オコリザル - ポケモン対戦考察まとめWiki|ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

オコリザル 節を編集

No.057 タイプ:かくとう
通常特性:やるき(ねむり状態にならない)
     いかりのつぼ(攻撃技を急所に受けた時、こうげきが最高ランクまで上がる。)
隠れ特性:まけんき(相手に能力を下げられた時、こうげきが2段階上がる)
体重  :32.0kg(けたぐり・くさむすびの威力60)
高速格闘HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値特性
オコリザル6510560607095455やるき/いかりのつぼ/まけんき
ゴウカザル761047110471108534もうか/てつのこぶし
ルカリオ70110701157090525ふくつのこころ/せいしんりょく/せいぎのこころ

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)ひこう/エスパー/フェアリー
いまひとつ(1/2)むし/いわ/あく
いまひとつ(1/4)---
こうかなし---

第一世代で登場した単かくとうタイプ。
種族値は速攻物理アタッカー気質で無駄は少ないが、A105・S95という数値は物足りなさを感じやすい。
一方で攻撃技はメイン・サブ共に優秀なものが揃っており、特性いかりのつぼまけんきにより大幅な火力強化を狙えるのが特徴。
BDSPでは格闘タイプで唯一これらの特性を持つポケモンであるため、差別化でも重要になる。

特に目を引くのが特性まけんきと広い攻撃範囲の噛み合いの良さ。
いかくメタとして優秀なだけでなく、あらゆるいかく持ちの弱点を突ける点が特筆に値する。

三色パンチやじこくづき、ダストシュートなどの有力な技が過去作限定に。つけあがるもタマゴ技から削除された。



特性考察 節を編集

やるき
眠り状態にならない。催眠技での機能停止を防げる。一方で自分もねむるで回復できなくなる。
催眠技持ちに繰り出してアンコールできれば大きなアドバンテージを得られるが、
ゲンガーキノガッサカバルドンなどオコリザルでは撃ち勝つのが困難なポケモンも多い。
催眠技対策はちょうはつやみがわり、ラムのみ、エレキフィールドやミストフィールドでも可能であり、それらの方が汎用性は高い。
サポートを任せるなら採用の余地はある。
いかりのつぼ
攻撃を急所に受けるとAランクが最大まで上がり、火力は通常時の4倍になる。
発動条件が厳しいのがネック。通常技の急所率は1/24しかなく、威力も上がるため耐えられる保証も無い。
ダブルで確定急所コンボを用いるにしても、耐性・耐久や素早さを考慮すると相方はかなり限られる。
効果は絶大だが、使いやすさではまけんきに及ばない。
まけんき
隠れ特性。能力を下げられるとAランクが2上がる。ダブルで飛び交ういかくに強いのが最大の利点。構成次第では他のいかく持ちにも遂行可能。
ただし能力低下自体は防げないので、ランク変動は差し引き+1止まり。相手依存なため過信は禁物。
+  主な攻撃技と弱点を突ける相手

技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
インファイト120(180)100防御・特防↓タイプ一致技。タスキがあれば耐久低下は気にならない。
きしかいせい20~200
(30~300)
100-最大威力は一番。タスキとあわせて。
ストーンエッジ10080急所ランク+1対飛行・虫。一致技との相性補完に優れる。
いわなだれ7590怯み30%スカーフとあわせれば怯みを狙える。ダブルでは相手全体攻撃。
がんせきふうじ6095素早↓100%追加効果が優秀。威力は低いがタイプで無効化されない。
どくづき80100毒30%対フェアリー。性能安定。クチートには地面技が通る。
じしん100100-対毒。メタグロスにも。ダブルでは周囲全体攻撃。
じだんだ75→150100-対毒。攻撃を失敗した次のターンに威力2倍。
ダブルでは単体攻撃なのでじしんの代わりに。
つじぎり70100急所ランク+1タマゴ技。対エスパー・ゴースト。性能安定。
とんぼがえり70100自分交代対エスパー。攻撃しつつ撤退。
カウンター-100優先度-5タマゴ技。物理技を倍返し。タスキとあわせて。
がむしゃら-100-削り技。タスキとあわせて。
いのちがけ-100自分瀕死最大172ダメージ。スカーフとあわせて。
変化技タイプ命中備考
ちょうはつ100補助技対策。耐久型に。
アンコール100タマゴ技。妨害技。やるきやみがわりとあわせて。
みがわり-補助技対策や、交代読みで。

型考察 節を編集

まけんきアタッカー型 節を編集

特性:まけんき
性格:ようき/いじっぱり
努力値:AS252
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/こだわりハチマキ/こだわりスカーフ
確定技:インファイト
優先技:まもる(ダブル)
攻撃技:どくづき/じしんorじだんだ/ストーンエッジorいわなだれorがんせきふうじ/とんぼがえり/カウンター/がむしゃら
補助技:アンコール/ちょうはつ/みがわり

相手のいかくを逆利用できる物理アタッカー。豊富なサブウェポンで的確に大ダメージを与える。

場にいるだけでいかく持ちの繰り出しを牽制できるが、自身のまけんきも後出しからでは発動しないため、いかく持ちとうまく対面させる必要がある。
また、いかくでまけんきが発動してもAランク+1にしかならない。素のA種族値も105と並程度なので、弱点を突けない相手は厳しい。
無補正A振り・Aランク+1のインファイトの火力は無振りウインディが乱1(じしんなら確1)。

サポート型 節を編集

特性:やるき/まけんき
性格:ようき/いじっぱり
努力値:S252 HorA252
持ち物:こだわりスカーフ/きあいのタスキ
優先技:いのちがけ
攻撃技:インファイトorきしかいせい/とんぼがえり/がんせきふうじ/つじぎり/カウンター
補助技:アンコール/ちょうはつ/まもる

まけんきの存在により、いかく持ちの選出・繰り出しやこごえるかぜなどの能力低下技を牽制できるため、エースアタッカーのサポート役としても運用可能。
豊富な技の中ではいのちがけが特に強力。ゴースト以外の相手に耐性・耐久を問わず一定のダメージを与えつつ、エースを無償降臨させられる。
シングルでは対面操作ができるとんぼがえり、ダブルではまもる対策となるアンコール・ちょうはつも有用。

いのちがけに特化するならHSベース@スカーフ、器用さを活かすならASベース@タスキとなる。
前者の場合、H実数値は最大172。Sは準速@スカーフで最速145族抜き、最速なら準速108族@スカーフ抜き。
ツボツボなどのHが低い耐久ポケモンの他、リザードンサーナイトなどのアタッカーもHにあまり振られていなければ相討ちにできる。


相性考察 節を編集

特定のタイプを持つポケモンとのタイプ相性の補完について記載する。
組み合わせるのを1体に限定せず、自身含め3~4体の組み合わせで「並び」とその中での役割を意識できるよう解説するのもよい。
特定のコンボに組み込む際のパートナーについてはその型の項で解説することを推奨。


対オコリザル 節を編集

注意すべき点
まけんきと広い攻撃範囲で、あらゆるいかく持ちに高い遂行能力を発揮する。
不利な相手にもスカーフ+いのちがけ・とんぼがえり、タスキ+カウンター・がむしゃらといった対抗手段を備えていることがあり、単純な受け出しは難しい。
対策方法
まけんきが発動しなければ、ステータスは並程度。有用な積み技や先制技にも乏しい。
ゴーストならいのちがけやがむしゃらも無効。おにびやでんじは、トリックルームで機能停止させられる。悪技には注意。