キングラー - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

キングラー 節を編集

No.099 タイプ:みず
通常特性:かいりきバサミ(相手に攻撃を下げられない)
     シェルアーマー(攻撃を急所に受けない)
隠れ特性:ちからずく(一部の技の追加効果が無くなり威力が1.3倍になる)
体重  :60.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
物理水+一撃技HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
キングラー55130115505075475かいりきバサミ/シェルアーマー/ちからずく
シザリガー6312085905555468かいりきバサミ/シェルアーマー/てきおうりょく

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)でんき/くさ
いまひとつ(1/2)ほのお/みず/こおり/はがね
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

高い攻撃力と防御力が特徴の単みずポケモン。
合計種族値は高くないが、A130の種族値から一致威力100のクラブハンマーが使えることが強み。

問題は同じく一致クラブハンマーに加え、補完に優れた悪技をも使いこなすシザリガーの存在。
特性「てきおうりょく」により一致技の威力はキングラーのそれを遥かに凌駕し、物理耐久と素早さでは上回るものの種族値も似通っている。
習得技もほぼ傾向が同じな上、アクアジェット・りゅうのまいといったキングラーの覚えない小技も充実。
単純な攻撃性能では大きく差をつけられており、厳しい立場にある。

しかし、特性込みのシザリガーに火力では劣るとは言え、A130以上で威力100以上の物理水技をタイプ一致で扱えるポケモンはキングラーのみ。
素早さも中速としては絶妙なラインであり、最速スカーフなら130族を抜いてお釣りが来る。
みずタイプ屈指の物理火力と、シザリガーが抜けない多くの相手を抜ける素早さを合わせ持っているため、
それらを活かした調整がキングラーの明確な個性を引き出す鍵となりうるだろう。

USUMにて、教え技でアクアブレイクを習得。
命中安定な上、ちからずく前提ならば威力もクラブハンマーを上回る。
一方、シザリガーのクラブハンマーと比べるとどちらも無補正A252振りの場合、
火力指数はキングラー30030、シザリガー34400であり、まだ差は開いている。
BDSPではアクアブレイクはいったんお預けに。



特性考察 節を編集

かいりきバサミ
いかく・おきみやげ・キングシールド等による攻撃ダウンを防げる。
自身のばかぢからによる攻撃ダウンは防げない。
Aが下がらないことでアタッカーとして堅実な役割遂行が狙えるため、優先度は最も高い。
かたやぶりに貫通されるのは忘れずに。
シェルアーマー
耐久調整を崩されづらくなるが、特防が著しく低く簡単に役割破壊されてしまうのでミスマッチ。
急所ランクの仕様変更により特性シェルアーマーにも実用性が出てきたが、
それでも他の2つの方が優先度は高い。
ちからずく
隠れ特性。いのちのたまでサブウェポンが強化できる。命中安定のアクアブレイクをメインに据えるなら。
ただし対応する物理サブ技は実質いわなだれくらいしかない。
特攻値が低いため、役割破壊の氷技を入れるならいのちのたまが欲しい。

技考察 節を編集

※「ちからずく」適用技は追加効果なし、いのちのたまの反動なし。

攻撃技タイプ威力力ずく命中追加効果備考
クラブハンマー100(150)-90急所ランク+1威力が強化されたメイン技。
アクアブレイク85(127)165100防御↓20%命中安定のメイン技。ちからずくでクラブハンマー以上の威力に。
剣盾技レコード。USUM教え技。
ばかぢから120-100攻撃・防御↓高威力・広範囲だが居座りには向かない。剣盾技レコード。USUM教え技。
アームハンマー100-90すばやさ↓威力は申し分ないが、命中率とすばやさ低下が少し気になる。
かわらわり75-100壁破壊馬鹿力と違い火力・耐久は下がらず壁も壊せるが威力は大分落ちる。
シザークロス80-100-草タイプやエスパーに。デメリットのない命中安定技。
いわなだれ759790怯み30%ギャラドスウルガモス?に。こだわりスカーフと相性良好。
ちからずくならシザリガーより高威力。
がんせきふうじ607895素早さ↓100%いわなだれより命中安定で、追加効果が優秀。ちからずくでは非推奨。
10まんばりき95-95-対電毒など。水とやや範囲が被りがち。剣盾技レコード。
じだんだ75→150-100技失敗で威力↑ロチンを外すと威力が倍加する。ジバコイル等に有効なサブウェポン。
剣盾技レコード。USUM教え技。
はたきおとす65→97-100持ち物排除ヤドランブルンゲル?パンプジン?等に有効。妨害技としても。
じたばた~200-100-きあいのタスキを持たせれば高火力を狙える。
ふぶき11014370凍り10%ちからずくC無振り@いのちのたまで無振りガブリアス確1。
たつじんのおびだと乱1(62%)。
ハサミギロチン一撃必殺-30-どうしようもない相手への最終手段。
がんじょうには水技が刺さる相手が多いが、ゴーストには無効。
変化技タイプ命中備考
つるぎのまい-積めばかなりの火力を得るがタイミングが難しい。
こうそくいどう-最速で積めばスカーフラティオスまで抜ける。
みがわり-きのみの発動やじたばたの調整用に。
ワイドガード-ダブル用。全体攻撃への牽制。

型考察 節を編集

スカーフ型 節を編集

特性:かいりきバサミorちからずく
性格:ようき(推奨)orいじっぱり
努力値:攻撃252 素早さ252
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:クラブハンマーorアクアブレイク
優先技:ばかぢから/いわなだれorがんせきふうじ/ハサミギロチン
選択技:はたきおとす/シザークロス/おんがえし

シザリガーよりも20高い素早さを活かしたスカーフ型。
最速スカーフで135族抜き(厳密には準速スカーフFCロトムまで)。準速スカーフで120族抜き(121族 霊獣トルネロス?と同速)。
シザリガーは最速でも107族抜きが限界なので、差別化としては最も有効な型。

ようきA252クラブハンマーの威力は同条件ちからもちマリルリのアクアテールとほぼ同程度。
具体的には無振りガブリアスを高乱数2発の威力であり、水技の一貫性の高さも考えれば最低限の攻撃性能はあると言える。
サブ技にはナットレイ?に通るばかぢからや、メガリザードンX・Yに一貫する岩技、役割破壊のハサミギロチンなどが候補。
岩技はメガリザードンYに限ればがんせきふうじでも確1。命中安定でS上昇系の積み技も相殺できるため、怯みの狙えるいわなだれとは選択となる。

メガリザードンYには「ひでり」のせいでクラブハンマーを耐えられてしまうが、いわなだれなら確定1発で倒せる。
メガリザードンXだったとしても耐久無振りなら確定2発で倒せる。
メガリザードンXからの無補正全振りげきりん(=ランク+1のドラゴンクロー)は中乱数1発。特化かみなりパンチはこちらH4振りで確定耐え。
かみなりパンチは対マリルリ用に持つことが多いので、ニトロチャージを使ってくる個体は、所持率は低いと思われる。
りゅうのまい&かみなりパンチ、おにび&はねやすめ持ちには注意。それ以外はげきりんを誘える。
Xは竜舞いじっぱりの個体も多いため、仮想敵にする場合はようきの採用率が高い環境で。

物理アタッカー型 節を編集

特性:かいりきバサミorちからずく
性格:いじっぱり/むじゃき/ようき/やんちゃ
努力値:攻撃252 素早さ調整 残りHP
持ち物:Zクリスタル/きあいのタスキ/いのちのたま/カムラのみ
確定技:クラブハンマーorアクアブレイク
攻撃技:ばかぢから/いわなだれ/シザークロス/じたばた/ハサミギロチン/ふぶきorれいとうビーム/はたきおとす/じだんだ
変化技:つるぎのまい/みがわり

物理相手ならばそこそこ耐える。特殊耐久は低いので注意。

ふぶきはC下降にせず特性ちからずくでいのちのたまと併用することでガブリアスを確定で落とせる。
またこだわりハチマキ等1.5倍補正のばかぢからでH振りナットレイを高乱数1発。
アクアブレイク習得でちからずく+いのちのたまのシナジーが向上し、ちからずくも有力な選択肢に。
ギロチン外し後のじだんだも強力なサブウェポンになる。

Sにやや振るなら最速カイリキー抜き(ハサミギロチンで一発)や、最速バンギラス抜き。
多く振るなら80族の準速マンムーシャンデラ?抜き。
最速キングラーなら準速FCロトムを抜ける。

こうそくいどう型 節を編集

性格:いじっぱり/やんちゃ
努力値:攻撃252 素早さ252or調整
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/チイラのみ
確定技:クラブハンマー/こうそくいどう
選択技:ばかぢから/シザークロス/いわなだれ/おんがえし/じたばた/じだんだ
/はたきおとす/ふぶきorれいとうビーム/ハサミギロチン/みがわり

こうそくいどうを積んでから殴る型。

耐久の高い特殊を出されたらすぐに引く状況に持ち込まれてしまうので、ハサミギロチンはほしいところ。
きあいのタスキを持たせるならじたばたはほぼ必須。HP1の状態なら威力200なのでいのちのたま+クラブハンマーより強い。

すばやさ調整について
中途半端な素早さで、耐久も頼りないため、こうそくいどうを的確なタイミングで使わないとこの型を活かせない。
130族抜き程度では抜き去りたいスカーフ組にまるで手が届かず、
全振りすると仮想敵は抜けるものの、耐久面からタスキ必須となり、火力アイテムを持たせにくい。
一応全振りならスカーフ100族、スカーフガブリアスまで抜くことができる。
ヒヒダルマ?シャンデラ?リザードンムクホークバクフーンメガヤンマ等まとめて倒せる。
ばかぢからでサザンドラ?を高乱数1発。クラブハンマーでヘラクロスを中乱数1発。両方ともいのちのたまで確定。
特性ちからずくなら、いじっぱりのいのちのたま+ふぶきでガブリアスが50%の乱数1発、やんちゃで確1となる。

対キングラー 節を編集

注意すべき点
シザリガーに比べ物理耐久と素早さが高い。
いのちのたま+ちからずくのコンボでの爆発的火力は勿論、
こだわりスカーフとの相性がよく、耐久型もハサミギロチンの試行回数を稼がれると危険。
またかいりきバサミではいかくが無効な点にも注意したい。
対策方法
足が遅く特防が低いので等倍以上の特殊技1~2発で落ちる。麻痺火傷にも弱い。
威力の高いサブはばかぢから程度。
個別ポケモンでの対策としてはエアームドや、ハサミギロチン無効の物理受けが有効。
しかし、ブルンゲル?デスカーン?などの物理受けゴーストははたき落とすのせいで絶対有利とは言い切れない。
スカーフやこうそくいどう型の存在も記憶にとどめておくとよい。