性能の高さがサメハダーの強みである。
紙耐久なため、きあいのタスキかまもるとの併用で発動させるのが基本だが、後者は読まれやすいので注意。

技考察 節を編集

物理技タイプ威力命中効果解説
アクアブレイク85(127)100防御↓20%タイプ一致技。少しでも火力がほしいなら。
試行回数を稼げるような耐久はないため追加効果はおまけ。
たきのぼり80(120)100怯み20%タイプ一致技。かそくと怯みの相性は非常に良い。
アクアジェット40(60)100優先度+1タイプ一致技。先制技。タスキや先制技潰しに。
かみくだく80(120)100防御↓20%タイプ一致技。性能安定。
どくどくのキバ50100猛毒50%対草・フェアリー。威力は低いが、追加効果が強力。
かそく用のまもるで毒のダメージを稼げる。
どくづき80100毒30%どくどくのキバと選択。威力は高いが追加効果で劣る。
こおりのキバ6595凍り10%
怯み10%
対草・ドラゴン。威力が低く、4倍でないと一撃で倒すのは難しい。
インファイト120100防御↓特防↓対悪。反動はほとんど気にならない。剣盾技レコード。
しねんのずつき8090怯み20%対闘。ドクロッグキノガッサに。怯みも狙える。剣盾技レコード。
いかりのまえば-90-削り技。ゴーストは呼びにくい。USUM教え技。
特殊技タイプ威力命中効果解説
ハイドロポンプ110(165)80-タイプ一致技。高威力・命中不安。
なみのり90(135)100-タイプ一致技。中威力・命中安定。
あくのはどう80(120)100怯み20%タイプ一致技。怯みを狙える。
れいとうビーム90100凍り10%対草・ドラゴン。水定番のサブウェポン。
変化技タイプ命中解説
まもる-かそくの発動に。読まれやすいので相手の積み技に注意。
みちづれ-苦手なアタッカーを道連れに。連発すると必ず失敗する。
みがわり-補助技対策や、かそくの発動に。音技や連続技に注意。
ちょうはつ100補助技対策。みちづれと相性が良い。
ほえる-みちづれの後に使えば強制的に後攻になれる。積み技対策にも。BDSP技マシン。

型考察 節を編集

かそくアタッカー型 節を編集

特性:かそく
性格:ひかえめ/うっかりや/おっとり/さみしがり/やんちゃ/むじゃきなど
努力値:AC調整 S252or調整
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/各種Zクリスタル
確定技:ハイドロポンプorたきのぼり
攻撃技:かみくだくorあくのはどう/じしん/どくづき/サイコファング/アクアジェット/れいとうビーム/めざめるパワー(炎/電)/いかりのまえば
補助技:まもる/みちづれ/みがわり/ほえる

かそくで素早さを上げつつ上から叩くアタッカー基本型。
低耐久かつ、かそくと相性のよいみちづれも覚えるため対面性能が高い。
メガシンカ型と違い特性でかみくだくの威力を補強できないため、メインウェポンは水技になる。

種族値上は攻撃のほうが高いが技威力が低いため、火力は無補正C振りハイドロポンプ>A特化たきのぼり。
たきのぼりなら怯みも狙えるが接触ダメージでタスキが潰れるリスクもある。
怯みならあくのはどうでも狙え、れいとうビームなどの水技の補完になるサブウェポンも強化できるため特殊型ベースのほうが安定度は高め。

持ち物は行動回数が確保できるきあいのタスキが基本、みちづれとの相性もよい。
それ以外は火力を全体的に補強するいのちのたまや、対面での突破性能を上げるZクリスタルが候補。

ほえるはみちづれの後に使用することで行動順を逆転させ、みちづれの有効ターンが実質2ターンになるというもの。
動きとしてはいたずらごころ先制みちづれのメガジュペッタやみちづれトリックルームメガゲンガーと同様。

型サンプル
性格:ひかえめ
努力値:CS252
持ち物:きあいのタスキ
技構成:ハイドロポンプ/れいとうビーム/あくのはどう/みちづれ
攻撃範囲の広さと役割破壊のみちづれが強力なので先発適性が高い。

対サメハダー 節を編集

注意すべき点
メガシンカ前のかそくとメガシンカ後のがんじょうあごが合わさるとかなりの抜き性能を持った強敵と化す。
一致技の範囲も広く、共に半減以下の水/フェアリーやサザンドラ?もサブウェポンで弱点を突かれる。
耐久は低めだが、タスキやみちづれを持っていることも多く迂闊に攻撃できない。
対策方法
かそくで素早さは上がるが、攻撃力を上げる積み技は覚えない。
まもる読みで交代やみがわりが決まれば圧倒的なアドバンテージを取れる。
タスキ潰しには先制技や連続技が有効。